Hike de 俳句

螻蛄才Artistの実験俳句工房《おけら亭》🍀 五感を解放して、いつでも好奇心。何にでも、チャレンジ!?!

タグ:古都

■去年今年  京の河原を一つ飛び

CEE3EC22-CD11-47B3-889F-6E9514C7A422
       …………  *こぞことし  きょうのかわらをひとっとび  No.1775   …………

◆明けまして、おめでとうございます。
◆イキナリ、思い出の妄想句から始まってしまいましたが…今年も、どうぞよろしくお願いいたします!

40937043-B4A9-461F-A9E0-5283E47A1E34

◆大晦日…年越し蕎麦を食べながら「鴨川」に遊んだ日を思い出しながら作句しました。
◆娘・息子と…相次いで学生時代を過ごした奈良・京都。それ以前から、仏像が好きで何度も訪れていた古都でしたが…子ども達のお陰でオーカタの寺社を訪れ、たくさんの思い出を作ることができました。



【俳人の一句】

《かけつづく去年今年なきまもりふだ》 五十嵐播水

◆一年のケジメをどう付けるか? 思考力も想像力も…人それぞれなんでしょうね?!



  Y  

◇サイキン、“思い出作り”なんて言葉をよく聞くけれど…違和感を感じて、遣う気になれない。確かなモノが見付からない時代ゆえ…何でも、カネモーケに利用可能ということなのでしょうか?

〔思い出もうたかたのごと  南無阿弥陀〕★川柳★

◇◇自身に起こった悲劇さえ、笑い飛ばせるようにならなくては…ね!



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■青春の鴨川デルタ  雪解けて
 
091EE082-EE98-44D9-A45D-B1029CC7C385
       …………  せいしゅんのかもがわデルタ  ゆきとけて  No.1718   …………

◆先日、《京都  青春の鴨川デルタ》というTV番組を見た。
◆昼夜“72時間”、老若男女の集う“鴨川デルタ”に密着して…いろいろな人物の現在・過去の「青春」を捉えようした番組だった。

ED9F4BE0-7DBD-4907-92F6-CC75ADDF26B9

◆現役大学生・かつて大学生としてここで過ごした人など、この「鴨川デルタ」に強い思い入れを持っている人は多いようだ。
◆私にとっても奈良・京都は、仏教寺院が多いことで若い頃から親しんできた場所。そして、2人の子どもが学生時代を過ごすことになり何度も訪れた…思い出深い所。
〈青春の思ひは消えず. 雪解川〉



【俳人の一句】

〈たはぶれに美僧をつれて雪解野は〉 田中裕明

◆「雪解野」を、こんな色っぽい句にしてしまうなんて…さすがですね?!



Diary
◇百万遍や下鴨神社・糺の森も近い「鴨川デルタ」…。かつて、この辺りは何度も歩き…こんな句を作ったこともある。
〈花の塵  訊けばめしひの犬と言ふ〉
しかし、“無常迅速”!?!    不自由な身体になって…もう2度と訪れることはないかもしれないな?!
 


ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
 

■京野菜かくも涼しく  京みやげ

44AD443D-5866-4325-8D0A-847C4B6A769C
               …………  きょうやさいかくもすずしく  きょうみやげ  No.1179  …………

◆娘から、「京みやげ」が届いた。“打田漬物”の漬物セットである。

BD69B53E-7CC6-4E85-A7AE-DE79803F37A1

◆本店は京都:島原にあり、錦市場にも支店がある老舗の漬物店。学生時代を古都で過ごした娘は、京都の良いものを、たくさん知っているようだ。
⇒錦市場は、何回も行ったなぁ!    “京”の揃い踏みである。
◆その漬物をネタに…連れ合いが“漬物寿司(?!)”に仕立ててくれたのが、上の画像。赤いのが大根(?!)、そしてキャベツや胡瓜・蕪などの「京野菜」を使った漬物。パリパリとした食感で、アッサリした味。娘は、私の好物をよく覚えていてくれる。有り難いことである。
〈涼しさや  老いの家にも京みやげ〉

206BF10E-0835-4333-B2AD-156CF131846B

【俳人の一句】 

たる源の桶の奢りの涼しさよ〉 久保田万次郎

◆「たる源」…こちらも“老舗”の工場・生産現場を詠んだ句だろうか!?
◆「奢り」の措辞があることで、表現・表情の振幅が大きくなっているようです。17音の言葉世界の中に、もう一つの世界を創出すること!?
*「たる源」⇒京都にある、樽や風呂桶を作る老舗(のようだ)。


Diary
◇人は自分の心(≒脳)の働きにも、あるいはマイナス面にも、なかなか気付かないものである。
◇今、『「こころの名医」100の言葉』を再読している。心や精神について…改めて、いろいろなアプローチ・考え方のあることを知った。それは人間関係の原理を知ると同時に、自己分析のスキルアップにもつながりそうだ。


★お願い★ブログ・ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。[Hiro] にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 

 

■経塚に傾ぐ碑菊供ふ

image

◆小さな山のようになった林の中の経塚に、一基の碑が傾いて建っていた。
◆今から280年ほど前の1734(享保19)年のこと。この地で…暴風により倒れた松の老木の根本から、経典(経筒)が偶然発見されたそうだ。

image

◆1940(昭和15)年に県史編纂室が調査したところ、「建久七年」(1196年)・「百部法経」の記載があり、今から800年以上も前の物だということが分かったという。
◆経塚とは、主に法華経などの経典を埋納した塚のこと。9世紀以降、末法思想の影響を受けて盛んになった「如法経信仰」に基づいて始められたそうだ。
◆碑の前には、数輪の菊の花が供えられていた。今も、ここを守る人がいるのだろう。

*如法経信仰⇒中国隋代の6世紀末から始まり、滅罪や書写による作善の二つの功徳のある法華経書写をし、死者の追善や自身の逆修を願うもの。

⇒先日、『法華経を生きる』(石原慎太郎著/幻冬舎)を読んだ。信仰や死に対する考え方、周囲で起きた不思議な出来事•裕次郎さんのことなど、慎太郎氏の意外な一面を知った。

image


【俳人の一句に学ぶ】

〈菊の香や奈良には古き仏達〉 松尾芭蕉

◆芭蕉の時代(1644〜94年)にもすでに、「奈良」も「仏達」も「古」いものだったとは…あらためて奈良が“古都”であることに驚く。
◆菊の花は(香も)、寂しさや古さ、そして気品などを感じさせる花。親近感を覚える花でもあるが、それは仏教文化や死の場面と縁が深い花だからか…。

*2つのブログ・ランキングに参加しています。応援、よろしくお願いいたします。[ Hiro ]

俳句・短歌 ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■毘沙門堂古りし筧に散り紅葉
image

◆毘沙門堂に着いたのは夕暮れ近くだった。参道は車がすれ違えないほど狭い。

image

◆それでも、門跡というだけあって…参拝者は多かった。勅使門や山門から見下ろす紅葉が特に見事だ。
◆手水として使われたものだろうか…古い筧も裏庭の心字池も、たくさんの紅葉で彩られていた。

*2つのブログ・ランキングに参加しています。それぞれ…ポチッと押して、応援よろしくお願いいたします。[ Hiro ]
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

俳句・短歌 ブログランキングへ

このページのトップヘ