■夏の虫  小さき殺生して慙愧

7127686E-D73B-478E-B925-CE3C94C0AACC
       …………  なつのむし  ちさきせっしょうしてざんき  No.1730   …………

◆「夏」になって、いろんな「虫」が私の机上にやって来るようになった。

35D789EF-0B93-41C4-BDB5-736FEDD349D6

◆思わず、反射的に殺生をしてしまうのだが…。彼等にしてみれば、理不尽な出来事だろう。
◆漂泊なのか放浪なのか、ハタマタ冒険なのか…まさか彼らに“物見遊山”などないと思うが。いずれにせよ、こんなことを“運命の悪戯”というのかもしれないな!?
〈殺生に大小はなし  夏の蟲〉



【俳人の一句】

〈夏虫の死んで落ちけり本の上〉 正岡子規

◆まさに、こんな感じ!
◆拙句の場面は、iPadやクロッキーブックの上ですが…。



⌘  ✴︎  ⌘ 
◇体調が悪くなり…メッキリ、やる気が減退したようだ。
◇今日は朝から、何度も激しい痛みに襲われ…呻き声を上げた。トニカク動くことが痛くて辛くて、億劫になってしまった。
◇◇“俳句”は、明るく前向きであるべきなんだろうなと思う。滑稽だったり軽妙だったり…私にはなかなか難しいことだけれど。
◇◇“それなら”ということで、陰陽虚実・ノーテンキ…天邪鬼な自身の健康のためにも、タショー無責任な“川柳”でも作ってバランスを取ろうかと!?!
〔夏の虫  散歩がときに死出の旅〕★川柳★


お知らせ
 《Instagram☞0164_aizawart》週に3回ほどPostしています。こちらもご訪問ください。


 
ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村