2008年05月31日

吉兆 宮崎の焼酎:「吉兆」という言葉の意味

宮崎の焼酎は,「吉兆」という言葉がついている焼酎が

多い気がしています.

例)

芋焼酎:吉兆宝山

蕎麦焼酎:吉兆雲海

「吉兆」という言葉に何か特別な意味があるのでしょうか?

それとも製造元が同じだからでしょうか?



この場合、製造元は「吉兆」ではなく「宝山」「雲海」で識別できます。

ちなみに宝山は宮崎ではなく鹿児島県西酒造の焼酎ですね。

各蔵元でそれぞれ銘柄(ここでは雲海)があり、

原料や麹等の違いを表す言葉(吉兆など)を加えていることが多いです。

雲海は「そば焼酎 雲海」が昔からのものです。

「吉兆雲海」は黒麹と日向灘黒潮酵母を使用した新しい焼酎のようです。

なお、付加する言葉としては

・ストレートに「黒麹〜」「白麹〜」(例:萬年)

・「霧島」では麹や芋の種類が異なる「黒〜(黒麹)」「赤〜(紫芋)」

・イメージのよいもの(例:「無月」夢(芋)・花(麦)・風(米))

などいろいろあります。



九州のおすすめ道の駅

live_blog26 at 04:09│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔