banner2にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
創価学会の集団ストーカー」HP編


日本が重国籍を容認してしまうと・・・例えば

公安調査庁の長官が 韓国籍のままなれます
警察庁長官が 朝鮮籍のままなれます
中央省庁の事務次官が 中国籍のままなれます
知事や市長が 韓国籍のままなれます

更に 朝鮮国籍をもった教師が・・・

強制連行はあったなどと反日左翼思想の 歴史教育をすることも可能になる。

中国籍をもった教師が・・・

30万人の南京虐殺はあったなど 反日左翼思想の 嘘の歴史教育をすることも可能になる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

重国籍容認 反対派の意見 (A案支持)



●どうして複数の国籍が必要なのか 国籍の違う両親から生まれた場合、両方の国籍を引き継ぐのが そんなに必要なことか 生まれた国が出生地主義だった場合、その国の国籍を取得するのが当然なのか?

●生活に支障が生じないための予防法としての国籍維持・取得という考えが理解できない。どの国にも「帰化」という手続が存在する。その国の国籍がどうしても必要なら帰化すればよいのではないか。

●日本が日本国籍を持たない人にとって暮らしにくい国だから、国籍を持つことで
解消しようということか どういう点で暮らしにくいか また、暮らしにくいなら、
その暮らしにくさを解消すればいいと 思うが、それでは不十分ですか

●ここでE案に賛成している方々は、ご自分の置かれている状況では複数の国籍を持てれば嬉しいからそのように主張しているだけのように見えます。国境を超えた生活圏を持っている人のほうが、国境の枠にこだわっているのではありませんか?

国境なんか、簡単に超えられます。両親の国籍のある国、生まれた国以外に暮らすことだってあるでしょう。必要ならその国の国籍を取ればいいだけであって、日本国籍を持たなくなったからといって、自分のルーツである日本がなくなってしまうのですか? ずいぶん頼りないものですね。

●日本の国策として国籍法を変えるならば、現在日本に暮らしている外国籍の方々の問題を解決する必要があるのではないか  彼らがこぞって日本国籍を取得したいと言い始めた時に、国を守るための対策はどうするのか。

●このコメントはE案ばかり主張する人が多すぎておかしい。日本はアメリカやヨーロッパのように いろいろな地域の人が集まっている国ではないから重国籍など認める必要性はない。ごく僅かな重国籍者のために大多数の日本人が不利益を受けることは許し難い。行政は厳しく国籍の選択を迫るべき。よってA案を支持する。

●質問ですが、重国籍を認める場合、重国籍の人と重国籍の人が結婚した場合は、4つの国籍を認めると言うことでしょうか。ちなみに私自身はA案に賛成です。(私は国際結婚です。娘は二つの国籍のうち、一つを選択させます。)

●国単位に物事が動くことを基本としている、現状では重国籍による不整合がたくさん出ます。A案が素直だとは思います。しかし豊になった日本では、個人の幸せを優先する考え方もまた大切だと思っています。

●重国籍の方の個人の幸せとはなにか。例えば同性愛者の結婚について。私は、同性愛や性同一性障害は本質的に不妊症と同じ病気と考えています。(ただ、治療可能な不妊症とは違い、生まれ持ったものですから、治療ができない)

結婚のメリットを同性愛者が求めるのは、正当な個人の幸せの追求だと思います。
かといって、現実に制度導入するには問題もあるわけで、難しいところですが・・・

私は、重国籍の容認は正当な個人の幸せの追求、と納得できるような意見に 出会ったことがありません。自分が重国籍者だったら、とその立場を想像しても、納得できる理由はでてきません。よって、私はA案以外を支持しようとは思いません。

●普通の日本人にとっては二重国籍を持ち続ける意味がわからない。ごく僅かな 重国籍者のために 大多数の日本人が不利益を受けることは許し難い。A案支持。常識的に考えて成人である22歳で判断がつく。

●国籍と言う項目のみで単純に決定できるものでもないと思えます。日本ではいろんな制度が重国籍を考慮して作られていませんし、その必要もなく自由度においても日本国民であれば非常に高いレベルが約束され、帰化者などの区別を受けません。

●朝鮮人が日本との二重国籍を持って、拉致問題解決に消極的な議員に投票したら 
日本人と日本国に不利益となる

●重国籍にせず、片方を永住権とする事の案もよい。選挙権の問題や忠誠の問題を考えるときに、一つの解決策になる。いわゆる特権の大半は維持され、極論的な問題は回避される。

●「外国籍を所持する」という 通常の日本人には持っていない特権を持った人にだけ適用される法的支援であり、国民に対する平等な法的支援ではない。

●アメリカ、カナダ、オーストラリアに移住して、現地の経済・科学技術の発展に貢献して、市民権を獲得した人たちに何故、日本国籍の維持を認めなければならないか

●日本社会とは合わないから飛び出したという人たちが 果たして日本と外国との橋渡し役を果たしてくれるのか・

●日本国の主権者である日本国民は この国の将来に責任をもつ必要がある。しかし、問題は 入管特例法によって永住権を与えられている在日(韓国朝鮮人)の
方たちへの扱いである

●例えば韓国籍の人が祖国で兵役の義務を果たしたあと、日本に帰化して重国籍を
取得できるとすれば 彼らにとってメリットは大きい

●ごく僅かな重国籍者のために大多数の日本人が不利益を受けることは許し難い。
重国籍者=大多数の日本人にとって不利益

●私はE案を支持すると書きました。しかし問題がないと思っているわけではありません。フジモリ氏の件を見ても問題があるのは明らかです。ただ残念に思うのは当事者でE案を希望する方が、弊害に対する具体的な解決策を出されないことです。弊害にも言及しこういう回避策があるとか、こういう理由で無視できるという説明がないと、
E案は多数派にはならないでしょう。

また二重国籍を認めなくては絶対に解決しない問題だという説明もなされていません。年金の問題でコメントしましたが、他の解決策もあります。感情論ではない説明が欲しいですよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

E案支持(重国籍容認賛成)でも条件付きなら良いとする意見

●重国籍者は総理大臣、その他の大臣クラス、皇族、自衛隊員にはなれないと言う規定をつくること。
●参政権はなし
●他国の選挙権を行使した者は日本国籍を剥奪する
●日本に対する忠誠心は あまり重要ではない 
●殺人・麻薬・放火など犯罪を犯した場合、日本国籍の剥奪のうえ国外退去
●重国籍を容認するに当たり 過去に殺人 麻薬 詐欺 その他の刑事事件などで
重罪をかけられた人は 重国籍を認めない方針を打ち出すこと
●ドイツのように 自国民だけに便宜をはかるという立場で 重国籍容認を受け入れること。
●重国籍所持者に 生活保護受給資格や参政権の制限は必要

※ A案からE案までありますが 圧倒的にA案とE案に分かれています ここではA案について河野太郎ブログより一部抜粋転載します 
http://www.taro.org/blog/index.php/archives/945#comments

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

重国籍に反対する社会的背景



創価学会の組織的犯罪が野放し状態

創価学会からターゲットにされている人間は 彼らの「仏敵」とされ ほぼ生涯に渡って 人間関係 就職 結婚など 巧妙に工作され 運命を操作され続けている。

更に 最悪のケースは 自分が 創価学会からターゲットにされていることを自覚してなければ どうなるか ターゲットは 彼らの加害行為を 無自覚に受け続けることによって日本社会への不信感を植えつけられる反面 日々 命を削られていっている。

よって 命の選択のため 国外に逃げ出したくなる心情が余儀なく生じてくる

しかし この犯罪は ターゲットが外国に逃げようが どこに逃げようが 被害は付きまとうといわれることから 人生のやり直しは困難となる 

日本が重国籍を容認すれば 外国に渡った日本人が 橋渡し役を果たすなどと主張する人たちに 本来 優秀な若者たちが 創価学会からの被害を受けている実態を知って欲しいものである

盗聴 盗撮 五感の操作などが可能な ハイテク犯罪によって 正義感の強い本物の
優秀な若者たちが 隅に追いやられている

今の日本は カルト創価によって 自分たちを脅かす優秀な人間は リストラストーカーで職場から追われ 悪知恵の働く 権力に媚びる若者たちが 勝ち組で居直っているように思えるつまり 逆転現象が起こっている

幼児期から 運命操作を受け続け 努力と勤勉が実にならないように仕込まれている被害者も多いと見られる。 それが結果的には 少子化を生み 日本の国益を損ねる結果を招いているような気がしてならない 

パチンコ サラ金 セックス産業の氾濫によって 日本の若者たちの 精神的荒廃が増長されている それらの企業の大方は 在日企業であり 巨額の利益を得ているにも関わらず税金は任意払いの特権で我が世の春を謳歌している 

また その暴利は北朝鮮に流れていって反日策謀に使われている つまり日本人は自分で自分の首を絞めているようなものである

在日特権の問題・・・

在日の生活保護者が 日本人や在日外国人に比べて 5倍多い現実があり また日本人は25年に1日足りないだけで国民年金支給の対象からはずれるのに対して 
一円も年金を払っていない在日の方々に福祉給付金という名目で支給されていることへの日本人の反発がある

日本人の生活保護の申請や都営入居の申請は、殆どが却下されるのに対し 在日の申請は、スルーに近い状態で認定されているという。日本人は生活保護が受けられなくて餓死したり自殺したりするケースもあり 日雇い派遣 ネットカフェ難民 ホームレスなど ワーキングプアや貧困層の増加を生み出している 

そうした現状において 重国籍を容認したら 特アの人間が 日本にどっと流れ込んでくる 企業にとっては安い賃金で人材確保出来てうれしい悲鳴であるが、日本の若者たちが 働く場をを奪われ 益々貧困が激増していく

●三重県で在日の住民税を半額にした減免税特権が与えられたが 一般には公表されてなかった(2007年廃止)

●在日の朝鮮人組織である「朝鮮総連」施設や関連施設に対し、固定資産税の全額免除などが適用される一方「民団」も その関連施設など 地方自治体から課税免除などが与えられている

●朝鮮総連を「在外公館に準ずる存在」としたため、日本の警察権の行使が抑制されてきた。そのため 日本人拉致問題や覚醒剤などの密輸に 朝鮮総連や在日(朝鮮人 韓国人)が関わっているのに 捜査 立件ができなかった

日本の精神文化破壊の元凶・・・

脱税御三家といわれるパチンコ、サラ金、カルト。そのすべてに深く関与している在日朝鮮人。広域暴力団の幹部にも在日朝鮮人が多い。これらが相互密接につながり合い、日本社会を荒廃させるシステムを築き上げている。

韓国朝鮮人が 通名(日本名)を使い犯罪を犯しても 新聞は彼らが在日であることを書かないよって日本人が犯罪を犯したようになっている それは子供たちの大人社会への不信感を生み 非行化をうむだけでなく 日本の国権に関わる国際的信用の失墜を招く。

2000年 偽証罪で起訴された人は 韓国で1198人 日本は5人。韓国と日本の人口の差を考慮した場合、偽証罪が日本の671倍に達すると最高検察庁が分析している」と報じている。

反日政策も「偽証」また「偽証」で成り立っている “歴史問題”も“竹島問題”も、すべては虚構

朝鮮人がいかに人を騙す業(わざ)に長けているか、朝鮮日報(2003年2月13日)自らが報じている。 「何の罪もない人を罪人に仕立て上げ、罰を受けるべき人の 罪を
覆い隠す「偽証」が法廷ではこびっている」と指摘。 

なかなか 的を得た内容であり 創価学会から被害を受けているターゲットには 大いに納得できる現実的事象である。

人権擁護法案を目論む反日議員たち・・・

「偽証」を正当化しようとする法案が、「人権擁護法案」である。専門家からは、「在日朝鮮人が日本人を黙らせるための法案」と指摘されている

ゆえに、ここでいう「人権」とは、在日朝鮮人の「人権」である。すなわち、在日朝鮮人が「人権」を盾にして、日本人を自由自在に裁くことを目的とした、特別ルールと特別機関を作る法律なのである。

「大嫌いな日本の抵抗力を低下させ、在日同胞に、いずれは参政権を付与する」そして「日本を乗っ取る」ことを前提とした法案である。

この法案が成立すれば、たとえば、「金正日や盧武鉉の批判は在日朝鮮人の感情を傷つける人権侵害に当たる」という名目で、批判者に対する事情聴取や立ち入り検査、
証拠の押収などを正当化できる。

「外国人に参政権が無いのは差別だ」という名目で、在日参政権の実現までもを可能にしてしまう土壌を造る法案である。この法案の再提出され可決されれば、日本は崩壊の危機を迎えることになる。

不法出入国など犯罪率が圧倒的に高い韓国人の「ビザ無し渡航」と「特別永住権」の廃止を国民は訴えている。

国際化 グローバル化という「落とし穴」



●今現在、本来なら2つの国籍を持てないはずの人が2つのパスポートを所持・使用している例が多数あります。その人たちに言わせると「こっちの国籍を取得したと言わなければバレないし、子供の場合は「とりあえず日本の国籍を選択すると言っておけばいい。こっちの国では重国籍はOKなんだから」ということらしいです。

●重国籍の有無を 任意申告だけでは 穴だらけなので、「韓国朝鮮人が帰化したら
協力を求めなければならない。

●日本が 手放しで重国籍なんか認めたら、戦略的に人員送り込んできそうな
中○人○共○国とかあります。

●偶然に韓国で二つの戸籍を持った女性が、二つの旅券を使い分けて日本に30回も往復し、韓国と日本で50年近くスリを続けていたことが判明した。国籍の問題は、国籍法よりも、戸籍法や旅券法の問題なのではないかと思います。

中国人の問題・・・

今 日本での外国人登録者は 韓国朝鮮人を越えて 中国がトップである。そうした中で 偽装結婚で中国の犯罪組織と連携した日本国内斡旋グループが摘発された。 

偶然に摘発されなければ、子供に日本国籍があれば、(偽装)結婚を解消した 不法滞在の両親にも定住許可や永住許可が発給されやすくなるので、今後更に、偽装認知でこのようなケースが増えることが、入管関係者に懸念されている

13億の人口をもつ中国で今 戸籍も住所も仕事もない人間が一億人もいると言われ 
このような現象から欧米諸国だけでも年間200万人くらいの中国人密入国者が
発生しているという。

中国人は麻薬、拳銃、強盗、殺人などの犯罪に加担しているといわれ、売春婦は 
ほぼ中国人に独占されているのが現状らしい。

2003年 台湾の中国人花嫁が市民権の発行期間を 現行の八年から四年にせよと要求するデモがあった。 中国人は定住してしまうといろいろな権利を臆面もなく要求してくるといういい見本である 

日本の在日(韓国朝鮮人)が参政権や年金を要求するのと似たところがある

中国政府発行の「環球日報 2004.10.2付」の社説に、中国人はできるだけ外国に行ってその国籍を取得し、国籍を取ったあとはできるだけその国の政治に参加しようと 
海外中国人に呼びかけた。

政権与党を牛耳った公明党=創価学会の最高権力者池田大作は中国では宗教家でなく日本の政界のキングメーカーとしての位置づけが大きいようだ。

池田大作は 天安門事件や中国の核実験やチベット虐殺にも意図的にか 批判することもなく親中派を貫いてきているようだが その意図するものは何か。将来、中国が巨大な布教地盤になりうるとでも思っているのだろうか。 

1000万人移民受け入れなども 安い労働力を供給する企業優先作戦であり、日本人切捨ての一石二鳥の作戦を目論むものであり グローバル化の巧妙なしかけ罠に思えてならない

台湾の次は日本だ・・・

中国から台湾への密入国仲介組織(蛇頭と呼ばれる)は、日本円で一人25万円から60万円を密入国仲介料を取っているといわれ 中国人の3年から6年分の年収に相当する額のようだ

中国からの密入国者を 漁船で運び 一隻の船で数千万の利益をあげるという。もちろん 蛇頭という組織が得た収入は 中国の官僚や警察にワイロとして山分けされている。

しかも、この密入国は毎日おこなわれているので、膨大な利益を生む。九〇年代の資料によれば、福建省のあるマフィアの年間収入は三〇億ドルもあったという。

これくらいうまい汁を吸える商売が密入国の斡旋だ。だから、中国の警察、公安、官僚、マフィアなどが連携してやっている巨大ビジネスなのである。公的機関が裏でからんでいて簡単に終息するとは考えられない。

さらに犯罪者を密入国させて台湾の治安を悪化させることだってできる。これは鉄砲を使わない戦争である。人口という武器に台湾が呑み込まれることも十分に考えられる。これでは、アメリカも手の出しようがない。

中国人は 見かけも 台湾人とよく似ていて、言葉も同じだし、姓も同じ人が多く 日本人にはその区別は出来ないというが 中国の北京語と台湾の北京語との違いや あちこちに平気でたんを吐く傍若無人な態度から 台湾人には はっきりと 見分けがつくという。

台湾の中国化はすでに目に見える形で進んでおり、台湾政府の無策や日米の無関心に
よってそのスピードがさらに加速しているという。台湾の現状は まさに明日の日本の姿である

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

重国籍容認反対の日本の事情

●日本の場合、明確な捏造反日教育を行ってる周辺国がある、という点を最も考慮すべきだと思います。日本はヨーロッパやアメリカと違い、閉鎖社会の文化土壌の上に歴史・社会が成り立ってきております。いきなりオープンな西洋のシステムをベースに国籍を弄ることが必須とは到底思えません。

●在日(韓国朝鮮系)の中に特権階級のような連中が割と多い事は知れ渡ってる。
この状態で在日への権利拡大を訴えても説得力がありません。ですので、国籍はA案で
留め、生活レベルを基準にした、きめ細やかな国別の対策のほうが先であろうと考えます。

●日本には兵役がないので、兵役逃れのためだけに日本国籍を取得する人もいます。
わがままな多重国籍者に無駄な税金をつかわないためにA案でいってください。

●A案が現在日本人の国籍と言うもののイメージに最も適合していると考える。ただし、今後多重国籍者のさらなる増加を考えた場合、日本国籍を与えられる人には与えておき、果たしている義務に応じた権利を付与するのが妥当と考える。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

国籍唯一の原則



「重国籍削減条約」の「国籍唯一の原則」で、各国が重国籍者を単国籍者として扱うことになっていますが、(子とは無関係に)国民の孫なら自動的に国民とみなす国もあり、日本の選択制度が適用できない場合もあると思います。重国籍は本当に難しいです。

「国籍唯一の原則」で 自分の子供とは無関係に 韓国人の孫なら 自動的に韓国国民とみなす国もあり、日本の選択性が適用できない場合もある。

重国籍を許容しなければならい理由・・・

●両親の国際結婚
●出生地主義国での出産
●住国主義国への帰化

ハーグ条約(国籍抵触条約)で ひとつの国籍のみを持つべき」という「国籍唯一の原則」が決められており、国連も それを提唱している。しかし、両親が国際結婚をして生まれた子供が、自動的に重国籍所持者となっても心配することはない。このようなケースは、各国では単国籍者として扱われるようだ。要するに 公式に使える国籍はひとつだけとなるようです。

重国籍の発生を制限・・・

国際摩擦や外交問題の原因となる可能性があるため制限する国 兵役や納税義務を課すために国籍離脱を認めない国人道主義で重国籍解消を免除する国重国籍の発生や存続を全面的に禁止することは不可能です。

通常、国籍国に住民登録し、その国で生活することにより、100%の市民権が発生しますが、他の国籍(海外在住者に与えられ、限定された権利)は通常は わずかな権利しか使えません。

そのため、海外の国民が外国国民として生活することを許す、いわゆる重国籍容認国が存在しますが、米国のように重国籍を権利として認めている国でさえ、米国帰化者が在外投票で母国の国政選挙に参加することには難色を示しています。

各国の国内法の規定に抵触すれば、いずれかの国籍を自然に失うことになります。

banner2 ← クリックお願い

【再生20万で】創価学会から日本奪還!【ニコニコで不当削除】part1


【再生20万で】創価学会から日本奪還!【ニコニコで不当削除】part1


banner2 ← クリックお願い