■将らずと迎へずとのみ  古日記

50A10C49-798F-4598-A254-1A40AC6AD267
       …………  *おくらずとむかえずとのみ  ふるにっき  No.1774   …………

◆「将(オク)らず」「迎へず」は『荘子』にある言葉で、“過去を悔やまず未来を憂えず”というほどの意味。
◆そんな言葉を拝借して、詠んでみた句…。

77F800C7-3B5A-4899-ADDE-15B6AE21D514

◆「蔵(オサ)めず」という言葉が続いて…こちらは“恨みなどを残さず”というほどの意味だという。
◆いずれも“座右の銘”にしたいような言葉だけれど…思うほど実践することは叶わないもの。



【俳人の一句】

《克明に一病記して日記果つ》 楢原清子
《古日記心貧しき日は飛びて》 朝倉和江

◆皆さん…「古日記」に“佳き”ことを記すことは、なかなかできないようですね?!



⌘  ✴︎  ⌘ 

◇1年の終わり。2020年はコロナ禍に明け暮れた年だったが…特に8月あたりから麻痺がヒドくなり、日常の起居にも支障をきたすようになってしまった。
◇気力というかやる気というか、そんなものもスッカリ萎んでしまい…散歩や買い物に出掛けることも、庭に降りることさえ無くなった。
◇◇テンガイコドクの身とは言え、周囲からトーカンシされるのはツラいもの。独り悶々と過ごすことが心身ともに良い訳はないのだけれど。何の役にも立たない人間だけれど…さて来年からはどんな暮らしをしたらいいか・何を指針にしたらいいのか、この年末年始に考えようと思う。



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村