Hike de 俳句

螻蛄才Artistの俳句工房《おけら亭》🍀 五感を解放して、いつでも好奇心。何にでも、チャレンジ!?!

カテゴリ:人生・生き方 > 旅行・旅

■青春の鴨川デルタ  雪解けて
 
091EE082-EE98-44D9-A45D-B1029CC7C385
       …………  せいしゅんのかもがわデルタ  ゆきとけて  No.1718   …………

◆先日、《京都  青春の鴨川デルタ》というTV番組を見た。
◆昼夜“72時間”、老若男女の集う“鴨川デルタ”に密着して…いろいろな人物の現在・過去の「青春」を捉えようした番組だった。

ED9F4BE0-7DBD-4907-92F6-CC75ADDF26B9

◆現役大学生・かつて大学生としてここで過ごした人など、この「鴨川デルタ」に強い思い入れを持っている人は多いようだ。
◆私にとっても奈良・京都は、仏教寺院が多いことで若い頃から親しんできた場所。そして、2人の子どもが学生時代を過ごすことになり何度も訪れた…思い出深い所。
〈青春の思ひは消えず. 雪解川〉



【俳人の一句】

〈たはぶれに美僧をつれて雪解野は〉 田中裕明

◆「雪解野」を、こんな色っぽい句にしてしまうなんて…さすがですね?!



Diary
◇百万遍や下鴨神社・糺の森も近い「鴨川デルタ」…。かつて、この辺りは何度も歩き…こんな句を作ったこともある。
〈花の塵  訊けばめしひの犬と言ふ〉
しかし、“無常迅速”!?!    不自由な身体になって…もう2度と訪れることはないかもしれないな?!
 


ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
 

■二人とは追いつ追われつ  紅葉狩

A342CBD2-5EC4-47B2-9C87-0E4F6CEB7E91

◆久々に…ちょっと遠出のドライブをした。

E3EC62B3-4D57-4C5D-B10A-8B8569BAD019

◆身体が不自由になってからは、夫婦「二人」で出掛けることも少なくなって…。
◆ムロン、何を求めるでもない「紅葉狩」だが…やや甘い、恋愛仕立てのフィクション句にしてみた。



【俳人の一句】

〈このさきは如何なる処紅葉狩〉星野立子

◆ウ〜ン、やはり「さき」は見えない…ということでしょうか?!



Diary
◇久々の遠出で。往路、体調が悪くなったりもしたが…「紅葉狩」をして、無事帰宅。
◇どこもかしこも人が溢れて…人を見に行ったような感じもするが…。それでも、あちこち寄り道をしながら…ほぼ半日、自然の中でゆったり過ごすことができた。


 
ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
 

■カーネーション  下り列車の窓際に

C394218D-8E50-47A1-BAB6-24FD3C64047A
               …………  カーネーション  くだりれっしゃのまどぎわに  No.1530  …………

◆この夜…我が家の食卓には、小さな「カーネーション」の花束が!?   その後は…私の妄想で、掲句に辿り着きました。スナワチ…。
◆都会から夜の新幹線で戻った連れ合いの、今日1日が私の脳内で推理・再現された訳です…。その最終章が、掲句の情景ということになったのでした。



【俳人の一句】

〈花売女カーネーションを抱き歌ふ〉 山口青邨
 
◆「花売女」と言えば、映画『街の灯』を思い出してしまう私ですが…。



Diary
◇「カーネーション」は、感謝の気持ちを込めて母親に渡す花らしいのだけれど。そのままだと、ちょっとストーリーが詰まらない。
◇まぁでも、今日はここで…妄想活動は、停止ということにしよう!   いつもじゃ困る、妄想ごっこ?!



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]

■夏の川  越えてライブの隣町

33A4702C-5965-4C96-9BF1-719E93A5C01B
               …………  なつのかわ  こえてライブのとなりまち  No.1513  …………

◆この日の夕方…ライブを見に、隣町へ!

F77901E9-D618-4F33-BDD1-496BF2E2D34C

◆一級河川“”の河口付近の橋を渡り、隣町のライブ会場へ…。そこは…若者達が集い、叫びまくる“絶叫”のライブ会場だった!  
◆ストレス解消?!   息抜き・ガス抜きの場?!   自己満足?   トーゼン…
〈夏川を越すうれしさよ手に草履〉蕪村
が、頭の中にあってできた句だと思います。



【俳人の一句】

〈夏川へ茂吉となり切るまで坐る〉 奈良文夫

◆ウ〜ン…「夏川」との、こんな対峙の仕方もあるのかぁ!?


 
Diary
◇いろいろな“ライブ”があるのだろうけれど…。カエッテ、心が荒んでしまったような?!
◇この日はこんなことがあったけれど…ソソーもあり、無聊な心はなかなか埋められないもの。非生産的な毎日に耐えられなくなってきたような…。
◇“一物也無”!?!   心も荒み気味…何とかしなければ!?!


 
ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 

■不自由な身にも柿の葉鮨届く

D3615F1D-3721-4243-8812-79D5DCE5CF12
               …………  ふじゆうなみにもかきのはずしとどく  No.1508  …………

◆いやいや、懐かしい!   学生だった娘が、よく土産に買って帰った「柿の葉鮨」…。

27D78588-B76D-4630-B33B-169D83281D9B

◆この日は思いがけず…その「柿の葉鮨」を、久々に味わうことができた。
◆2年前…2つの難病に襲われて以来、いろんな方からいろいろなお見舞いや励ましの言葉ををいただいた。人の言動に一喜一憂もして…人の思いに対する自分の受け止め方も、ズイブン変わったように思う。



【俳人の一句】

〈したたかに柿の葉鮨の締まりけり〉 長谷川櫂

◆「柿の葉鮨」そのものの描写…それも“かたさ(形状?!)”に焦点を当てて!?
◆いろいろなアプローチがあるものだな!?   そしてプロは、ひとひねり…するのですね!



Diary
◇いずれにしろ…何かインパクトのある思い出や記憶が、その食材の味の決め手になるのかもしれないな?!
〈思ひ出が味の決め手よ  鯖の鮨〉
◇◇前回の転倒(5/7)以来ますます、動くこと・移動することが億劫になってきた。家の中でできるだけ歩くようにしているが…歩数計も、このところ2000歩には届かない…。
◇◇手足が動かなくなり歩けなくなる不安、そして失明の恐怖…。何とかしなければと思ってはいるが、何もできず…まるで、悪のスパイラルに落ち込んでゆくようだ?!?



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 

このページのトップヘ