Hike de 俳句

螻蛄才Artistの実験俳句工房《おけら亭》🍀 五感を解放して、いつでも好奇心。何にでも、チャレンジ!?!

タグ:篠田桃紅

■夢もまた迷ひのひとつ  シクラメン

797C8AB5-4C67-4D6E-91ED-055741AEC2B1
       …………  *ゆめもまたまよいのひとつ  シクラメン  No.1786   …………

◆窓際に一鉢のシクラメン。いつからあったのか…。
◆一見しおらしく見える「シクラメン」だが…フリルのような花びらの裾模様を見ると、案外強かな花なのかもしれないとも思う。



【俳人の一句】

《いとけなき蕾かくれてシクラメン》 行方克己
《お転婆な花弁を持つシクラメン》 田川飛旅子

◆「シクラメン」 の個性も、“いろいろ”なのでしょうか?!



⌘  ✴︎  ⌘ 

◇上腕(両腕)の痛みは拡大し頭痛と吐き気が加わり…この1週間の万歩計の1日の数字は、900〜2500歩! 痛み(仙腸関節痛?!)が、もう少し治ればいいのだけれど。
◇◇YouTubeで「花を見て“かわいい”と言う人間は傲慢かも!?」という篠田桃紅さんの発言に出逢った。そうかもしれない…深いところを突いているなと思った。



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

参考書とみかん 学生の気分

               …………  さんこうしょとみかん  がくせいのきぶん  No.794  …………

◆子どもの頃、大好きだった蜜柑。最近、あまり食べなくなったな…。


◆私の中では、いろいろな思い出とともに最も多く登場する果物。特に、受験時代の夜食と言えば、「蜜柑」かインスタントラーメンだったように思う。
〈学生の気分 蜜柑と参考書〉
〈学生の気分 参考書とみかん〉
迷ったあげく…語呂の悪い句に決着。
◆この夜ふと、子ども等の残して行った参考書『現代文  キーワード読解』を開いてみた。"普遍:特殊"から始まり"科学の制度化"・"メタファー:レトリック"・"文化相対主義"などなど…知っているようでよく分からない言葉・初めて出合う言葉が次々に出てくる。思わず夢中になって読んでしまった。



【俳人の一句に学ぶ】

〈みかん黄にふと人生はあたたかし〉 高田風人子

◆確かに、「みかん」は「あたたか」い気持ちを思い起こさせてくれる。愛らしい「黄」色と形、掌に乗る大きさ
◆ありふれた果物だけれど…そこに「人生」を「ふと」取り合わせるコキュウが何とも言えない。"軽み"と言うのでしょうか…こんな味のある句を作りたいものですね?!


⌘ Diary ⌘
好奇心の減退を感じるこの頃…ますます、いろいろなモノ・コトに興味・関心が持てなくなってきたようだ。テレビもインターネットも、騒々しいだけのモノのように感じることがしばしば。
◇一個の人間が通過する"時代"って、何なのだろう?!    不思議な巡り合わせだと思う。さて、何処へ向かって歩いて行こうか…。
〈人といふ不思議のものに生まれきて不思議の多き世の中を見る〉 中原綾子
                                ⇒篠田桃紅『百歳の力』より.
 

*ブログ・ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援していただけるとうれしく思います。[Hiro]   

このページのトップヘ