問題 

労働基準法第90条第1項が、就業規則の作成又は変更について、当該事業場の過半数労働組合、それがない場合においては労働者の過半数を代表する者の意見を聴くことを使用者に義務づけた趣旨は、使用者が一方的に作成・変更しうる就業規則に労働者の団体的意思を反映させ、就業規則を合理的なものにしようとすることにある。


 解答

   ●(正しい)

合理的な内容で実質的周知が行われた就業規則は使用者と労働者双方が遵守するものである。しかしながら、就業規則は使用者が作成する。労働者にとって合理的な内容を定めることを趣旨とし、使用者に意見聴取義務を課している。

 根拠条文

[ 労働基準法 第90条 ]

(作成の手続)

第90条 使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければならない

○2 使用者は、前条の規定により届出をなすについて、前項の意見を記した書面を添付しなければならない。