気ままに全力疾走!

ショウチキの 全般的にのんびり生きて 遊ぶことには全力疾走の 気ままなお気楽生活

前十字靭帯再建手術

前十字靭帯再建3

さて、手術後です。

手術室をからHCUには入らず、ナースセンター隣の病室に一晩入りました。
当然手術した右足はギブスで固定されている他に、顔には酸素マスク、胸に心電図の電極、左腕は点滴と血中酸素測定用のプローブ、右腕は血圧計とナースコールのスイッチ、背中には痛み止めのチューブ、そしてムスコさんには尿管カテーテル😅
そう言えば両足に血液の滞留を防ぐための圧迫装置も付けていたわ💦

そんなフル装備の状態で過ごすんですが、一番辛かったのは高熱。
身体を切り刻んでいるので当然熱が出るんだけど、電気毛布も準備して頂いてあったようで・・・
とにかく2時間ほどはずっとうなされていたと思います。
看護師さんが来た時に「暑いようなら電気毛布切りますよ」って言われ、「それな!」って😆
電気毛布切ってもらったら快適になり、4時間くらい寝れたかな?
続いて襲って来るのは喉の渇き&空腹。
日付が変わったあたりからよく寝付けず、看護師さんが来るたびに「何時っすか?」って聞いてましたね。
だって、朝になったらご飯食べれるって言うかさー。
ちなみに6時頃に水だけは飲ませてもらいました。普通の水道水だったけど、美味かったッスねー。

オシッコは尿管カテーテルで垂れ流し状態なんだけど、思った以上に快適!だってさ、トイレに行かなくて良いんだぜ?😅

7時半になって待ちに待った朝食✨
いやぁ生き返りましたわ

フル装備の方は酸素マスクをとり、心電図の電極をとり、血中酸素のプローブとり、血圧計をとり、足の圧迫装置とり、だいぶ身軽になります。
9時頃だったと思うけど、身体を清拭してもらい、手術着からパジャマに着替えるんだけど、いよいよ尿管カテーテルとのお別れ式。
男の看護師さんがやってくれたんだけど、ショウチキとすれば今回の手術における、最大のクライマックス!
だって皆んながスゲー痛てーよって口をそろえるんスもん😱
ショウチキの緊張感が伝わるのか、変な感じで空気がピンと張りつめます。
口火を切ったのは看護師さんの「じゃあとりあえず空気吸いましょうか。大きく吸って、大きく吐きましょ」の声。
『そっか、緊張感を取るためにまずは深呼吸してから来るのか。痛いの嫌だから一気に頼むぜぇ』などと思いつつ、言われた通りに深呼吸した、2回目の息を吐いた瞬間、オォオォォォォ!
えぇこのタイミングなのーーー!
一気につるりん!と引き抜かれましたー。
上手だったせいか痛みはほとんど無し✨
目元が市原隼人似の可愛い男の看護師さん、あざす。

しかし、手術後のケアだからだけど、一晩中2時間おきに来て、献身的に看てくれる看護師さんの姿は、本当に白衣の天使って言葉そのものだなと感じました。
あれは恋するなー💕
結婚していなきゃ、スグに合コンッスよ😆
今回の入院で看護師さんの仕事の大変さがよくわかりました。
いろいろと、ありがとうございました、

さて、今回の前十字靭帯再建と半月板縫合手術の話しはクライマックスを書けたんで一旦終了します。
ココからは地道なリハビリの話になりますので・・・ん?なると思いますのでか。
ポイントごとに復帰までを書いていきたいと思います。

前十字靭帯再建2

さて、入院から手術です。

入院は前日の9時に来てくれと言われ、入院の手続きを済ませ、外来で担当ドクターの診察を受けて病室へ。
入院の荷物を持って外来で受診だったので、待合室に置いておく訳にはいかないから、誰かいると楽っすね。

病室はラッキーな事に、6階の窓際✨
景色が見れると気晴らしになるし良いよね。

病室へ行ってからは、時たま看護師さんが来て今後の流れや、手術の案内をしてくれました。
夕方にリハビリ室へ行き、リハビリの説明を受けてその日の予定はほぼ終了。
翌日の14時から手術の予定だけど、21時から絶食。

手術当日は6時に看護師さんが来て浣腸。
本物のプレイを愉しみました👍

絶食なんだけど、8時にOS-1ゼリーを摂取するように指示があったので飲みます。
10時半頃に麻酔科の医師が来て、麻酔のリスクについて説明。(本来は前日に行うんだけど、忙しく当日になっちゃった)
11時からは絶飲で、点滴開始。
13時頃家族が来てくれて、手術が始まる感、大盛り✨

ちなみにショウチキは全身麻酔での手術なので前日入院で、上記の流れだったんだと思います。
13時半にトイレへ行き、用を済ませたところで下着をT字帯に変えます。
あ、T字帯はいわゆる褌っス。

で、13時50分に手術室へ。

ココで説明のあった通り、腰から脊椎の硬膜に1ミリ程度のチューブを挿入します😱
術後の痛みをブロックする為の物で、常時ブロック注射してる状態と考えれば良いすかね?たぶん。

その処置が終わり仰向けになり、酸素マスクをあてられ、看護師さんが「これから麻酔を入れていきますよ〜」と。

いよいよ手術開始!!

と、思ったら、「ショウチキさん、わかる〜?わかったら、手を握りましょう」と促され、手を握り、ぼーっとしながら『あぁ手術終わったんだー』と思いつつ目を開けた瞬間、口から、つるりんと何かが引き抜かられ覚醒。
あらためて周りをみて、口から抜かれたのは呼吸管理用の挿管チューブだと気が付きました。

前置き長かったけど、手術に関してはこんな状態でした。
微妙に夢を見ていたかなーって気がするけど、定かではないっス。
ちなみに手術時間は5時間!
担当ドクターの説明では手術は上手くいきほぼ予定通りだったけど、開けてみたら外側の半月板は酷くて、取るものは取り、縫えるものは縫ったとのこと😵

自分は一瞬で手術が終わったけど、5時間もの間、手術を行って頂いたドクター、看護師さんに大感謝です。

以上、手術までのお話し😊
術後の話は次回にします!

前十字靭帯再建

さて、手術を受ける前ですが、ただ手術したいから入院とはなりませんでした💦

まずは予約を取り、個人医院の案内状と1年前のMRI検査のデータを持って行きます。
当然ですが現状を見るために再度レントゲン撮影やMRI撮影を行い、ドクターに診察してもらいました。
1年前のデータと現在を見比べて説明を聞くんですが、そこで「ショウチキさん、1年前のを見ると、切れてるねー」って言われたんすよ。
多少は残ってると思っていたから、それなりにショック😱
「前の状態と比べて現在の状態は、半月板も損傷しちゃってるねー。ほら、ココ割れてるでしょ?」なんて言われ、「あとはいつ手術するかだねー。仕事の関係もあるだろうから、決まり次第連絡して下さい。」そんな運びでした。
あ、結構テキトーな言い方してるように書いてますが、ドクターは凄く良い人です。
知りたい事や、お願いしたい事はちゃんと聞いてくれますしね。
その日に手術を決めたので、装具屋さんに測定してもらって装具を注文して終了。

そんなこんなで、職場とドクターと相談し日程を決めたんだけど、今度は手術前の検査をしますって話しです💦

今度は血液検査、心電図、筋力測定もろもろこなして最後に診察。

で、数日後にやっと入院になりました。
この間が約40日掛かりました。
ちょうど職場の人事異動と重なったので、もろもろ先送りになってしまったんです。
ちなみに最初の検査費用は紹介状があったので初診料なしで約1万円。
入院前の検査も約1万円。

今回はなんとか仕事ができていたので、数日かけて検査を行いながら入院に備えると言った流れだったのでこんな流れだけど、救急外来とかで受診し怪我してスグに入院、手術になればもっと簡単に検査とか終わったのかなと思います。

入院までの流れはどちらが良いかは別として、救急外来で入っても、前十字靭帯や半月板は命に関わる箇所ではないので、ドクターの手術の予定とかがビッシリだと、一度退院して後日と再入院とかもあるかもしれないっすねー。

と、まぁ入院まではこんな流れでした。
続きはまた後日。

わたくしごとデス

約2ヶ月ブログ書きませんでした💦

今日書いているのは、突然ですが、右膝の手術を受けることになりまして。
自分が手術を受けるに当たり、せっかくなんで、記録を残していこうかなと。

ドクターの診断は、前十字靭帯断裂による靭帯再建と半月板縫合。

ことの発端は、昨年の3月、スキーによる負傷。
最初に個人医院で受診し、診断は前十字靭帯の損傷もしくは一部断裂。
ドクターと話し「トップアスリートでもないし、年齢もありますので、今の状態で様子をみる」という事になりました。

注意しながら生活していると案外いけるもので、怪我前にやっていたロードランもトレイルもできたんすよねー
ただ、フットワーク系と全力疾走とかはダメ。

今シーズンは無理しない程度にウィンターシーズンを始めたけど、思った以上に滑れたんで普通に滑ってました。
で、3月1日に今シーズン初のコブを滑り、何本か滑ったところで、ヒザ抜けと言うかヒザ折れみたいになって「ヤバい!」と思った時には遅く、ヒザに激痛が走り大転倒😵

ヒザは1年前よりパンパンに腫れるし、総合病院を紹介してもらって検査すると、最初の書き出しの通り。

ドクターの「ショウチキさん、手術しましょ😵」の言葉で決心しました。

と、これが全体の流れっす。

続きは、後日!
なるべく近いうちに💦💦💦

楽天市場
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

ショウチキ

あし@
記事検索
  • ライブドアブログ