2012年04月

現況か更地かパートⅠ


知人から昭和49年築の家を売却してほしいとの依頼がありました。

土地は78坪。

頭では更地引渡しかなと思いながら現地へ・・・

地形は北西角地、環境的にも申し分なし。

庭を拝見すると家主さんのこだわりが見受けられ、手作りで木製の
様々な物が飾られています。

アンティークな雰囲気でレイアウトされています。

すずめ小屋も一杯置いてありかなりすずめも来たそうです。
画像 015


画像 020

画像 017


外観はやはり昭和49年なので解体の方向かなと思いましたが、
この庭を気に入ってくれる方がいたらこのままの現況で購入して
いただけないかと思いました。

これはとりあえず家の中を見せてもらってからの判断と思い昨日、中を見せて
頂きました。

拝見させてもらいこれは解体はもったいないかなという気持ちになりました。

浴室もキッチンも入れ替え済みでした。

画像 006

画像 007

リフォーム希望のお客さんもいたので現況での売却が望ましいと思い早速
お客さんにその場で電話をして本日案内をしました。

画像 009

       (奥の部屋の窓前に作業場が)

画像 016

日当たりもいいので一応気に入って頂いたようです。

リフォームの見積もりも含めて検討に入ります。

愛車と過ごす家

昨年、土地を購入して頂いたお客さんの住宅が完成しました。

DSCF2021


それもリビングから愛車を眺められる住宅です。

DSCF2020
DSCF2011

すごく車を大事にされている方で手入れもきちんとされています。

バイクも所有されていて同様手入れが行き届いています。

愛車を大事にされるから当然ガレージ付きの住宅にされたのは当然です・・・

しかし愛車を眺めながら食事が出来る家造りはなかなか出来ないものです。

それを実現しました。

コンセプトは聞いていたので私も完成を楽しみにしていました。

・閑静・な住宅街にやっと・完成・しました。それもお客さんの・感性・が活かされて・・・

DSCF2009

・マイカー・を見ながら刺身いいですね、それも・真イカー・お酒の量も進みそうです。

・バイク・を見ながらでは食事の量も普段より倍食べれる?(・倍食う・)かもしれません。

それは差し置いて思いが込められた愛車と共に過ごせる満足感を得られる
のは間違いありません。

住宅を建てる時には様々な理想のイメージがありますが、今回は珍しい貴重な
夢の形を拝見させて頂きました。

いずれにしても建築屋さんがオーナー様の意向を取り入れて納得のいく住宅が
出来上がった事は素晴しい事です。

こちらの建築屋さんの施工事例を少し見させてもらいましたが、斬新的なデザイン
の住宅が結構ありました。

今後、我々も更にお客様の思いを形に現していく仕事をしていきたいと思います。







合致

先週、以前から親交のあった方が転勤で帯広の地を離れなければ
ならないという事で一報がありました。

10年前に新築をされたマイホームをお持ちです。

そのご自宅を転勤した後、賃貸したいとの打ち合わせでお伺いして
きました。

オール電化住宅で築10年とは思えない程きれいなご自宅です。

レイアウト、調達品等奥様のセンスが光るコーディネイトもされています。

清潔感が漂い好印象を与えられる室内です。

敷地も広く、ご自宅のすぐ横は公園で申し分ない環境です。

しかし私が一番申し分ない物件と思ったのは、間取りと施工でした。

玄関を入りホール少し余裕のあるホールが・・・・

手前にリビング、左にトイレがありその奥引き戸を開け脱衣場、浴室
そしてさらに引き戸を開けるとキッチン、リビングへ・・・

つまりグルッと家を回れる間取りでした、それもバリアフリー施工・・・

私にとっては何というタイミングかなと思いました。

実は5月から入居希望の法人様の依頼案件を探していました。

それも入居される奥様が車椅子の為、バリアフリー施工のマンション
の希望でした。

マンションでもバリアフリー施工はありますが、殆んどがリビングを
通じてトイレ、脱衣場へ行く施工になっています。

この様にどこからでも自由に動け、ゆとりのある物件はなかなかあり
ません。

5日後に案内予定になっていましたのでこのタイミングで理想の戸建て
物件との縁を頂くとは思ってもみませんでした。

貸主さんにもその旨を話し、昨日、案内させてもらいました。

お客さんを物件にお連れし車を止めたとたん「あれこの風景夢で見たな」
との事。

今度引越しするところはこんな感じの場所みたいな夢を見たそうでこの
物件の北に面した住宅がその夢に出てきた家にそっくりだったみたいです。

案内する前から縁を予感させられました。

お客さんも一通り部屋を見たら、「ここでお願いします」と即決でした。

本人も綺麗な家に満足していましたが、奥様の事を考えるとこれ以上の
物件はないと思っていただいたようでした。

住宅を建てた当時、建築屋さんがこの近辺の住宅をすべてバリアフリーに
推奨していたようでしたが、グルッと一回りできる間取りの家は2件だけだ
ったみたいです。

貸主さん側もまさか購入した家を貸すとは思ってはいなく急遽貸さなければ
ならない状況。

借主側も奥様が今年からたまたま車椅子になられて急遽転勤で帯広の地へ・・

いずれにしても双方の意向が・合致・できた事は嬉しい限りです。




決断のタイミング

賃貸は管理物件の入居、退去の対応や新規案内、
売買でも土地、中古物件の契約等で繁忙期の為
ゆっくりとブログを書けずにいました。

本日も3日前に賃貸で案内した方がある物件が職場
にも近く気に入りましたが、昨日迄に返事をするとの事
で帰られました。

昨日返事がなく今日昼にあそこでお願いしたい旨があり
申し込みを頂きました。

しかし何とその物件が午前中に申込みが入りましたとの
事で諦めるしかありませんでした。

お客様も残念がっていましたので代替物件の提案をしようと
時間をもらいました。

その方の職場近辺を探していると、募集のポスターが貼って
いない空室を見つけました。

オーナーさんもわかりお会いしてきました。

丁度退去したばかりでこれから募集との事・・・

早速鍵をお借りしてお客様を案内しました。

本命物件より職場に近く、尚、築年数がかなり新しいのに同じ
家賃でしたので速決でした。

今回はたまたま本命物件の決断のタイミングがずれましたが
逆に後の物件の方をより気に入ってくれたのでホッと一安心
でした。

決断のタイミングが悪かったり逆にそれが良かったり判らない
ものです。

プロフィール

liveco_obihiro

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ