人気ブログランキングへ


公明党が与党入りしてから社会不安現象が強まった

●公明党が与党入りしてから、なぜか障害者手帳を持つ人が急増しています。集団ストーカー犯罪、電磁波犯罪、テクノロジー技術を使えば、吐き気、目まい、ふらつき、立ちくらみ。うつ状態が作れます。本来健康なはずの若い男性も、たちまち障害者にされます。1999年10月自公政権発足


クリック拡大
s-img10

※ ↓ 無自覚の集団ストーカー被害者と思われる方のブログ 素晴らしい文章力と感性のある人が就職のために無理に障害者になりたがる恐ろしい世の中、日本人差別と著しい人権侵害。本当の障害者は 集団ストーカーや電磁波、テクノロジー悪用などで日本人を狙う池田大作と朝鮮ヤクザ、一部の在日朝鮮人、朝鮮帰化人かも・・・・・・。
http://g1a2k3a4n5.blog.so-net.ne.jp/2007-11-09

●公明党が与党入りしてから、気分障害が急増している。集団ストーカー、電磁波犯罪、テクノロジー技術を使えば、慢性疲労、イライラ感、うつ、猜疑心の増幅など、気分障害が作れます。1999年10月自公政権発足


クリック拡大
s-img6


●公明党が与党入りしてから、精神科、心療内科が増えている。集団ストーカー、電磁波犯罪、テクノロジー技術を使えば、精神病患者(被害者)が量産できるので、カルト医師がこぞって、精神科、心療内科を新規開院したのではないですか。1999年10月自公政権発足

クリック拡大
s-img4


●公明党が与党入りしてから、学校の先生方の長期休職が増えている、電磁波攻撃、テクノロジー犯罪で、うつ病が作れます。真面目な先生がターゲット、カルト創価の教師は、どんどん出世できる仕組み。1999年10月自公政権発足


クリック拡大
s-img7  


●公明党が与党入りしてから、精神障害に係る労災請求が急増しています。電磁波攻撃、テクノロジー犯罪で、うつ病、精神障害症状を作り、一斉に労災請求で国家財政を弱体化させ、目当ての日本人を生贄に仕立て上げたのか。 その僅かな労災受取額からも、創価学会の財務に、流れていったのでしょうか。1999年10月自公政権発足


クリック拡大
s-img9  


●公明党が与党入りしてから、統合失調症等の向精神薬の売り上げが急増しています。電磁波攻撃、テクノロジー犯罪で、うつ病、統合失調症患者を どんどん作り、精神病院へ誘導する。反抗すれば強制措置入院させる。これじゃ、儲かりますよね。1999年10月自公政権発足


クリック拡大
s-img3 


まだまだ、たくさんの資料があります。ご覧になりたい方は、下記のブログを閲覧下さい。

資料転載先 → http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/GALLERY/gallery.html?fid=0&p=2

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

厚生労働省の入退院見直し案

厚生労働省は、2012年6月28日、保護者の同意なく精神病院への入院が可能になるなど、入退院制度の見直し案をまとめています。「精神病院の入院患者を早期に退院させ、地域で暮らしていけるようにする」のが検討チームのねらいだそうです。

集団ストーカー犯罪や電磁波犯罪、テクノロジー犯罪で追い込んだ被害者を、カルト医師が、一方的に「おかしい?」と判断、早期治療、早期入院を促し、聞かなければ、親の同意なしに精神病院へ、強制措置入院させられるよう、制度を見直すということでしょうか。

これはあからさまな人権侵害ですね。集団ストーカー犯罪、テクノロジー犯罪の被害者への挑戦状でしょうか。それともこの犯罪の隠蔽が いよいよ困難になりつつあるので、焦って苦肉の策に出たのでしょうか。

法制化を検討する厚労省の官僚、精神科医、の中には、集団ストーカー犯罪、テクノロジー犯罪を ごく一部だと思いますが、既にご存知の方もいらっしゃると思います。しかし、それについて発言は公然の秘密といえども、議論することはタブー視されているのでは・・・。

精神科医として職を失うかもしれない、消されるかもしれない、あらゆるリスクを覚悟で動くような正義感と勇気のある精神科医が出ることを願ってやまない。

精神科医ご自身や、ご家族の誰かが、テクノロジー犯罪のターゲットにされ、突然「幻聴」が聞こえてきて、パニックに陥り、地獄の苦しみを味わうのなら、統合失調症症状や、うつ症状が、電磁波応用技術の悪用で可能だということ、または、テクノロジー犯罪で可能だということが理解できるかと思いますが。

精神医薬会社と厚労省官僚との癒着、精神医薬業界の異常な業績の伸び、精神病の異常な増加現象、精神医療業界と精神科医はグルである場合が多いようで、利権に群がる構造が、長い間、放置されてきていて、もう手が付けられない泥沼状態になっていると思います。

自公政権誕生以来、カルト創価学会と公明党の肝いりで、朝鮮系暴力団、在日(韓国・朝鮮籍)と、朝鮮帰化人のネットワークが狂ったように、暴走し始めたのだと思います。同じ朝鮮人でもカルト創価と敵対している政党もありますので、トップにいる朝鮮同胞と思われる人たちの争いをよく観察し、私達の手で、軌道修正していくことが求められているようです。

厚生労働省は、今回の入退院見直し案が、テクノロジー犯罪、集団ストーカー犯罪の存在を無視したものであること、カルト創価学会=公明党の与党入りと統合失調症の異常な増加と、精神医薬業績の異常な伸び、障害手帳交付の異常な増加の実態など、是非、調査のうえ、見直し案の検討に入っていただきたいと思います。

テクノロジー被害者の自殺
「テクノロジー犯罪被害ネットワーク=テク犯」には、かなりのテクノロジー被害者がおられるようですが、その中のお一人、早坂学さん(音声送信被害者)が、今年9月に、自殺されたようです。テク犯の会員は、これまで17名亡くなったということですが、まさに異常事態ですね。

また、彼の死は、自殺に見せかけた殺害だった可能性も捨て切れません、テクノロジー犯罪の加害組織側には、創価学会、朝鮮系暴力団、在日朝鮮人が関わっているようなので、被害者を交通事故に見せかけて殺したり、心臓発作で殺したり、暴漢に殺させたり、日常的に各地でやっていると思われます。

日本各地で 異様な殺人事件、一家惨殺事件、行方不明、不審死、突然死などが 多発していますが、これらの事件は、集団ストーカー犯罪、テクノロジー犯罪と無関係ではないと思っている次第です。

早坂学さんのブログツイッターを見ると、「非常に残忍な殺害方法で殺す」との犯罪予告を、音声送信加害者側から、日常的に受けていたようです。さらにお母さんや妹さんも同時におかしくなってきていたようで、これ以上の被害拡大を恐れ、また、残虐な殺害方法で地獄の苦しみを与えられて殺されるよりはと・・・自殺を選んだようです。

彼はブログ、ツイッターで、ご自分の被害状況をまめに公開し、拡散を希望していたにも関わらず、彼を救える人はいなかったのです。とても、とても残念でショックです。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

うつ病、統合失調症の兆候である 幻聴(脳内に人の声が聞こえる)や 幻覚症状(盗聴・盗撮されている、思考を読まれているなど)は、電磁波応用技術やテクノロジー技術で、いとも簡単に作れる時代です。

また、「集団ストーカー」だけの嫌がらせであっても、被害者を自殺に追い込むことが可能です。2008年、神奈川県小田原市で、「盗聴されている」「変な車に尾行されている」などと警察に相談した男性(40代)が、翌日、妻子を殺し、自分はマンション8階から飛び降り自殺をしました。

私自身も、被害初期のころ、得体の知れない人たちに付きまとわれ、先回り、待ち伏せなどで怯えていた時、謂われなき恐怖感を植え付けられ、不安で居ても立っても居られず、真夜中から実家の母に電話ばかりしていました。なので、自殺した被害者方の気持ちはよく解ります。

「集団ストーカー」は、この犯罪の存在を知らない無自覚な被害者には、恐ろしく破壊効果を発揮します。普通の人が、操られて人を殺したり、我が子を殺したりすることも当然、できる訳ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

精神保健福祉法
警察官の通報
第24条 警察官は、職務を執行するに当たり、異常な挙動その他周囲の事情から判断して、精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認められる者を発見したときは、直ちに、その旨を、もよりの保健所長を経て都道府県知事に通報しなければならない。

下の動画をご覧下さい。このような珍現象が、日本全国で、起こっていると思われます。のんびりとした自然豊かな集落で、なぜ、このような人権侵害が起こるのでしょうか。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大阪市議会に、反対する意見書提出を求める、陳情書
●6月14日、厚生労働省は、精神保健福祉法を改正、新法制定を検討、来年の通常国会への提出を目指す

●6月28日、 精神科の入院を原則一年以内、入院期間の短縮 一般病院並みの医師の配置(現在の3倍)、 退院支援の専門職を置く 

●6月29日、統合失調症や認知症などの人を 強制的に精神科へ入院させる「医療保護入院」について、家族の同意を不要とする方針を発表。

有志が「医療保護入院制度を考える会」を立ち上げました。

問題点その1
●精神保健福祉法 第33条 「医療保護入院」について、入院時に 保護者の同意を必要とする義務要件を無くす

●現行法では「精神障害者又はその疑いのある者」は、強制入院が行われる理由も告知されず、弁解や防御の保障もされていません。

●憲法31条「何人も法律の定める手続きによらなければ、その生命もしくは自由を奪われ、又は、その他の刑罰を科せられない」とする、適性手続が保障されていません。法第34条 、第29条2の2 では、移送における国の責任と適性手続について規定されているにも関わらずです。

●現行法では、
^緡妬欷酘院させられた本人と保護者の人間関係の悪化。
∧欷郤圓良蘆瓦大きい。
´△、医療保護入院制度乱用の歯止めにもなっています。現行法では、適性手続が保障されてないなか、保護者同意要件が人権保障上の欠陥を補う唯一の手段です。保護者同意要件を無くすのであれば、適性手続の保障の上で、公的代理人制度を設けるなど施策を考えるべきです。

問題点 その2
陳情書提出先 → 大阪市会事務局議事担当 〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20 市役所8階 電話06-6208-8681 *郵送も OKです。*他府県からもOKです。

大阪市会議長 辻 淳子 様
保護者の同意がなくても、精神科に入院させられる医療保護入院制度に、しようとしている厚生労働省方針に反対する意見書提出を求める陳情書

陳情趣旨
何を、どうして、訴えたいか、 自分の言葉で3行でもいいよ、思い訴えよう。

今年、6月下旬、厚生労働省は、医療保護入院制度について、保護者の同意がなくても、精神保健いし1人の診断により、「精神障害者及び、その疑いのある者」を、入院させることが出来るとする方針を決め、来年の通常国会に法改正案を提出しようとしています。

見直し案「入院制度に関する議論の整理」では、医療保護入院が実行される時点で「どういう報告(通報)があり」「なぜ、医療保護入院が実行されるのか」当人に告知なく、本人の弁解・防御などの機会の保障(憲法31条・適正手続)もされていない現状については、何も触れられていません。

保護者の負担が大きいなど、色々問題はありますが、「保護者の同意」要件をなくす事は、人権を保障するための欠陥を補う唯一の手段をなくす事になります。

「保護者の同意」要件をなくすなら、別に公的代理人制度を設けるなどの施策を考えるか、そもそも必要なのかという議論も必要です。

陳情項目
医療保護入院制度における、今回の厚生労働方針の「保護者の同意」要件の廃止に反対する意見書を提出してください。

平成24年10月29日

住所
氏名   印鑑 シャチハタはNG 三文印でもOK
TEL

資料添付は基本的に無理
ワープロOK コピーはだめ A4に治まるように

何をして欲しいか、同じ陳情項目について1枚しか出せない、陳情項目で、各常任委員会に分配されます。民生保険委員会  

間違いは必ず線で消して、上から訂正印を。

記事詳細については下記ブログをご覧下さい。
http://bubblering11111.blog135.fc2.com/blog-entry-383.html 


狙われたバイオリニスト