2020年11月30日

緊急入院しました

昨日の昼食後に

コンベンションセンター横の「トロピカルビーチ」

へ海を見に行ってきました。

心地良い北風を受けながらトロピカルビーチへ着きました。

海は強い北風で相当荒れていましたが、浜辺にはたくさんの家族連れや若いグルーブ、男女の2人連れ、小学生や中学生のグループ等で賑わっていました。

浜辺からコンベンション裏側の芝生の広場でも同じようにたくさんの人たちが遊んでいました。
約30分ほど近くを散策したあと、コンベンションセンターを後にして、帰宅することにしました。

浦添西海岸入口の信号を通り過ぎて、緩い左カーブの橋を渡っている途中でした。何だか身体がフラフラしてまっすぐ歩けず、橋の欄干に寄りかかってしばらく川を眺めていました。その時は気のせいだろうと思っていましたが、国道58号線に向かう時にも足元がふらつき、"完全におかしい" と感じました。気分は悪くなく、吐き気もなくただフラフラするだけ・・・

国道58号線の信号を渡るのが心配になりましたが、歩道の信号が青になったときにフラフラしながらも思い切って渡り終えて、交差点角にあるキャンプ用品販売店の駐車場の内側にあるちょうど座れる高さのコンクリートがあったので、そこで座ってしばらく休んでから立ち上がるとやはりフラフラするので、「脳梗塞の疑い」が頭に浮かび、すぐに救急病院(今日は日曜日)に直行することにし、那覇市新都心近くに住む弟へ電話、事情を話して私の家に寄って妻を乗せてここ牧港まで来てくれるように頼みました。

その後、すぐに妻に電話して事情を話して弟が迎えに来るから保健手帳を持って一緒にこちらに来るように言いました。
それから約30分くらい待っていましたが、私の居るところは北風が建物に当たって強いビル風になって非常に寒かったので、思い切って場所を100メートル程南側へ移動して車道から目立つところで待っておこうとフラフラしながら歩いていると信号待ちしている弟の車を見つけました。妻が後ろ席の窓を開けて手を振って合図しているのを見てすぐに車に乗ることができました。

車の中で妻が「お父さん、さっき歩いているのを見るとフラフラしていたよ」と言いました。私としては一生懸命フラフラしないようにまっすぐ歩いているつもりだったのですが、「やっぱり」と思い、近くの「浦添総合病院」の「救急センター」に直行しました。

救急病院の待合室は3〜4人程いましたが、受付で症状を話すとすぐに対応してくださいました。
血圧測定から始まり、体温測定後に受付表で救急申し込み、早い時間に名前を呼ばれて救急室へ行きました。

若い先生でした。
そして、私は指示に従い、頭を振ったり、目の動きを調べたり、どこか手足に痺れはないかとか、言葉は普通に喋れるかとか、耳の中を調べたり、立ち上がって両足を揃えて立って目をつぶったり、直線を踏んで歩かせたりといろいろやりました。多分先生も私と同じく「脳梗塞」を疑ったようです。私もこれまでの知識から脳梗塞を疑っていましたから・・

先生は、「今日は脳梗塞の専門医がいらっしゃらない」とのことで、脳神経外科の先生を呼び寄せる手配を看護師さんに指示しました。

そして、心電図検査、超音波検査、頭部断層検査(MRI)等次々と検査をしました。
近いうちに頭部の断層写真を撮りたいなと思ったいたのにこんなことで・・初めての頭部の断層写真を撮りました。

30分ほどして呼び寄せた専門医が診察をしました。

先生から「1日入院して明日の朝まで様子を見てみたいのですがどうですか?」と言われたので、妻が「よろしくお願いします」と1日入院が決まりました。私も自宅に帰って夜中に何かあったらどうしようもないと思っていたので反対しませんでした。

すぐにわかったのは予想もしない「脱水症(軽い)」でしたので、脱水症状改善のための点滴をしましょうと左手の甲に注射針を刺されました。

s-1606723172641こんな感じで・・・





そして午後8時頃にようやく医師の説明がありましたが、やはりフラフラの原因はわからないとのことでした。しかし、8時頃はフラフラの症状は大分治まってきていました。

一番の関心(心配)事は、頭部のMRI の結果でした。先生はモニター画面で次々画像を見せながら写っている血管には「異常は見つかりません」と言われた時にはホットしました。

そのフラフラの原因はわかりませんが、考えられることは「一時的に小さな血の塊が血管に詰まってしばらくして溶けて流れたのかもしれません」と言われました。

「最終の判断は明日の朝もいくつかの検査をしてから、もう一度判断しましょうね」と・・先生の説明8時半頃には終わりました。お泊りは、4階の「脳神経外科病棟」の2人部屋でした。部屋に戻る時は消灯時間の21時(午後9時)前でした。

21時頃にはほぼフラフラも治っていました。
そして、翌朝までの不正脈を調べるための機械を胸に取り付けて22時前に就寝しました。

翌朝(今日30日)の5時半に目が覚めて、トイレへ行きましたが、部屋を出る時は必ず看護師に連絡して付き添いで行く決まりでした。トイレまでは15m くらいありますが、歩いたらほとんど正常に戻っていました。
s-16067232907228時過ぎに食事が出ました




昨日の夕食は食べる時間がなかったので抜きでした。朝食は大変おいしかったです(o^∇^o)ノ

s-1606723250538メニューが付いていました



9時頃に胸に付けた機械を取り外した頃、妻が着替え、その他を持ってきましたが、コロナの関係で病室までは入れず、ナースステーションまで来て帰りました。
9時半頃、看護師付き添いは解除になりましたー(*'-'*)

10時から先生の説明があり、「多くの検査をしましたが、その結果ではフラフラの原因は不明でした。身体もほとんど正常に戻っているようですので午前中で退院許可します」

これが検査の結果表ですが、相当の検査をしたようです。なぜこんなに検査を と思いますが、コロナで患者さんが極端に減って病院の経営状態を考えた時、これは納得ではないですか? (ホントは以前からこれくらいの検査があったかも・・)
s-CIMG1222殆ど正常範囲でしたが少し外れたのがいくつかありました








「先生、ウオーキングはしても大丈夫ですか?」「大丈夫です。このフラフラとは関係ないと思いますが、無理はしないように・・」とのお言葉でした('▽'*)バンザーイ♪

今日は、病院から自宅まで歩いた(約40分)だけで、ウオーキングは終わりとしました。

s-CIMG1223入院した29日(日)の歩数











退院した日(30日)の歩数
s-CIMG1224s-CIMG1225












明日は弟宅へお礼を言いに行く予定です。勿論ウオーキングでですが・・・

liveaff0001 at 22:14│Comments(4)入院 | ウォーキング

この記事へのコメント

1. Posted by 長崎順二   2020年12月01日 20:38
無事で良かったですね。
2. Posted by kaz   2020年12月02日 07:56
 ありがとうございます。
今でも信じられないくらいの出来事でした。健康過信がこのようなことになったのだと反省しております。
 これからは朝、普通に目覚めたことに感謝して1日を大事に過ごしたいと思います。
3. Posted by アップルミント🍏🍎   2020年12月04日 07:59
1 続けて既読。。。

ヾ(>y<;)ノうわぁぁ
白内障手術どころかもっと大変な事が起こってたんですね〜(TT)

ご無事で何よりですε-(´∀`;)ホッ

脱水症状でもフラフラします٩( 'ω' )وヨー

那覇マラソンで脱水症状を起こし(自覚なくて)けっこうアチコチで水分補給頂いてたのですが、たりてなかったらしく( ^_^ ;)

フラフラしながら走ってた(歩いてた?)らしく、なんだかふわふわしてるなぁ〜(夢見ごごち)と。。。
次に気づいた時には、病院で点滴受けてました( ^_^ ;)

フラフラしながらそのまま中間地点で倒れたらしく、めっちゃソフト部のメンバーに怒られた若かれし頃の苦い思い出です( ´•ᴗ•ก)ポリポリ

何事も程々に!
ですよー(σ'∀')σ

P.S.
実は先週、義妹の旦那さんが脳梗塞で倒れて緊急手術後未だに。。。

なので、似た内容にビックリしました(๑oдo๑)!!
4. Posted by kaz   2020年12月04日 19:12
アップルミント🍏🍎さんへ
散々でした。
フラフラしてたまたま日曜日だったので、救急病院に行ったら、60項目の検査でした。
初めて脳の MRI も撮って異常なしでしたので、その点は良かったかなーと思いましたが、先生に「脱水症状でしょうか?」と言ったら「違うでしょうねー。軽い脱水でしたよ」「メヌエール病(耳)でもないようだし、脳梗塞でもないようです」てな具合で全ての検査で異常はみつかりませんでした。
しいて言えば 「自信過剰から来た無理がたたった」かな?

そういえば、知り合いの旦那さんがやはり脳梗塞で倒れて、症状が軽かったらしく、血管からカテーテル入れて血栓を取り除いて手術せずに済んだらしいよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気予報
Archives
livedoor プロフィール

kaz

マクロミルへ登録