■店先にジャスミンにほふ 定休日

               …………  みせさきにジャスミンにおう  ていきゅうび  No.887  …………

◆クロッキーブックを買いに、画材店へ行った時のこと。


◆シャッターが下され、思いもよらぬ「定休日」だった。「定休日」が変わったとのことで、店の女主人が店先で花々の手入れをしていた。
◆店先の小さな花壇と鉢植え…鈴蘭や鉄線、名も知らない花々を咲かせていた。そして、ジャスミンも。なんとも、匂やかな「定休日」。
◆二言三言話をして帰ろうとすると、女主人に呼び止められ…無事、クロッキーブックを手に入れることができた。


【俳人の一句】

〈茉莉花の香指につく指を見る〉 横光利一

◆珍しい、横光利一の句を発見! 
◆句意はよく分からないが…見えないはずの「香」を見るように「指を見」たというところが眼目か。
◆5・6・5でも、不自然さを感じない不思議なリズム感。あるいは…6⇒5・5なのか?!
☞「香」は"か"と読むのか、それとも"かおり"?!
◆さらに「茉莉花」 は、"まりか"とも読むというが……?!?!


⌘ Diary ⌘
◇深夜、目が覚め…気象学者:藤田哲也博士のドキュメント番組(NHK)を見た。途中から見たのだけれど…"ダウンバースト"や"マイクロバースト"の研究で、かつて起こった航空事故の原因を解明し、今日の航空機の安全飛行にも大きな功績のあった人物だという。現在、私達もその恩恵に与っていることになる。全く知らない方だったが、こんなに素晴らしい日本人のいたことを知ることができ、うれしかった。
◇この番組の中で、「もし50%が正しかったら、価値ある人生だったと言える」という藤田博士の言葉が、特に印象的だった。


*ブログ・ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援していただけるとうれしく思います。[Hiro]                             
    

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村