老齢厚生年金の繰上げと老齢基礎年金の繰上げの同時請求義務|平成27年択一 厚年法8A

 問題 

老齢厚生年金の支給繰上げの請求は、老齢基礎年金の支給繰上げの請求と同時に行わなければならない。




続きを読む

受給権者が届出義務に従わない場合の保険給付の制限|平成27年択一 厚年法7E

 問題 

受給権者が、正当な理由がなくて厚生年金保険法第98条第3項の規定による届出をせず又は書類その他の物件を提出しないときは、保険給付の支払を一時差し止めることができる。なお、当該保険給付は、第1号厚生年金被保険者期間に基づく保険給付とする。 



続きを読む

障害のある子の遺族厚生年金の受給権の失権時期|平成27年択一 厚年法7D

 問題 

老齢厚生年金の受給権者が死亡したことにより、子が遺族厚生年金の受給権者となった場合において、その子が障害等級3級に該当する障害の状態にあるときであっても、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したときに、子の有する遺族厚生年金の受給権は消滅する。



続きを読む

老齢厚生年金の加給年金の生計維持認定対象者の収入要件|平成27年択一 厚年法7C

 問題 

老齢厚生年金(その計算の基礎となる被保険者期間の月数は240か月以上。)の加給年金額に係る生計維持関係の認定要件について、受給権者がその権利を取得した当時、その前年の収入(前年の収入が確定しない場合にあっては前々年の収入)が厚生労働大臣の定める金額以上の収入を有すると認められる者以外の者でなければならず、この要件に該当しないが、定年退職等の事情により近い将来収入がこの金額を下回ると認められる場合であっても、生計維持関係が認定されることはない。

続きを読む

障害手当金の額の計算に用いる被保険者期間と給付乗率の読み替え|平成27年択一 厚年法7B

 問題 

障害手当金の額の計算に当たって、給付乗率は生年月日に応じた読み替えは行わず、計算の基礎となる被保険者期間の月数が300か月に満たないときは、これを300か月として計算する。 



続きを読む
『週刊ダイヤモンド』定期購読なら最大45%OFF!特典&全国送料無料
キーワード検索
カテゴリー

人気ブログランキング にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村
法令検索

法定データ提供システム
厚生労働省

厚生労働省


全国健康保険協会


日本年金機構

内閣官房

マイナンバー制度
スポンサーリンク