2018年12月30日

平成30年ももうすぐ終わりますね。

もうあと二日で、平成30年も終わりですね。

今年は、私にとって大きな変化の1年でした。

日蓮宗の責任役員となり、宗務総長を補佐しつつ宗門全体の運営にあたることに

なったのですから。また、大学の理事となり、理事会へ出席しそれなりに意見を述

べさせていただく立場にも着きました。


今までは、実相寺の発展と、檀信徒の皆さんの幸福のお手伝いをしていればよか

ったのですが、そのことに加えて、大きくは上記の2点の役割が増えたのです。


宗門の中では、災害対策責任者も兼ねておりますから、自然災害が起きれば、

調査やその対策を行うことになります。日本国中何か所か現地視察に伺いま

した。また、実際の宗門の行政にも携わっております。行政ということに初めて

携わりましたが、みなさんそれぞれに意見があり、この調整がとても大変なこと

がわかりました。明らかに知識が少なく間違っているのにも関わらず強弁する

方や、違った情報を真実と思い込まされて初めからけんか腰で話に来る方。。。

ある分野では、その道のプロ達の見解が全く異なり翻弄されてしまうこともあり

ました。行政とはある意味で、調整なのですね。


実相寺の運営はで、法話会・子供会・サマーステイ・御会式という3000人規模の

お祭りの運営などの他、悩める方々のご相談等々があります。普通のお寺が行

っているご法事・ご葬儀・御祈祷も土曜日日曜日にはたくさんさせていただきます。


激動とは言いませんが、目の回るような1年間でありました。本当に勉強になった

1年間でした。




1年間務めさせていただき、大体わかってきましたので、来年はもう少し地に足の着

いた形で、動いていくことができると思います。



今年は、忙しさにかまけてブログをあまり更新できませんでした。

来年はもう少し多く更新していきたいと思います。よろしくお願いいたします。



追伸

今1年間を振り返ってみて、このようにできたのも、実相寺の役員さんはもとより

ご協力いただいた檀家さん信徒さん、寺庭婦人や私の娘たち、そして、長村上人

支えがあったからだと、つくづく思います。

皆さんに心から感謝したいと思います。

そして、この御恩は、今宗門の運営に携わることができるのですから、その中で、

人を救うことができる僧侶を一人でも多く養成することを通じてお返ししてまいり

たいと思います。

その僧侶の得意分野でよいので、「人を救える僧侶」の養成に来年は、励みたい

と思います。



live636363 at 23:25|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年11月21日

過ち

吉田松陰の言葉

「士は過(あやま)ちなきを貴(たっと)しとせず、 

 過ちを改むるを貴しと為()す。」

 

 

ここでいう「士」とは、立派なこころある人という意味です。
ですから、立派な人は過ちがないということを重んじるのでは
ありません。過ちを改めることを重んじるのです。
という意味になると思います。

誰でも、必ず失敗します。誤りを犯します。立派な人とは、
誤りを犯したときにすぐに改めれる人のことなのです。

私の肝に銘じておきます。



live636363 at 00:33|PermalinkComments(0)

2018年10月24日

慈悲の極み


河野宗寛という素晴らしいご僧侶がいました。
以下、転載します。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


真民先生が心から尊敬し師事された河野宗寛老師とはどのような方だったのであろうか。
今年の2月に大乗寺50年忌の法要が一年早めて行われる。私もおまいりさせてもらう予定である。
 
宗寛老師は明治34年にお生まれになり、昭和14年、大乗寺に住され、
そこで四国唯一の臨済宗の専門道場を開かれた。
昭和17年には、満州に建てられた妙心寺の別院に赴任され、現地で禅の指導に当たられた。
 
しかし、終戦を満州の地で迎えられることになり、大変な混乱に巻き込まれてしまう。
一人だけでも帰国するのは至難であった。
 
しかし、老師は慈悲の深い方であった。
終戦の後に老師の眼に映ってきたのは、町にあふれる孤児たちの姿であった。
厳寒の満州では、「3日ぐらい食べなくてもよいが、冬に暖房がなければ一晩で凍え死ぬ」と言われた。
老師は、いち早く坐禅堂を孤児院に開放し、自ら私財をなげうって石炭を買い集め、
町にあふれる孤児たちをかくまわれた。「慈眼堂」が開かれたのだ。
 
当時の思いを「戦に敗れし日より憂きことは親のなき子らのさまよひあるく」と詠われた。
それまでは禅によってひたすら精神の鍛練を説かれた老師が、一転して多くの孤児たちの親となられたのだ。

「今日よりは親なき子らの親となり厳しき冬を守りこすべし」と決意を詠われている。
厳しい禅の老師が、多くの孤児たちの親となる様子を
「入りし日は笑みもせざりし子供らもわれにより添い戯れにける」と詠われた。
 
ソ連兵も来る、中共軍も入ってくるという内戦の戦渦の中を、老師は我が身を捨てる決意で孤児たちを守られた。
「夜もすがら床の柱に倚りて坐し修羅の世相に涙すわれは」
そんな中を孤児たちは、「子供らは朝な夕なのひと時を坐禅をなして身を修めいる」という日々を過ごした。

苦難の末にようやく、昭和21年7月に帰国できることになった。
「立つ鳥も跡は濁さじ此の園を掃き清めおけふき浄めおけ」と最後まで禅僧らしく勤められた。
「幼子に今日はみ国に帰るよと涙もろとも説き聞かせけり」と詠われたのを見ると、
どれほどのご苦労があったのか察するに余りある。

「み仏と同じ心の恵みもちこの荒海を子らと渡らん」
「親のなき子らをともなひ荒海を渡り帰らんこの荒海を」
およそ300名に及ぶ孤児たちを連れて老師は、8月無事佐世保に上陸された。
命をかけて、多くの孤児たちを祖国に渡り帰らせたのだ。慈悲行の極みであろう。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


以上、転載でした。


それぞれの環境で、どのように社会貢献していくのか、

別の言い方をすると、どのように命を懸けて生きていくのか、

僧侶として考えねばならないことです。


私が同じ立場であったらどうしたでしょうか?

それは、何とも言えません。河野宗寛老師のようにしたかもしれま

せんし、しなかったかもしれません。


しかし、河野宗寛老師の生き方を知った以上、私も、そのような

立場に置かれたら、河野老師ほどのことはできなくても、

ここぞ命の捨て場所か、と思い定め、菩薩行に徹したいと

思います。



live636363 at 17:57|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年10月16日

天の助け

稲盛和夫の言葉
 
「私心を捨てて、世のため人のために
 よかれと思って行う行為は、
 誰も妨げることができず、逆に天が助けてくれる」
 
天の助け、などというと、他力本願的で、自主的でなく、弱い人間のすること
と思うかもしれませんが、そうでもないようです。
いかに天の助けを自分の人生の中に取り込んでいくかが、幸せな人生を送ろうと
するのならば最も大切なことなのです。
 
稲盛和夫さんという大実業家が言うのですから、とても説得力があります。
是非、みなさんも天から「助け」が授けられるような人生を歩んでいただきた
いと思います。


live636363 at 01:17|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年09月26日

金メダル

DSC_1763

















私は、立正大学の理事を務めております。

本日、第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)のラグビーフットボール(7人制ラグビー)で、金メダルを獲得したラグビー女子日本代表のうちの立正大学生3名に対し、立正大学校友会として彼女たち3人の功績をたたえるために「奨励賞」の授与式が行われました。

 


理事として授与式に、参加させていただきました。

今まで、金メダルはテレビでは見ておりましたが、生まれて初めて実際に見ることができ、また、持たせていただきました。ずっしりと重いものでした。

女性のラクビ―も男性のラクビーと同様に激しいスポーツですが、3人のお嬢さん方はなかなかチャーミングな方で、言われなければ、ラクビーのアジアのチャンピオンだとはわからないでしょう。

 


彼女たちの目標は、2020年東京オリンピックの金メダルだそうです。

応援してまいりたいと思います。



live636363 at 03:17|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年08月23日

悲しむ

五木寛之(作家) 

「悲しむということは、笑うことと同じように大事なこと。
 本当の幸福を手にするためには、

 そういうところにも目を向けなければなりません。」

━━━━━━━━━━━━━━

全てがうまくいく人など、この世に一人もおりません。うまくいっているように見えますが、大なり小なり誰でもが問題を抱えているものなのです。問題が表面化した時、うまくいかなかった時に、人は悲しみます。あなただけではありません。悲しい時には。悲しめばいいのです。時間かけてゆっくりと立ち上がればいいのです。



live636363 at 03:31|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年07月29日

第20回サマーステイイン実相寺

P7294656







7月28日・29日の一泊二日で、子供たちを対象としたさまざまなことを体験しながら学んででいく「サマーステイイン実相寺」開催されました。
 
今年は、定員を上回る35人が集まりました。ここ数年は、日蓮宗の宗務院のポータルサイトからの発信を見てお申し込みなさる方が増えました。
 
失礼ながら、あまり人数が多いと、ゆっくりとかかわることが難しいので、残念ながら御断りさせていただいた方々もいらっしゃいました。
申し訳なく思っております。
 
遠くはオーストラリアからの日系人のお子さんの参加もありました。このお子さんは昨年も参加したお子さんで、いわば、リピーターです。
 
今年も、盛りだくさんのカリキュラムで行いました。
 
紙コップアート、漢文の素読(身体髪膚これを父母に受く〜)と暗唱を行い脳の活性化をはかる、カレー作りで料理体験、紙芝居『古事記』を聞かせて
日本人のアイデンティティの涵養、銭湯体験、強制昼寝、読経、座禅、作務、水鉄砲合戦、チャンバラ、流しソーメン、『青の洞門』を教材にして
他人としての生き方を班内で話しあってみる、チャレンジランキングという小運動会などなど、、、
 
子どもたちは、様々な経験を積むことができたと思います。
 
スタッフ一同、疲れましたが、子供たちの輝かしい未来を少々開いてあげられたかな、ということで菩薩行させていただけたという思いでいっぱいでした。


live636363 at 03:22|PermalinkComments(0) 青少年健全育成 

2018年07月02日

皆のため


木村秋則(りんご農家)

「皆のためにと思ってやってこそ、
 初めて社会がそれを押し上げて
 くれる。 私はそう思います。」


 −−−−−−−−−−−−−−−−−

いろいろと活動をしておりますと、大なり小なり私欲が
入ってくることがあります。そのような時には、自分が
していることは、私欲のためか、全体のためかを自らに
問うてみるとよいのだと思います。

うまくいかないのは、私欲が見え隠れしているからかも
しれません。



live636363 at 01:19|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年06月30日

子供には勉強を!

『実語教』とは、江戸時代に寺子屋で子供たちの教科書として

使われていた本です。とても良いことが書かれております。

 

 

「倉の内の財は朽つること有り。

 身の内の才は朽つること無し。 

 

 千両の金(こがね)を積むといえども、

 一日の学にはしかず。」

 

 

 

 【現代語訳】

 倉の中に大切にしまっておいた

 財産でも、なくなることがあります。

 

 しかし、一度身についた智恵や

 能力はなくなることがありません。

 

 いくら大金を積んでも、

 一日一日の学びには及ばないのです。

 

 

 

いかがですか、良いことを言っているでしょう。

ですから、若いうちは勉強をしなければいけな

いのです。

 

AIがあるから、考えなくても大丈夫。

携帯電話で調べられるから、暗記は必要ない。

ということを時々聞きますが、これを真に受けて

育った子どもの将来が心配です。

 

知識も知恵も、普段から若いころころから培ってお

くことが大切なのです。その知識と知恵があるから、

AIを駆使したり、言葉の検索をしたりして、より

良い判断が下せるようになるのです。

 

おそらく大人になって、知識も知恵が乏しい人は

苦労するのではないかと思います。そのようなこ

とにならないように、今年の「サマーステイ イン

実相寺」では、実語教の勉強を子供たちにしてあ

げようと計画しております。




live636363 at 01:20|PermalinkComments(0) 青少年健全育成 

2018年06月24日

死んでもやり遂げる



ジーコ(サッカーブラジル元代表/日本代表元監督)


目標を達成するためには犠牲にしなければならない

 ものもある。
一旦決めたら死んでもやり遂げるとい

 う気概がないと、大成し
ないのです。」


━━━━━━━━━━━━━━


ここのところ、想像以上のサッカーワールドカップで
の日本勢の
活躍に日本中が沸いております。私は、あ
まりサッカーには興味
は無いのですが、そんな私でも、
眠い目をこすりながら、日本の
試合というと、応援し
てしまいます。愛国心というと大仰ですが、
愛国心の
ような感情がふつふつとわいてまいります。



ジーコ元監督の言葉は、痛烈ですね。やさしさばか
りが前に出て、
厳しさは忌避されているような風潮
が今の日本にはあるような気
がします。人が会社の
ことで自殺するというのはいけませんが、
なんでも
パワハラとされては、上司たちは後輩の指導もでき
なく
なってしまうのではないでしょうか。



ま、そのような風潮にある中で、世界を相手にする
人たちは、自
らを律して頑張っているようです。



「死んでもやり遂げ」と言うとパワハラでしょうが、

「死んでもやり遂げ」と自らに誓いを立てることが
良いのでし
ょうね。



どんな時代であっても、自らを鼓舞し努力を続けられ
人が輝け
るような社会に風潮は、素晴らしいと思い
ます。




live636363 at 20:34|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年06月20日

蓮の花(3)

DSC_1269


蓮の花が咲きました。

全体は白を基調としておりますが、花びら1枚1枚の先端部分が濃いピンクです。

美しいですね。もっと大きな花かなと思っていましたが、思っていたものよりは、小さめでした。

ただし、このくらいの大きさの花の方が、上品のような気もします。まだいくつも花芽があります。

今年の夏は、蓮の花で楽しめそうです。



live636363 at 17:18|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年06月15日

蓮の花(2)

DSC_1191
5月末から、実相寺の美観を整えることもあり、蓮を栽培しています。

この蓮の花キットに付いてきたマニュアル通りに、水を枯らさず、時々肥料をあげることによりスクスクと育ってくれています。

花芽も見る見るうちに大きくなってきました。苔庭の美観維持のために少々苦労していますので、こんなに簡単に栽培できるとは思っていませんでした。

商品としての完成度が高いのだと思います。


蓮の花が咲くのが楽しみですね。


live636363 at 01:29|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年06月10日

真の幸福

セネカ(古代ローマの哲学者)

「真の幸福とは現在を楽しむこと。

 自分がすでに十分に持っているもので満足し、

 泰然自若として暮らすこと」

━━━━━━━━━━━━━━

妙法蓮華経には、「少欲知足」という言葉があります。

「少ない欲で、足りるを知る」という意味です。

 

上を見てもきりがありません。下を見てもきりがありません。

(何が上で、何が下のなのかはそれぞれのお考えで想像してください。)

今の体、今の財産、今の家庭、今の能力を受け入れて、感謝の心

を基本に置き、人生を生きていくことが「真の幸福」なのですよ、

ということを、ギリシャの大哲学者のセネカも言っておりますし、

お釈迦さまも言っているのです。

 

幸福な人生を送るための、真理なのだと思います。



live636363 at 01:23|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年06月05日

真言宗智山派総本山 智積院

201806061651186164[1]
真言宗智山派総本山 智積院で行われました「元管長 智積院化主 第六十九世 阿部龍文猊下の第一周忌追悼法要に、日蓮宗を代表して出席してまいりました。


私は、生前、阿部猊下とお会いしお話したことはありませんが、一宗を挙げて法要を行い、さらには他宗もお招きするというほどのことをなさるということなさるというですので、本当に素晴らしい高僧であったのだと思います。


ご遷化の後ではありましたが、阿部猊下の形骸に触れさせていただき、まことに貴重な経験をさせていただけました。


live636363 at 01:19|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年05月27日

臨済宗大本山妙心寺

800px-Myoshinji-M9707



















臨済宗大本山 妙心寺の管長晋山式に、日蓮宗を代表して出席してまいりました。
禅宗である妙心寺は京都にある巨大な寺院です。末寺は3400ヶ寺もあります。
そのお寺の住職さんが交代することになったのです。
日蓮宗でいえば、総本山久遠寺の住職交代式にあたる、宗門を挙げての一大法要です。
 
 
日蓮宗宗門としてお祝いをするために、宗務院の責任役員が出席する必要がありました。
 
そこで、私が日蓮宗を代表して出席してきたのです。法要には天台宗・浄土宗
真言宗・浄土真宗・曹洞宗などの各宗の管長や宗務総長が集まっておりました。
 
 


live636363 at 16:30|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年05月17日

蓮の花

DSC_1135














































有難いことに、蓮を頂きました。

蓮を育てるのは初めてです。うまくいくかどうか心配しておりました。

植えてから、10日ほど経ちましたが、花芽も出てきており、思ったよりも簡単に咲いてくれそうです。

蓮の花が咲くのが、楽しみですね。





live636363 at 16:49|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年04月05日

朝日フェイク新聞

朝日新聞が、よくフェイク(嘘)を伝えることは、
みなさん、ご存じのとおりです。

特に、「慰安婦問題」ねつ造により、アメリカでは、日本人の
子供たちがいじめられ、韓国人はありもしなかった慰安婦狩り
をいまだ糾弾し続け、韓国の大統領に至っては人気取りのた
めか、朝日新聞の嘘を本当に信じ込んでいるのかわかりませ
んが(だとしたら、あまりに情報弱者としか言えませんし、その
程度の人が大統領でいることは国の運営に支障があるように
思えます。)、いまだに「謝罪せよ」と息巻いております。

世界中にフェイクニュースを発信したために、(英語版では
いまだに拡散し続けております。)小さくは日韓関係は悪化
しておりますし、大きくは日本の名誉は傷つけられています。


誤報・ねつ造を認めた時の木村社長が、その際の社内の雰囲
気などを手記にまとめ、週刊文春に寄稿しました。

以下。転載します。





朝日新聞社の社長を平成26年末に辞して以来、わたしは沈黙を守ってきました。未曾有の混乱を招いた最終責任を取って社を去った者が、何を語ろうと弁解がましくなるのがおちで、胸の奥にすべて封印しようと考えたからです。一方で、当時の経緯やトップとしての判断を、できるだけ正確に書き残すことは、やや大げさなもの言いをするなら、歴史に対する責任ではないか、という思いが去来してもおりました。社を退いて3年。それなりの時間が経過したこともあり、今回、編集部の求めに応じたしだいです。

 慰安婦報道をめぐる経緯はおおむね、平成26年12月に出された「第三者委員会」の報告書にある通りです。社内では平成9年に一度、慰安婦報道を検証したのですが、いわゆる「吉田清治証言」の信ぴょう性には各方面から疑問が相次いでいたにもかかわらず、訂正や取り消しはせず、中途半端な対応にとどまった印象でした。

 平成24年6月に社長に就任してまもなくのことです。編集担当の役員から、前年に韓国の日本大使館前に慰安婦像が設置されるなど、慰安婦問題はさらに深刻化すると見られ、朝日としても内々に再調査する意向が伝えられ、同意しました。社のOBから「慰安婦問題を歴代の朝日トップはほおかむりしてきた。君の時代に決着させろ」という私信が届き、販売店ASAや若い記者諸君からも会合などで「いつまで誤報を放置するのですか」とたびたび詰問されるようにもなりました。

 平成26年になると、安倍政権が慰安婦をめぐる「河野官房長官談話」の検証に踏み出すという話も伝わってきました。そうした動きもにらみつつ、3月、後任の編集担当のもとに検証チームを立ち上げました。わたしは社内のある席でこう訴えました。「日本だけでなく、アメリカもドイツも中国も韓国も、触れられたくない『負の歴史』を背負っている。逃げずに過去を直視してこそ品格ある道義国家だ。来年2015年は日韓基本条約締結から50年。未来志向の日韓関係を訴えていくためにも、誤報はただし、後世の評価にたえる検証にしよう」

 社長室の机の片隅に「The buck stops here.(最終責任は自分が取る)」と書いた紙片を貼りつけていました。たとえ火の粉を浴びようとも不退転で臨む覚悟でした。

 その年の8月の検証記事掲載にあたっては危機管理の観点から、編集幹部もまじえた役員の会合で何度も議論しました。当初の紙面案には「おわび」がありましたが、それまでの朝日の慰安婦報道への全面的な謝罪だと読者に受け取られかねない、という意見が数人から表明され、ある役員は「謝り過ぎだ。これでは店(販売店)がもたない」と強く異論を唱えました。最終的にそのトーンで紙面化することが固まりましたが、社長のわたしが一貫して議論を主導したことは間違いありません。

 ただ、いまもって「安倍首相と何度も会い、彼の軍門にくだって、慰安婦報道を取り消したそうじゃないか」などと、いわれのない批判を受けるのには暗然とします。首相や政権の要路と慰安婦問題で話をかわしたことは一度たりともありません。(各社政治部長OBの会合を除くと)わたしが社長として首相に会ったのは平成25年2月7日、朝日の編集幹部2人とともに、ホテルの中華料理店にお招きした折だけです。




以上、慰安婦狩りは朝日のねつ造であることを認めた
木村元朝日新聞社長の手記でした。

慰安婦狩りは、無かったのです。
当の朝日新聞の社長が誤報だと言っているのです。元慰安婦の韓国人のおばあさん方が無理矢理連れていかれたというのは、朝日新聞同様の嘘です。

それにしても、いまだにこのフェイク(嘘)に踊らされている人がいるのには、困ったものです。




live636363 at 01:46|PermalinkComments(0) 社会のお話 

2018年04月02日

「おとうさん」「おかあさん」という言葉

「おとうさん」「おかあさん」という言葉は、大和言葉

から来ております。今野華都子さんの文書をお伝えします。

 

「おとうさん」「おかあさん」という言葉が、

大和言葉からきていることはご存じでしょうか。


 

そもそも「おとうさん」とは、そのうちの「とう」が

大和言葉の「尊(とうと)し、貴(とうと)し」とい

う意味で、それに敬語と敬称の「お」と「さん」がつ

いて「おとうさん」となりました。



また、「とう」とは和語の数え方「ひ、ふ、み……この、

とお」のうち「とお」という数字的に満ち足りている様子

も表していることから、心身ともに統合された、尊い人の

ことを「おとうさん」と呼んでいるのです。


 

次に「おかあさん」の「か」は、大和言葉で

「火(か)、日(か)」という意味で、カッと熱く輝く

様子を指しています。


日の光はその字が示すように、力(パワー)であって、

万物の命の元でもあるのです。また、「あ」は大和言葉の

「生(あ)れ」から取られたもので、愛のエネルギーで命

を生み出すことを指します。


そこに「お」と「さん」がつくことで、太陽のように明

るく輝く、子供を産んだ女性のことを「おかあさん」と呼

ぶようになったのです。

 



live636363 at 01:37|PermalinkComments(0) 感じたままに 

2018年03月29日

いじめられる日本の子供たち



私の愛読メルマガからの転載です。


今、カリフォルニアで、日本人の子供はいじめられているそうです!



 

RPE Journal==============================================

  

        ロシア政治経済ジャーナル No.1731  

 

                                2018/3/29 

 

===========================================================

 

カリフォルニアでは日本人の子供がいじめられるそうです。

 

なぜ?????

  

 

★なぜカリフォルニアで、日本人の子供はいじめられるのか?

 

 

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

 

北野です。

 

 

今日は、カリフォルニアにお住まいの

 

藤澤 美佳さまからのメールをご紹介させていただきます。

 

 

【藤澤さまのメール、ここから▼】

 

<こんにちは、

今日はお願いがあって連絡しています。

 

アメリカで生活し子育てしていると、いわゆる慰安婦の問題

のおかげでいやな思いをすることがあります。

 

最近では、安倍首相がオリンピックに行ったのはsex slaves

comfort womanと言ってくれる newsは少ない)の件を話し

合うためでもあったなどど報道されていました。

 

今だに性奴隷というのが一般的です。

 

昨年見たエコノミストの英語版でもそう書いてありました。

 

今はcomfort womanよりも性奴隷と言われる方が多いかも、と

も感じるくらいです。

 

 

確かにいわゆる慰安婦の件だけで、特定の国の人たちから嫌

なおもいを受けているわけではありませんが(いつもは元気

いっぱいに学校から帰ってくる息子が目に涙を浮かべて

 

「ママ、遊戯王は日本人が作ったんだよね、韓国から盗んだ

んじゃないよね」

 

と帰ってきたこともあったし、娘の小学1年生の時ボランテ

ィアに行っていたのですが、中国、韓国の子供達が、Janapse

 soldiers killed many innocent ChineseKorean people

 と大声で叫び出し、クラスが大混乱になったこともあった)

 

大きな原因の一つであることは確かです。

 

 

13歳でまだこのことは何も知らないと思っていた娘が、

comfort womanなんて言わずに、prostitute at the war

(戦時売春婦)  と言うべきだったのよ」と真っ白な顔で吐

き捨てるように言ったことは忘れられないし、

 

日本人がノーベル医学賞を取った後に、息子が学校から帰っ

てくるなり、日本軍が731部隊でひどいことをしたのは本当な

んだよね、と力なく呟いたときの暗い顔も忘れられません。

 

もちろん慰安所というものが当時あり、殆どの女性がお金の

ために不本意にもそこで働いてたのだから、その点では日本

がなんらかのフォローをすることは良いことだと思います。

 

ただ、外国の人が怒っているのは、とても多くの外国人女性

が強制連行され、かつその多くが無惨にも殺されたとの報道

を信じているからです。

 

ニュースによっては、その多くがローティーンだったなどと

付け加えていたりもします(エコノミスト紙もそうだっ た

かも)。

 

でも慰安婦の写真を何枚も見ましたが、慰安婦像のようなロ

ーティーンに見える人はいません。

 

 

10代の娘が強制連行されたことが明白だったのに、戦後娘の

捜索願を出し、日本人の拉致被害者の親のように必死に娘を

探した韓国人の親が一人もいないのか、をなぜ誰も指摘しな

いのかがわたしには不思議でなりません。

 

朝日新聞は日本では謝罪をしましたが、英語版では今も、

nativeが読めば、強制的に連行したと読める言葉を必ず入れ

ています。

 

確かに朝日新聞が裁判で言い訳しているように朝日新聞英語

版を読んでいる外国人は多くはないのかもしれません。

 

 

ただ、外国のメディアはそれを参考に記事を作ることが多い

と思います。

 

直接読んでいる人が少ないからといって、影響が少ないわけ

ではないと私は思います。

 

本当は私のような海外で日本人の子供を育てている親がもっ

と、行動すべきだとは思いますが、なかなか時間もなく、や

り方もわかりません。

 

せめて私たち親の代わりに行動してくださっている方々に協

力していきたいと思っています。

 

もしできましたら、以下の一番下のサイトにとんで、オンラ

イン署名をしてください。

 

無力な私からの心からのお願いです。

 

 

 

★賛同署名をお願いします★

 

 

STOP 嘘の新聞(=朝日新聞)プロパカンダ】

 

 

朝日新聞は英語版での慰安婦強制・性奴隷の印象操作を中止

せよ!

 

 

Youtube無料動画】https://goo.gl/G5zuWX

 

 

 

相も変わらず、性懲りもなく、朝日新聞が

 

 

英語で撒き散らす"フェイク"によって、今も「反日」が世界

に拡散しています。

 

 

朝日新聞に対してアクションを起こす必要があります。

 

こちらは、客観的な論拠に基いて主張しています。

 

 

朝日新聞さんも、言論・報道機関としての矜持があるならば、

こちらが説明を求めている点について、

エビデンスに基いて、キッチリ反論して頂けませんか?

 

署名が一万人分集まった段階で、ケント・ギルバートさんと

共に、朝日新聞さんに正式に申し入れをします。

 

賛同署名にご協力をお願いします。↓

 

https://stop-asahi-propaganda.jimdo.com/

 

Mika FUJISAWA >

 

【メールここまで▲】

 

 

 

朝日新聞のウソが、中韓に利用され、世界各地で慰安婦像

が建てられ、

 

日本人の子供たちがいじめられている・・・。

 

ひどい現実があります。

 

私(北野)も早速署名しました。

 

もしよろしければ、皆さんもご協力ください。

https://stop-asahi-propaganda.jimdo.com/



以上 転載でした。

朝日新聞というのは、フェイクニュースの最たるものです。

何がしたいのか、わかりません。

嘘をまき散らし、憎しみと憎悪と怒りそして対立をあおって
いるのです。

「異常」を越えて「狂っている」としか言いようがないので
はないかと思います。座間での事件に匹敵する異常さではな
いかと思います。



私も署名しました。

もしよろしければ、皆さんもご協力ください。

https://stop-asahi-propaganda.jimdo.com/




live636363 at 22:53|PermalinkComments(0) 社会のお話 

2018年03月28日

普通に生きている

 東井義雄  『東井義雄一日一言』より

 

────────────────

 

  生きている 健康である

  手が動く 足で歩ける

  目が見える 耳が聞こえる

  このあたりまえのことの中に

  ただごとでない しあわせがある

 

 

───────────────

人は様々な欲望を持ちます。

しかし、その欲望のために身を崩し

ていくこともあります。


生きているだけでも、有難いことな

のです。例えば、手が動き、自由に

食べ物を食べることができる。

このことができない人もいるのです。


普通に生きていられることに「感謝」

しましょう。


 



live636363 at 14:36|PermalinkComments(0) 感じたままに