問題 

付加保険料に係る保険料納付済期間を300か月有する者が、65歳で老齢基礎年金の受給権を取得したときには、年額60,000円の付加年金が支給される。



 解答

   ●(正しい)

付加年金額は200円×付加保険料納付月数。記述の者の付加年金額は、200円×300か月=60,000円となる。

 根拠条文

[ 国民年金法 第44条 ]

(年金額)

第44条 付加年金の額は、200円に第87条の2第1項の規定による保険料に係る保険料納付済期間の月数を乗じて得た額とする。

 

 行政リンク 

付加保険料の納付のご案内|日本年金機構

国民年金第1号被保険者ならびに任意加入被保険者は、定額保険料に付加保険料を上乗せして納めることで、受給する年金額を増やせます。

  :

  :