Hike de 俳句

螻蛄才Artistの実験俳句工房《おけら亭》🍀 五感を解放して、いつでも好奇心。何にでも、チャレンジ!?!

タグ:蕾

■夢もまた迷ひのひとつ  シクラメン

797C8AB5-4C67-4D6E-91ED-055741AEC2B1
       …………  *ゆめもまたまよいのひとつ  シクラメン  No.1786   …………

◆窓際に一鉢のシクラメン。いつからあったのか…。
◆一見しおらしく見える「シクラメン」だが…フリルのような花びらの裾模様を見ると、案外強かな花なのかもしれないとも思う。



【俳人の一句】

《いとけなき蕾かくれてシクラメン》 行方克己
《お転婆な花弁を持つシクラメン》 田川飛旅子

◆「シクラメン」 の個性も、“いろいろ”なのでしょうか?!



⌘  ✴︎  ⌘ 

◇上腕(両腕)の痛みは拡大し頭痛と吐き気が加わり…この1週間の万歩計の1日の数字は、900〜2500歩! 痛み(仙腸関節痛?!)が、もう少し治ればいいのだけれど。
◇◇YouTubeで「花を見て“かわいい”と言う人間は傲慢かも!?」という篠田桃紅さんの発言に出逢った。そうかもしれない…深いところを突いているなと思った。



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■われにまだ残る童心  花いかだ

E94E8A56-CB70-47B5-8493-78C376C77EF0
       …………  われにまだのこるどうしん  はないかだ  No.1710   …………

◆“かわいい”の氾濫…ボキャブラリーの貧困・個性のない“右へ倣え”表現にはウンザリ…。
◆そんなご時世に、ちと恥ずかしくなるが…小さなもの・幼きものこそ…愛されるべき存在なのだろうと思う?!

765BFC06-7AF7-497B-8402-3D3D14849CA3

◆子どもの頃のママゴトや笹舟を作って流したこと。いろいろな遊びを通して経験したこと、その時々の感情もかすかに思い出す。ほとんどは、記憶の彼方だが…。
◆それでも…。
〈ふとわれの幼心に  花いかだ〉



【俳人の一句】

〈どの葉とて蕾を舸子(カコ)に花筏〉 林昌華
〈花筏一粒神の忘れもの〉 高橋良子

◆いつもお世話になっている〔575筆まか勢〕にも、こちらの「花筏」の例句は無く…。ひょっとしたら、この2句はそうなのかもしれないと?!?



病身日記 ⌘
◇16日・17日と、久々の転倒。2回とも家の中のことで、サイワイ怪我はなかったが…。転倒を回避するテクニックが上がったと思っていたが…確実に、少しずつ脚が動かなくなっているようだ。
◇利き腕は不全麻痺と痙攣・左目もほぼ失明状態。スマホ操作もかなりの苦行になってきて…。情け無い状態だが、如何ともし難いようだ。
☆戯句〈自己愛のにほひへんぺん  花筏〉

 

ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
 

■咲き誇る時きて  梅の天に地に

A364D1C0-3702-4AAE-B408-BB6DA223321E
               ………  さきほこるとききて  うめのてんにちに  No.1121  ………

◆いつの間にか、我が家の「梅」の花が満開になっていた。

D7E8FBDF-8997-41C4-A6DB-FF22D8C2AE74

◆私のいる部屋からは庭が見えないので、まったく気付かなかった…。
◆ふらつく足で庭に下り、見上げると…それぞれの枝に、ぎっしりと咲いている。樹形を整えたりはしていないので特に美しい訳ではないが、なかなか見事な咲きっぷり。地面にも、すでに散り始めた花びらがいっぱいだった!


【俳人の一句】 

〈しら梅の蕾つまむなわれが為〉 渡邊白泉

◆作者はこの時、病んでいたのだろうか?    床に伏していたのだろうか?
◆「蕾」を「つ」んで、自分に示そうとした誰かの行為を止めた!?    窘めた瞬間をそのまま句にしたのだろう…。


Diary

◇今この国では、政治やマスコミへの不信が最高潮になろうとしている。先日のレスリング界のパワハラ騒動では…渦中の大学の学長がしゃしゃり出て、さらに物議をかもしている。「独裁者」「その発言こそパワハラだ」「小池東京都知事みたい」など…。表出欲?!   自己顕示欲という業なのか!?
◇ヨーロッパでは…サッチャー以来、女性が一国のリーダーとして“フツー”に活躍しているようだけれど。


☞ブログ・ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。[Hiro] にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■是非もなく問はず語らず花筏

image

◆花筏(ハナイカダ)は葉の真ん中に花を着ける珍しい植物だが、花も小さくて目立たない。

image

◆花の色も育つ場所も、実に控え目。花筏を見ると…先月、高瀬川を訪れ小説も読んだせいか、どうしても『高瀬舟』を思い出してしまうのだが…。
◆その…何の分別もなく花を載せている一途な姿が、愛しい。『高瀬舟』の中では、問い語るが…こんな句になってしまった。

《花筏蕾みぬ隈なき葉色の面に》 中村草田男

◆珍しくて目立たない花だから、出合えた時にはうれしくなる。草田男もそんな気持ちを詠んだのでしょうか。たとえ蕾であっても。

*2つのブログ・ランキングに参加しています。それぞれ…ポチッと押して、応援よろしくお願いいたします。[ Hiro ]

俳句・短歌 ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

このページのトップヘ