2018年12月16日

「奇蹟ががくれた数式」観ました

奇蹟がくれた数式 [DVD]
デヴ・パテル
KADOKAWA / 角川書店
2017-03-24

3star
「奇蹟ががくれた数式」観ました。
実話をベースにした物語。このような話があったなんて全然知らなかったです。インドが数学が得意な国というのは知られていますが、数学に関わる人でないと、「シュリニヴァーサ・ラマヌジャン」という名前は知らないと思います。
20世紀初頭にインドで独学で数学の勉強をしていた人が、実はものすごい発見をしているということでイギリスのケンブリッジ大学に招聘される。そこからの成果や苦悩を描いている。学問なので派手さはないのだが、関係者の苦悩や当時の時代背景を描いており、思いの外、見入ってしまった。
そこまで感動を呼ぶわけではないが、歴史の1ページを学んだ気分になる映画です。
Google検索・・・奇蹟ががくれた数式
Google検索・・・シュリニヴァーサ・ラマヌジャン
Google検索・・・ジェレミー・アイアンズ

映画関連のブログを検索・・・にほんブログ村 映画ブログへ

2018年12月08日

「ミッション・インポシブル / フォールアウト」観ました


4star
「ミッション・インポシブル / フォールアウト」観ました。
何作目になるんですかね。調べてみたら6作目でした。第1作目から22年経過しましたが、「トム・クルーズ」は若いです。多少歳をとったと思いますが、56歳にしては若い。
アクションは健在で、実際の人のアクションとCGベース、カーアクションなど様々なアクションをうまく組み入れています。ただ、今作は脚本がよく出来ていたのかな。裏切りやどんでん返しも、伏線がうまく張られていて、しっかり回収した感じで、納得感が高い。
よくパリであれだけのカーアクションを撮影させてくれたな、と思いながら楽しみました。今作を見る前に前作で復習しておくと、より楽しめるかもしれません。
Google検索・・・ミッション・インポシブル / フォールアウト
Google検索・・・トム・クルーズ
Google検索・・・ヘンリー・カヴィル

2018年11月25日

「モリーズ・ゲーム」観ました

モリーズ・ゲーム(字幕版)
ジェシカ・チャステイン
2018-10-05

3star
「モリーズ・ゲーム」観ました。
主人公本人の自伝をベースにした映画です。前途ある若い女性がギャンブルの世界に身を投じ、破滅していったかを描いています。
物語は主人公の視点に立ち過ぎている様に感じ、客観的に見るのは難しかった。それに伴い、共感性も弱かった。映画の全編で主人公がただただ自分のナレーションをしている様な描き方だったため、一層強くそう感じました。アメリカ社会の弱い部分を暗に描いており、かなりリアルだったのかもしれませんが、日本人ではまた視点が違ったと思います。離婚やギャンブル、麻薬に対する捉え方が全く違います。
この映画の内容が実際に起きたストーリーというのは驚きで、どこか別世界という印象を持ちました。社会風刺的な映画としてはとても面白かったです。
Google検索・・・モリーズ・ゲーム
Google検索・・・ジェシカ・チャステイン
Google検索・・・モリー・ブルーム

映画関連のブログを検索・・・にほんブログ村 映画ブログへ

2018年11月24日

「ボヘミアン・ラプソディ」観ました

4star

「ボヘミアン・ラプソディ」観ました。
伝説のバンド「クイーン」とそのボーカルである「フレディ・マーキュリー」を描いた映画で、色々脚色はあるにしても、各イベントはノンフィクション的に描いていると感じました。
映画にして、多くの人に共感してもらうために、かなりオブラードに包んでいる部分はあるかと思いました。麻薬のシーンなどちょっと映ったくらいでした。それでも、上手に音楽とストーリーがマッチする様に作られていて「ライブエイド」のシーンなどは泣いてしまいました。もう大感動です。
「クイーン」を知らなくても楽しめますが、音楽やバンドの歴史を知っていると尚一層楽しめます。また主役の「ラミ・マレック」の入り込み方も凄かったです。ライブの時の動きがフレディ本人と瓜二つでした。
Google検索・・・ボヘミアン・ラプソディ
Google検索・・・フレディ・マーキュリー
Google検索・・・ラミ・マレック

2018年11月19日

新iPadとiPhone XR触ってきました

20181118_1

20181118_2

ちょうど有楽町に用事があったので、Apple Storeに寄って「iPad Pro」「iPhone XR」を色々触ってきました。
新iPad良いですね。サイズ的には11インチモデルでも十分かな。12.9インチはちょっと大きすぎる気も。ノートPCとして利用したい人は12.9インチだけど、ノートPCの代替えとして使える様になるのはまだまだ先かな。Apple製のSmart Keyboard FolioやApple Pencilもとてもよい。日本語と、英語の入力の切り替えも楽だったし、動きもスムーズでした。唯一、ケースを着用して持ち上げての写真撮影が出来ない。キーボードがカメラを塞いでしまっている・・・。
iPhone XRは思ったよりもサイズがでかい。現在7を利用しているが、一回り大きい。一番のネックは片手で操作できないサイズになっている事だ。デザインが良いだけに残念だ。個人的にはホワイトが好きでした。買い替えをどうするすごく悩む・・・
liv4music at 00:27|この記事のURLComments(0)Mac 

2018年11月17日

「アラビアの女王 愛と宿命の日々」観ました

アラビアの女王 愛と宿命の日々 [DVD]
ニコール・キッドマン
ギャガ
2018-07-03

3star

「アラビアの女王」観ました。
アラビアで名を馳せた、女性旅行家・考古学者の半生を描いた映画です。もしかしたらテレビドラマだったのかな。少なくともハリウッドでは無いように思います。
映画の大部分は砂漠を旅している映像です。砂漠の美しさを綺麗に描いている作品です。映像も、時間をかけてゆっくりと砂漠の風景を描いています。その中で様々なイベントがあるロードムービー的な要素もありました。タイトルには恋愛的なサブタイトルがついていますが、恋愛要素はそれほど多くなく、描き方もちょっと雑だったかな。
それにしても主演の「ニコール・キッドマン」は若い。本当に年をとっている印象が全く無いです。
Google検索・・・アラビアの女王 愛と宿命の日々
Google検索・・・ニコール・キッドマン

映画関連のブログを検索・・・にほんブログ村 映画ブログへ

2018年11月11日

「メイズランナー・最後の迷宮」観ました

メイズ・ランナー:最期の迷宮 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
ディラン・オブライエン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-09-19

3star

「メイズランナー・最後の迷宮」観ました。
シリーズもラストです。第1作目が良すぎただけに、2作目が霞んで見えてしまい、今作は観ようか迷ったのですが、ちゃんと完結しないと気が済まないので、観る事にしました。
1作目は謎や人間模様がとても上手に描かれていて、中世の雰囲気がありつつも近未来的な時代の描き方もとても良かった。一方で2作目は普通のアクション映画になってしまってちょっと残念でした。そこでこの3作目ですが、やはりアクション中心の映画になっていました。ちゃんと謎や迷路的なものや、人々の葛藤や人間模様を描いて欲しかっただけに残念でした。物語自体はちゃんと完結したので、それは良しとしましょう。アクションや映像はCGがふんだんに使われており、見応えはありましたが同じような光景が続くので、途中マンネリ化も。個人的にはラストは良かったです。ちょっとグッと来ました。
なんだかんだでシリーズ通して観てきた人は、外せないですね。
Google検索・・・メイズランナー・最後の迷宮
Google検索・・・ディラン・オブライエン

映画関連のブログを検索・・・にほんブログ村 映画ブログへ

2018年11月04日

東山魁夷展に行って来ました

IMG_4684


国立新美術館で行われている東山魁夷展に行って来ました。
東山魁夷の多くの作品が展示されており満足な展覧会でした。唐招提寺の屏風絵なんかは圧巻です。
朝一から行ったせいか、人もとても多かったです。

liv4music at 11:21|この記事のURLComments(0)その他 

2018年11月03日

「シェイプ・オブ・ウォーター」観ました

シェイプ・オブ・ウォーター オリジナル無修正版 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
サリー・ホーキンス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-06-02


3star
「シェイプ・オブ・ウォーター」観ました。
アカデミー賞でも話題となりましたね。確かに面白かったですけど、そこまでの映画だとは思いませんでした。
ストーリー的にも面白かったですし、怪物を通して人間の色々な側面を描いています。怪物を対象物として創造している事で、とても上手く人間の側面を強調しています。映像も美しかったです。「ティム・バートン」映画に通じるような美しさがありました。ただ、詩的すぎるという感じでしょうか?難しい小説を読んでいるようで、中々入り込めませんでした。おそらく、逆にそれがハマる人もいると思います。なので一見の価値はあるかと思います。
Google検索・・・シェイプ・オブ・ウォーター
Google検索・・・ギレルモ・デル・トロ
Google検索・・・サリー・ホーキンス

映画関連のブログを検索・・・にほんブログ村 映画ブログへ

2018年10月28日

「始まりへの旅:キャプテン・ファンタスティック」観ました

はじまりへの旅 [DVD]
ヴィゴ・モーテンセン
松竹
2017-10-04

4star
「始まりへの旅:キャプテン・ファンタスティック」観ました。
現代の社会を皮肉った内容のロードムービーです。個人的にはロードムービー的なものは好きではないのですが、今作はとてもハマりました。
社会と隔絶されたアメリカの森林で自給自足の生活をしている家族。その母親が亡くなったということで、その母親の葬儀に向かう旅に出ます。当然、そんな簡単な話ではなく、家族間の確執や、現代社会に対する強い皮肉が込められています。子供達の個性もうまく描いてましたし、大人の葛藤やわがままも上手く描いていました。
皮肉の中身については賛否両論あるでしょうが、普段接しない視点や考えを発見できます。また、幸せとは何かを考えさせられたりします。エンターテイメントというよりはちょっと哲学的な側面が強いと感じましたが、オススメの映画です。
Google検索・・・始まりへの旅
Google検索・・・キャプテン・ファンタスティック
Google検索・・・ヴィゴ・モーテンセン

映画関連のブログを検索・・・にほんブログ村 映画ブログへ