先日、土地の売買がありました。

ここの土地には30数年程の建物が建っていました。

余裕のある土地なので庭木もありました。

売主様が相続したものですが、親の思いが詰っているので出来れば建物は
解体をしないで庭木も使ってくれる方がいれば、有難いとおっしゃっていました。

しかし今回購入された方は新築希望で建物は解体し庭木もすべて撤去される
事になりました。

金融機関で取引も無事終了した・・・その時

買主の奥様が売主様へ・・・

「この度はありがとうございました。それから、庭木もすべて切ってしまって申し訳
ありませんでした。きっと色々な思い入れがあった庭だったと思うので、それを生
かす事ができなくてすいません」と言って涙を流されました。

なかなかこうゆう心境を素直に話される方は少ないですね。

売主様も「00さんみたいな方に土地を購入して戴いてこちらも有難いです、どうぞ
大切に土地を使って下さい」

こうゆうやり取りは仲介する側にとっても本当に嬉しく、感動する場面でもあります。

売主様の本来の思いは叶いませんでしたが、これだけ土地に対して相手の思い
入れをくみ取ってくれて大切に使ってくれる方に縁があって売主様も本当に満足
して頂きました。

これからもこうゆう売買を沢山していければ有難いですね。