◆この約3ヶ月…本当に、ず〜っと怠けてきた。
◆7月から始まった、約2ヶ月間:3回の個展のダメージがあったのは確か。体調も、どんどん悪くなったのだけれど!
8F80B28B-6653-40E3-AA8C-5B6711083D1A
*絵手紙風自作作品〈捨てて捨てて〉墨+透明水彩.
 
◆そんな中…細々と描(書)いてきた作品の中から、数点を紹介したいと思います。

◆はじめに、絵手紙風の作品から。
◆上の作品は、敬愛する“一遍上人“をモチーフにしたもの。

D686DE2B-9818-46B4-85C1-2FD88348FF51
                              *同上〈とぼけ顔〉同上.

◆こちらは、憧れの日本画家:田中一村を真似て描いた“スジナメモンガラ“という南海の魚。
◆愛嬌のある顔が、何故か切なくて惹かれたのだけれど…。残念ながら、駄作になってしまいました。

DDEB5052-18CC-41D1-BF49-6BC4CB6A46ED
                              *同:絵葉書〈青嵐〉墨.

◆これは…ウィーン分離派の画家:エゴン・シーレをモチーフにした絵葉書。
◆いずれも、短時間でイチオー完成できるのが魅力で…。不自由な手ではあるけれど…こんな中途半端なことをしていていいのかという疑問も…。

1593DDD5-0728-4C32-A054-979D9814D51D
                              *同:書〈病苦とともに〉

4E73FC9B-26A6-43C2-AC41-691F54A7252D
                              *同:書〈夢〉.

◆書のようなモノは俳句も含めて、かなりの数を書いてきた。自他を励ますための“言葉探し“は、オリジナルなモノにするのは難しくも楽しいことだけれど…こちらもやっていることは中途半端かな?!

◆数日前に、大量の墨汁と大きな下敷きとを入手。大作にチャレンジしようと考えているところ。
⇒個展後…兄から大き目の筆を貰ったので。
 
6024C7BC-26D8-46A9-A388-679599331AF2
                              *同:墨絵〈スフィンクス墨.

◆あっちこっちと寄り道・迷い道を続ける“けら才“ぶりですが…さてさてどうしたらいいものか?
◆自分でも呆れながら…。

2F0FE498-CB6C-44AB-B79C-14D7BFC68B3E
                              *同:着彩〈須菩提尊者〉鉛筆+透明水彩.
   
◆こちらは、着彩スケッチの最近作。
◆やはり、じっくり腰を落ち着けて描くべきか? 甘えを払拭して制作すべきか? 絵手紙風“ヘタウマ“世界に止まっていてはいけないかな!?

5F4249AA-285C-4746-9A79-D6FB63140CE5
               *同:篆刻〈ひろし、他〉

◆すぐ吊ってしまう手で彫った篆刻。コントロール不能な利き腕ゆえ、タイしたものはできないが…これも比較的短時間でできる作品だ。
⇒彫ることも押印も上手くできず…。



  
◇“制作”なんて言えるシロモノじゃなくて、“手遊び“としか言えないけれど…。恥を晒して、今後の励みにしようと!?!
◇体調は悪くなるばかりで、良くなることはないようだ。歩けなくなる不安や手が使えなくなる心配、そして失明の恐怖…。希望の光が見えない中…自分を律して生きることは難しいが、なんとか“目標”を定め、“夢“をみることで生きてゆきたいと思う。
◇◇3月の個展に向け…油絵にもトライしなくてはいけないか?!



★ お知らせ ★

◇12月から、このブログ〈ART de 寄り道 回り路〉に、闘病ブログ〈闘病曼荼羅〜再起のための言葉探し〉を組み入れて統合し、新たなブログ《ART de 再起〜闘病曼荼羅(仮題)》として再スタートしたいと考えています。
◇しばらくは、内容が錯綜することになるかもしれませんが…分量を減らして簡素なものにしてゆきたいとも考えています。よろしければ、ご登録いただき…また、お付き合いいただければ有り難いと思います。



★ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。[Hiro-A]