人気ブログランキングへ

集団ストーカー撲滅・渋谷デモ 2015年11月22日 開催


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

孫の登校拒否は「いじめ」と「意識操作」

今年の9月ごろから、孫が、登校拒否をするようになりました。丁度、車両街宣を集中的に行った時期と重なります。これはいつものテクノロジーを使った報復かと思っています。

つまり、サイレントサウンド(耳に聞こえない音)を送信され、意識をコントロールされたのではないかと思います。


孫が登校拒否を起こしたその朝は、お姉ちゃんが部活で朝の6時ごろ家を出て、娘もローテェション勤務で
朝7時に家をでたようです。そのため、孫(小5の男の子)は、丁度、登校時に1人残されたようです。


その日、孫が娘に送ったメールは、孫らしくありません。「学校へ行きたくない」といったサイレントサウンド(耳に聞こえない音)を、送られた可能性は捨て切れません。とにかく、何らかの脳操作を受けたとしか思えません。


実際に今からほぼ10年ほど前に、すでに、このよう電磁波兵器が存在していたし、これを悪用して、被害者の子どもを不登校にしたり、自閉症にしたり、てんかんにしたり、精神疾患にしたり、特殊学級に追い込んだり、しているのではないでしょうか。


私が30年ほど前に、創価学会の勧誘を断ったとき、彼らは私に対して、「7代先まで呪われる、不幸が続く」などと 言っていました。


私の結婚、出産、子育ては、人為的な障害がいつも付きまとっていました。友達の子育てを見ていると、格段の差があり、この差は、一体、なんだろうといつも腑に落ちない気持ちにみたされていました。


ようやく、ここにきて、創価学会の運命操作の巧妙な手口が、暴かれてきたわけで、私にやってきたことが、全国津々浦々でも行われている、いや、米国はじめ学会支部のある198ヶ国でも、同じようなことが行われているのです。、例えば、創価学会員の女性が、NSA(アメリカ国防総省の諜報機関)の官僚や軍人と結婚したりして
「Gang Staking」や「Electromagnetic wave attack」に、加担させることで、国家犯罪を装っている  と思います。


20150704hachiouji.png


上記マニュアルを実行するため、学校現場でも、創価の子どもらが、複数で、「からかい」や「冗談」を盾に、ターゲットの子どもや孫を、精神的に追い込んで不登校にしたり、自殺させたり、特殊学級送りにしたり、精神科誘導したり、しているでしょう。


イジメでトラウマを作り、対人恐怖症へ誘導していく手口です。つまり、本来のキャラを強引に変えていく犯罪です。


対人恐怖症になると、将来、就職や結婚の障害になります。それが彼らの狙いなのです。日本の少子かも、創価学会の組織的犯罪(集団ストーカーや電磁波攻撃等)が要因となっていると思います。


全国の不登校児童生徒のほとんどは、創価学会の子どもら(朝鮮系も)も、大なり小なり関っていると思います。創価学会が解散したら、日本社会、ひいては世界も正常化されること間違いありません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


孫がママに送ったメール

1回目 9/24 12:44
もうお母さんに迷惑かけたくないからもうほっといてくれるもう生きるのも嫌になったから先生に伝えといてくれる


2回目 9/24 12:44
前から思っていたけど、ぼくもうどうなってもいいって考えてて、だからもう別に勉強しなくてもいいんじゃないかなって思っている。


3回目 9/24 12:45
ぼくもうどうしょうかなっていつもいつも、考えてる。


4回目 9/24 12:45
なんかお母さんの子どもって感じがしなくなっちゃっていつもいつも頑張っているのにいつも悪いことが起きるし、いつも悪いことばっかりお母さんにいつも迷惑かけていつもいつも俺はみんなに迷惑をかけて、もう嫌になっちゃイヤになった。だからもう学校休む、


孫が母親に送った、この4つのメールには、学校で「いじめ」を受けているようなニュアンスも、含まれています。以前から、私は 「学校は楽しいか」とか「意地悪な子はいないか」など、聞いていましたが、いつも「別にない」と言ってましたので、安心していたのですが、

このところ、登校拒否が頻繁にあるようで、いろいろ話を聴きだすと、どうやら、「いじめ」があると確信しました。いろいろ話しているうちに、ようやく、本音が聞きだせました。どうやら「いじめ」はあるようです。


具体的には

●学校の朝会で並んでいる時、前の2人N君とK君が、「前へならえ」のとき、ずっと押してきて、お腹を押し付けてくる、また、後ろの2人O君とH君も、孫の背中を推してくる、つまり、孫は、両方から押されて潰されそうになって必死に、それに抵抗している。

●退場して教室へ向うとき、斜め前に並んでいるYさん(大柄)とO君が一緒になって、「臭い」とか、「○○菌」とか、「近寄らないで」などと言う。

●また、退場するとき、Yさんが後ろから急に押したりする、そのとき、やせっぽちの孫がよろけたり、転んだりすると、「ダサッ!」などと言う。

●Yさんは、以前から、孫に「タラコ唇」とか、「論外」とか言っていて、それを真似て、「論外」と言う他の2、3人も言っているという。

●しかし、Yさんは時々、善い人系も演じるらしい。孫の悪口を言いつつも、一方では、孫の面倒を見ようとするらしい、「頭にふけがあるから爪を立てて洗っちゃダメ」とか、孫が質問もしてないのに、側に来て、アドバイス的なことを与えたり、ときどき、ありがたいと感じる場合もあったりする。

●でも、日常的に嫌な思いを受けているから、無視を装っていても、心の中には、悪口を言われた思いのほうが強く残って、それが積み重なっていく

●つまり、先生に、Yさんの事を、「意地悪で困っている」と話すタイミングが、いつもはずされてしまっている。
それが、悶々とした気分障害を作っている。表面上は、気になってないふりをしていても、心の中は正直で、本音はすごく嫌であると。


●孫の言葉。「俺は、みんなの心無い悪ふざけや、いじめに対し、我慢し、無視している場合が多いから、他からみたら、俺はサツに見えるかもしれないが、本当は、繊細で感じやすいタイプなんだ。」

●Aさんは家庭科の時間に、俺がミシンを取りにいこうとすると、「早く取ってきてよ」とせかしたりする、Aさんは体育系でせっかちで、せかせかしているから疲れる、俺はゆっくり、おっとりタイプだから、Aさんとは気が合わないから嫌だ。

●S君は、図工の時間に、孫が何か作っているとき、側から「ほんとに間に合うと?」とか、余計なことをいって、やる気をなくしたりする。

●Mさんも、Yさんと一緒になって、俺に「論外」というあだ名をつけた。

まあ、ざっとこんな感じですが、それらのことを今まで孫から一度も聞いたことがありませんでした、いじめる側の子どもたちにとっては、無抵抗でやさしく、そして我慢強い子どもは、かっこうのストレス発散のスケープゴート(生贄)に、なってくれてるのだから、それに甘えているのでしょう。


お父さんが暴力団の組員で、子どもも不良で、おっかない感じなら、絶対にいじめを受けないでしょう。頭にふけがあろうが、ニンニク臭かろうが、タラコ唇であろうが、勉強嫌いであろうが、さわらぬ神にたたりなしの心境でおどおどしながら言う事を聞くでしょう。


よって、いじめる側の子どもの問題点は、「弱気を助け、強気をくじく」といった昔ながらの日本人の道徳心が引継がれていないといったことだと思います。つまり、精神が弱いということだと思います。


一方、いじめを受ける側の子どもは、「君子、危うきに近寄らず」といった精神を少なからずもっていると思います。よって、いじめを受けていても、寛大さで相手を受け止めている間は、いじめに絶えられるし、登校拒否もしないはずです。


しかし、どんなに精神的に強い人間にも限界があります。どんなにいじめを無視したり、いじめに耐性があっても、全く、ノー天気に いじめを、いつまでも、跳ね除けることは困難です。

よって、すこしづつ、少しずつ、嫌な思いが積もっていって、それが重圧となっていくのです。


今回の孫の、突然の登校拒否は、学校でのちょっとした、悪ふざけや、冗談めいた嫌がらせが、原因の一端でもあり、また、電磁波攻撃(睡眠障害や人口夢、痛みなどの送信など)の影響も重なっていると思います。


今回、孫が母親に出したメールから感じ取れるのは、普段の孫の性格よりも、外部からの、操作の可能性は捨て切れません。


このように、組織的犯罪である、付きまとい、監視、家宅侵入など、人的錯乱攻撃と並行して、電磁波や超音波による、脳操作、意識操作、テクノロジーでの脳操作、意識操作なども、視野にいれて考える必要があると思います。


脳内音声装置

●「脳内での音声発生技術」で、聴覚を介さず、頭蓋内に直接音を送信できるという脳内音声技術。

●人の頭蓋内に音をパルス波形にしたマイクロ波送信する(電磁神経刺激装置)

●人の頭蓋内にサイレントサウンド(耳に聞こえない音)を送信する装置、(非殺傷型兵器)

●変調して送信される音は、潜在意識に働きかける音声メッセージになる可能性。

●「V2K」のひとつの用途は、空港周辺の鳥を追い払う「電子的かかし」として利用。

●「V2K」(脳内音声)という技術を使った兵器に関し米陸軍が作成していたウェブページが削除された。ウェブページが削除されていることに気づいたイギリス『マインドコントロールに反対するキリスト教徒』の代理人が、ウェブマスターに問合せたところ、問題の項目は「恒久的に削除した」とだけ言われたという。

●耳に聞こえない(音声FMに変換)催眠術を送信する方法。音声周波数変換器を使って「音声」を生成、パルス状のマイクロ波として離れたところから脳内に送る。耳鳴りに似ているが、催眠術者の声が埋め込まれている。

●脳は連続したマイクロ波パルスを変換し、「耳では聞こえない音声」を聞く。このような催眠に対する意識的な防衛は不可能

●マイクロ波をパルス波形にして人に照射すると、頭の中から発せられたような音を聞く事ができる現象『マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)』こちら(日本語版記事)]


上記記事のソース

サイレントサウンド


私の家族が受けている電磁波攻撃
 

孫は1才頃から、電磁波攻撃を受けてきました。その都度、娘がビデオカメラ(暗闇でも撮影可能)で証拠を撮り,それを私が動画作成して、YouTubeやfc2動画などに投稿してきました。

引っ越す前の娘のアパートでは、毎日、毎日、夜中になると始まる電磁波照射。寝静まったころ、プチッ、プチッ、プチッと、と、音も小さくなったり、大きくなったりしながら、延々と、朝まで、照射していました。

加害者側(創価学会員)は、電磁波機器の照射の強弱を設定後、タイマーセットして、照射しているようでした。

多分、微弱な電磁波を夜中だけでなく、朝も、昼間も、夕食時も、24時間、照射していたのだと思いますが、昼間は生活音や、通学する子どもらの声や、車の騒音で、プチッ、プチッ音が、聞こえてなかったと思います。


無意識のうちに、長期間、電磁波を当てられていた娘家族は、すっかり、体質が変わり、電磁波過敏症の症状が出てきました。


先ず、娘は、花粉症症状を表しました。生まれてこの方、花粉症なんて、我が家には縁がなかったのですが、娘は、年中鼻を噛むようになり、光に過敏になり涙目、また、手指は真っ赤にはれて凍傷になったり、肌があれて、シミや湿疹が顔面を襲い、見る見る間に、別人になってきました。

電磁波による湿疹症状 あかぎれ
https://www.youtube.com/watch?v=hp_JAapgijw

毎日、皮膚科通いで、勤務中も大変だったようです。娘も私も私の実家も、花粉症や凍傷など、全く縁がなかったし、後にも先にも経験がありませんでした。


昼間、近隣や隣の部屋から、電磁波を当てられていても気づきません。

免疫力が低下して様々な病状が出てきます。強力な電波の照射は、一瞬に、体内からカルシュームイオンが放出されますので、急激に歯が痛み出したり、膝や関節が痛み出したりします。
http://www.tecnoao-asia.com/press_nenpyo_60-79.html


孫(当時小1の女の子)は、顔や額にニキビがびっしり、鼻先は油ぎり黒いブツブツが浮き出て、下り物もあり、まるで思春期のよう、皮膚科に行くと「女性ホルモンの異常」と言われたようです、生まれて10年にもならない女の子が突然、女性ホルモン云々とは・・・電磁波で、このようにホルモン異常が作れるのです。


また、孫(当時5歳の男の子)は、毎日、毎日、食事どきの痛み送信(頭が痛い、お腹が痛い、肘が痛い、膝が痛い、足の甲が痛い、などなど・・・)、で大泣き、どうすることも出来ずに、ほっといていら、すぐまたケロッとしていました・・

夜中に膝の痛み送信
https://www.youtube.com/watch?v=BxTol7gkBMM


孫は、小学校1年生から現在(小5)まで、学校でいろいろ「いじめ」を受けていたとしても、本人は、そんなに気にしてなく、普通に学校に通っていました。ただ、ここ最近から、登校拒否が露骨になってきたといったことです。


私(オリュウ)も、電磁波攻撃について全く知識がなかったとき、激しくやられました。その日、娘家族がみんな出て行って、1人でパソコンに向っているとき、閉じたガラス戸に、プチッ、プチッと、小石が当たっているような音がしました。アラレ??・・・


気にせずパソコンに夢中になっていると、そのうち、プチッ、プチッ音が数秒おきになり、激しさを増してきました。やがて、むき出しの腕がチクチクッと痛くなり、鳥肌になってきたので、ようやく異常に気づきました。


その夜、かって経験したことのないぐったり感と、体が火のように熱くなり、氷でシップしても全く熱が取れない、
それを機に、電柱の立っている道路を歩くと、肌がチクチク痛むようになりました。


また、平衡感覚もおかしくなり、道をまっすぐ歩けなくなったり、100円均一のネックレスやイヤリング、指輪などすると、激しい痒みと、ただれが出るようになってきました。ストッキングを脱ぐと赤く湿疹も出来るようになりました。そうです。すっかり、体質がアレルギー体質に変わってしまったのです。


電磁波照射で、毛細血管の細胞が破壊され、赤ら顔、手足の血管がボコボコ浮き出てきます。白斑(白なまず)が、手の甲や足などに出てきます。抜け毛もひどくなります。歯も弱くなります。

電磁波攻撃による電磁波過敏症

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


栃木県佐野市で児童の母親ら2人自殺


ママ友いじめで自殺に追い込まれた可能性。読売新聞によると今年4月16日と4月23日、佐野市の市立小学校に通う児童2人の母親が、相次いで自殺したということです。

亡くなった母親の遺族によると、児童2人が学校でいじめを受けたことで不登校になり、2人の母親がイジメた側の母親に対して「やめて欲しい」などと、改善を促す内、ママ友たちの間で、孤立するようになっていったということです。

児童が受けたいじめは、物を隠されたり、無視されたりといったもので、母親が受けたいじめは、LINEによる陰口などが確認されているようです。

なお母親は自殺直前、ママ友から「母親失格だ」などと厳しく言われたとして、家族に悩みを打ち明けていたといいます。

小学校や佐野市教育委員会は、母親2人が相次いで自殺したことを受けて、独自調査を行いましたが、「児童や母親の間にイジメ行為はなかった」と結論づけ、それ以上の調査は行わなかった模様。


同じ小学校の母親2人が連続で自殺するという前代未聞の大事件にも関わらず、1紙がローカル版に小さく掲載したのみということで、インターネット上では大きな騒ぎとなっています。


【自殺したA子さん】 4月16日 首吊り自殺
・娘は特殊学級に通う小4の本当に可愛らしい女の子
・約1年前から娘へのイジメを周囲に相談、自身もママ友からの嫌がらせに悩む
・娘が家族旅行のことを話したら友達の母親から「自慢話をさせるな」と怒られた
・保護者のLINEグループ内で、ママ友5人から執拗に攻撃されていた
・4月16日 首吊り自殺
・娘が発見し自分で救急車を呼ぶも、現場は山腹だったため救急車が道に迷う
・娘は「お母さんが…お母さんが…」と泣きじゃくりながら救急車を待った

【自殺したB美さん】 4月23日 自殺(詳細不明)
・3男1女の母
・PTAの活動にも積極的に参加、子供好きの活発で綺麗なお母さん
・自殺したA子さんとは親友といえるほど何でも相談できる間柄
・自殺したA子さんの告別式で友人代表として弔辞で
 「私がAちゃんの代わりになって子供のことを守ってあげるからね」
・小学校高学年の娘は、友達に物を隠されるなどのイジメを受けて不登校だった
・保護者に抗議するも「てめえの育て方が悪いんだよ」と言われ、仲間外れとなる
・4月22日、不登校の娘の求めに応じ授業参観、クラス懇談会、PTA総会参加
・ママ友の中に無理して入っていったが、ガタガタと震え目には涙も浮かべていた
・4月23日 自殺(詳細不明)
・娘は火葬場で「これ(千円札)あげるからお母さんを焼かないで」と泣いていた
・子供の一人は「お母さんは、私達よりもお友達(ママ友)が大事だったんけ…」とつぶやく

その後の動き
・保護者数名が校長室を訪ね、証拠となるメールやLINEの文面を見せる
・「言い方ややり方はおかしい」「母親失格だ」などの文言の存在を市教委も把握
・保護者間のトラブルを調査する権限がなく、対応に苦慮している市教委
・7月13日 臨時保護者会が開催され、校長や市教委担当者から 「無責任なネット情報に振り回されないこと」
 「マスコミの取材が来ても答えないように」との要望


●4月23日は学校の役員会があり、2人目の母親は他児童母親に責められて泣き叫んで飛び出す。
そのまま自殺し、探し回った子供たちによって発見される。

●加害者は、今年佐野城東中から佐野北中に転任してきた長○という美術教師。 山形町在住で夫も教育者、子供2人。FBのプロフ画像から鼻毛というあだ名に。(FBは現在解除済み)

●主犯は3人と言われているが、10人ちょっとのクラスなので、殆どが関与している可能性がある。

●同クラス母親は「わからない」と口を割らず。当事者だから言えないのか、圧力があるのか、 保身の為に言えないのか分からない。 また、事件に関して教育委員会の隠蔽がある。加害者に関係者がいる可能性有り。


「なんで死ぬ? 死ぬくらいなら相手をぼこぼこにしてやればいいじゃん 子供が可哀想すぎるだろ…」

このような投稿をする方がおられますが、自殺するのは、体の60兆の細胞が死滅を迎えるほど、生命体が危機を跳ね飛ばすことが出来ないほど、消耗しきってるのです。


エネルギーの補給が必要なのに、それが出来ない状態に於かれているのです。つまり、生命体の再生ができない状態です、八方塞から抜け出せないのです。


だから、とっさに死を恐れなくなるのです。死んだほうが楽と思うほど、心身の消耗が激しいのです。、精神的に弱いというか、地獄を味わったことがない、耐性が養われていないといえそうです。


しかし、何といっても、自殺に追い込んだ、周辺のママたちが、一番 悪いに決まっています。弱者に対する思いやりに欠ける、「いじめ」を訴えるママに対して、ただの子ぼんのう、我が子びいき・・・といった認識ではなかったでしょうか、


どんなにささいな事でも、本人が「いじめ」と受け止めているのなら、それを全力で阻止していくのが、ママ友だちの本来の役目なのです。


創価やあっち系の子どもに、集団ストーカーの手口を使って、本人にだけが感じ取る「いじめ」や、第三者に絶対に気づかれない巧妙狡猾な手口で、「嫌がらせ」を延々とやられると、精神的に未発達な児童生徒は、いとも簡単に、確実に、登校拒否や自殺に追い込まれていきます。


「いじめ」問題は、いじめを受けていると感じる(例え被害妄想でも)人間を、救うことに全力を尽くすべきです


今回、亡くなられたお二人の若いママに、心から哀悼の意を捧げます。  合掌。


とりあえず、連絡先

◇佐野市公式ツイッター
https://twitter.com/SanoCity_PR

◇佐野市議会>意見を送る
http://www.city.sano.lg.jp/gikai/
電話 0283-20-3036


◇佐野市教育センター
http://www.schoolnet-sano.ed.jp/kyoiku-c/
Tel 0283-61-1176

奈良の騒音おばさんも、組織的「いじめ」の被害者だった。
https://www.youtube.com/user/69F2/videos?flow=grid&view=0&sort=p

電磁波攻撃を受けると様々な病状が作れます。
http://daily2.sakura.ne.jp/65.html