Hike de 俳句

螻蛄才Artistの実験俳句工房《おけら亭》🍀 五感を解放して、いつでも好奇心。何にでも、チャレンジ!?!

思いがけない出逢い・小さな驚きを俳句と写真でまとめ…日々の記録として残しています。〈俳人の一句〉付き。“湧”同人、俳人協会会員。
時々…“書”のようなモノも書いています(⇒見出し末尾に*印)。

✴︎世知辛い人の世離れ  花御堂

9DFD0A8C-226C-4A97-91F1-511EAD86DE57
       …………  *せちがらいひとのよはなれ  はなみどう  No.1797   …………

◆4月8日は、“花祭り”。お釈迦様の誕生日なのだが…。
◆クリスマスだバレンタインだと騒ぐのに…何故か蔑ろにされているように思う。

861FCDA8-2728-40FD-B770-F86BF00369F9

◆欲望礼讃と言うか…“この国はショーバイっ気主導で動かされているのか”と感じることも多くて。
◆“無宗教”などと言われたりもするが…宗教や信仰に対して、もう少し仏教徒としての自覚があれば、もっといい国になるんじゃないかと思うのだけど!



【俳人の一句】

《いと小さき萩寺さまの花御堂》 石塚友二
《エリーゼの為に五月蝿し花御堂》 佐々木六戈

◆“カミ”も“ホトケ”も存在しないと考えているしたら…謙虚さを忘れているということかもしれませんね?



  Y  

◇円覚寺管長の横田老師が“不愉快”と仰ったクリスマスの喧騒。“こんなにキリスト教徒がいるとは思えない”とも言われたのは、日本人の無節操ぶりやエコノミックぶりに対する警告なんだと思う…。
◇不愉快な現象は治りそうもないが!

〔“多様性”  無節操をも正当化?!〕★川柳★



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

■気の滅入ること振り払ひ  諸葛菜

FBECA354-D95D-42C8-87E3-9FE820B16F55
       …………  *きのめいることふりはらい  しょかつさい  No.1796   …………

◆一日中、痛みに耐えているような毎日が続いている。
◆精神的な消耗もソートー“あり”で?!

B07DF85F-6D30-48EF-8860-F93B412E6CE7

◆気持ちも滅入るばかりだが…これを打ち破る名案はなかなか思い付かない。
◆“常楽”の策は…何処に?
〈振り払ふこと数多あり  諸葛菜〉



【俳人の一句】

《あるままに余生過さん諸葛菜》 水原春郎

◆ウ〜ン「あるままに」かぁ!? 
◆そうできるなら、いいのだけれど!



⌘  ✴︎  ⌘ 

◇ノーテンキな物言い・無責任な発言には付き合いきれないけれど。何とかしなければ…“自分”が壊れてしまいそうだ。
◇今日もすでに…激しい腕の痛みに襲われること数回! 愚癡俳句になってしまったが、挫ける訳にはいかない!!

〔振り払いまた身を躱し  諸葛菜〕★川柳★



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

✴︎人の世に少しの未練  櫻餅

9E1C78D0-CF48-4895-8283-343B6F492C27
       …………  *ひとのよにすこしのみれん  さくらもち  No.1795   …………

◆“笑顔でいればいい”・“楽しめばいい”⇒そうすれば…“心次第で幸せになれる”と言うのだが。
◆本当かしら?

C30870AE-D9AA-48CE-A800-B80B14515B0C

◆ムロン“幸せ”など望んでいないにしても…“笑顔になれず”、“楽しむこともできない”人間はいて!
◆それでも生きていれば、“春”を迎え「桜餅」に出逢うこともあるのですね。
〈桜餅ひとついただき 苦笑ひ〉



【俳人の一句】

《いさくさはどこの家にも櫻餅》 久保田万太郎
《うかれたる心も少し桜餅》 星野立子
《あすよりは妻のほとりや桜餅》 長谷川櫂

◆「桜餅」の季節になって。「いさくさ」にも平然としている人・少し「うかれ」る女・「妻のほとり」に安んじる男。ウ〜ン、いろいろですね?!



⌘  ✴︎  ⌘ 

◇新年度が始まり…予後余生の身に、タイした覚悟もないが。「未練」などという言葉を持ち出してしまった。「櫻餅」に誘われたフィクション句ということになるか?   それとも「櫻」の霊力か、“エイプリルフール”のせいか?
◇◇振り切っても振り切っても…“難病”から逃れる術は無いらしく。新年度も苦闘は続きそうだが…難病患者や障害者に寄り添う“言葉”を探し出したいと思う。

〔俺だけはそうじゃないぞと  四月馬鹿〕★川柳★



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

✴︎いちりんの花の余生のいくばくか

9DD5C451-779F-430F-BB63-2D6D6875D319
       …………  *いちりんのはなのよせいの  いくばくか  No.1794   …………

◆「花」の時期になったが…今年はどこへも出掛けることあたわず。
◆近所の、庭先の“桜”を愛でている。

334AFC20-E5B4-4F43-B68A-8896781792A5

◆すでに風に舞い、散り始めているものもあり、下草や地を染めている。
◆今年…我が家の庭木のほとんどを伐採。儚さゆえに、より心惹かれる存在になったか。



【俳人の一句】

《人体冷えて東北白い花盛り》 金子兜太

◆兜太先生の鮮烈な句!
◆詠んだ時期は不明ですが…「東北」に注目した句ですね!?
⁂ムロン、大震災前のこと!?



⌘  ✴︎  ⌘ 

◇これまでの症状〜首から下の痺れ&手首・右肘・尻・右脚付け根の痛み〜に加えて、一昨日から両肩の痛み・昨日からは両膝から下の痛みも酷くなって、歩くのはモチロン、椅子に座っているだけでもツラい状態。
◇◇薬も効かず、打つ手はなく。どうなってしまうのか!?!

〔麻痺の身の  一病息災とは如何に〕★戯句★



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

■連翹の  日々に小さな物語

4BFCA227-1C48-467B-B02F-7B6772C4820D
       …………  *れんぎょうの  ひびにちいさなものがたり  No.1793   …………

◆我が狭庭の連翹が咲きそろった。

1DBCFABA-48D4-4B32-9A03-15B7121AADD3

◆明るい色だが、ひとつひとつは小さな花。俯きかけた姿は、やや淋し気でもあり。
◆我が家で、春を告げる花のひとつ。さて、どんな春の物語が始まるか?



【俳人の一句】

《いかるがの暮色連翹のみ暮れず》 和田悟朗

◆「いかるが」でも…小さな物語が始まるのかも?!



  Y  

◇2日ほど前から、庭の伐採が始まった。
◇近所の子どもに“ジャングル”などと揶揄された狭庭も、もうすぐスッキリしそうだ。



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

このページのトップヘ