Hike de 俳句

螻蛄才Artistの俳句工房《おけら亭》🍀 五感を解放して、いつでも好奇心。何にでも、チャレンジ!?!

カテゴリ: 自然・風景

■夢もまた迷ひのひとつ  シクラメン

797C8AB5-4C67-4D6E-91ED-055741AEC2B1
       …………  *ゆめもまたまよいのひとつ  シクラメン  No.1786   …………

◆窓際に一鉢のシクラメン。いつからあったのか…。
◆一見しおらしく見える「シクラメン」だが…フリルのような花びらの裾模様を見ると、案外強かな花なのかもしれないとも思う。



【俳人の一句】

《いとけなき蕾かくれてシクラメン》 行方克己
《お転婆な花弁を持つシクラメン》 田川飛旅子

◆「シクラメン」 の個性も、“いろいろ”なのでしょうか?!



⌘  ✴︎  ⌘ 

◇上腕(両腕)の痛みは拡大し頭痛と吐き気が加わり…この1週間の万歩計の1日の数字は、900〜2500歩! 痛み(仙腸関節痛?!)が、もう少し治ればいいのだけれど。
◇◇YouTubeで「花を見て“かわいい”と言う人間は傲慢かも!?」という篠田桃紅さんの発言に出逢った。そうかもしれない…深いところを突いているなと思った。



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■蝋梅の  己が身ぬちに生れしもの

EDC0F91C-EA3C-42E4-84E8-4ED2CFACF396
       …………  *ろうばいの  おのがみぬちにあれしもの  No.1783   …………

◆我が家の狭庭に、水仙とともに春を報せる花…「蝋梅」。
〈蝋梅の  生れし宇宙をまだ抱き〉
A5430EF2-90F2-4F02-A6FC-9DC6DD61B7B5

◆近くで観察してみると…その透明な花弁と何かを抱き締めるような形に驚いた! 
◆透明と言うより半透明!? かつて、人の肌を表現するのに苦戦したことを思い出した。
〈蝋梅の花  それぞれの宙(ソラ)を抱き〉



【俳人の一句】

《咲きつゞく蠟梅にある寒の日々》 高木晴子

◆ウ〜ン、“継続”を捉える視点でしょうか?!



  Y  

◇年が明けてから、体調は悪いまま。ほとんど何もしない日々が続いている。心が萎えてゆくようだ。



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■迷宮に  碧梧桐忌の朝迎ふ

44A1FE3E-6697-4229-9685-14B7A84C05F5
       …………  *めいきゅうに  へきごとうきのあさむかう  No.1782   …………

◆遠い昔…俳句とともに出会い、心惹かれた“碧梧桐”…。
《曳かれる牛が辻でずつと見回した秋空だ》碧梧桐
◆滑稽・挨拶・即興…?!

F34C230F-2418-4916-9B34-D3208143DD94

◆2月。新たな“覚悟”をしたはずだが…。せめて、“愛すべき愚かさ”をと思う。
〈迷悟不二  碧梧桐忌の夜は明けず〉



【俳人の一句】

《碧梧桐の忌なり墨汁飛び散つて》 内田美紗
《今昔をけふも読み居り寒明忌》瀧井孝作

◆ウ〜ン、「寒明」忌でもあるんですね?!



⌘  ✴︎  ⌘ 

◇一日中、激しい痛みに苛まれ。“新たな覚悟”の初日に…挫折!?
◇このブログも、できるだけ負担を軽くして…穏やかな心を保てるようにしたいと思う。



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■譲り合ふ美徳吾等に  河豚汁

49927048-E47A-43D7-A80E-472CA6317BC1
       …………  *ゆずりあうびとくわれらに  ふぐとじる  No.1779   …………

◆コロナ禍の中の年末年始。「河豚」俳句の第2弾。
◆子等は帰郷せず、いつもの年とは違うものになったが…。

501D26B4-ED09-4D1A-AAFE-178A03053F7C

◆てっちり・てっさ・揚げ物など…「河豚」尽くしのひと時。
◆我が家には不似合いですが、河豚・スッポンの店を営む義兄からの、恒例の差し入れです。



【俳人の一句】

《うたがへば妻まことなし鰒に酌む》 飯田蛇笏

◆句の真意は分からないが…蛇笏がこんな句を詠んでいたとは!?



  Y  

◇ほぼ“戯れ句”になってしまった…。
◇◇新年の抱負もまとめたが。年が明けて半月…身体は上手く動かず、なかなかやる気も出てこない。
☞プレドニンの副作用か?



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■喰積の  今年小さき重二つ  

821DD674-4D5D-4693-B43C-9688A3DAADEA
       …………  *くいづみの  ことしちいさきじゅうふたつ  No.1777   …………

◆新型コロナウィルス流行の影響は、内外・大小…計り知れないもの!?
◆まさか…こんな“正月”を迎えるとは!?!

FADB3EE6-1DF5-4E14-8716-587010F36F4C

◆毎年、“お節”は贅沢に用意するのだが…。今年は、ご覧のとおり…質素なモノになった。
◆トーゼン…いつもにまして、会話も少なく。ムロン…メデタガッテいる場合じゃないが?!

〈喰積や  今年帰らぬ子等のこと〉②
〈喰積や  都会に暮らす子等いかに〉③



【俳人の一句】

《命ふと楽しかりけり食積に》 関戸靖子
《喰積にさびしき夫婦箸とりぬ》 松本たかし

◆「喰積」も正月も、それぞれ。「楽し」「さびし」…味わい方も“それぞれ”ということでしょうか?!



  Y  

◇暮れから今日まで、ほとんど何もしない“無為の日”が続いている。ただ痛みを堪えているだけで、万歩計も2000歩に届かない。2日には、久々の転倒もして。
◇◇感じること考えることはあるけれど。ただ“感じる”・ただ“考える”…それだけじゃ駄目だと思うようになった、この頃。ヒョットシテこれ、難病の賜物か?!



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

このページのトップヘ