Hike de 俳句

螻蛄才Artistの実験俳句工房《おけら亭》🍀 五感を解放して、いつでも好奇心。何にでも、チャレンジ!?!

タグ:行方克己

■夢もまた迷ひのひとつ  シクラメン

797C8AB5-4C67-4D6E-91ED-055741AEC2B1
       …………  *ゆめもまたまよいのひとつ  シクラメン  No.1786   …………

◆窓際に一鉢のシクラメン。いつからあったのか…。
◆一見しおらしく見える「シクラメン」だが…フリルのような花びらの裾模様を見ると、案外強かな花なのかもしれないとも思う。



【俳人の一句】

《いとけなき蕾かくれてシクラメン》 行方克己
《お転婆な花弁を持つシクラメン》 田川飛旅子

◆「シクラメン」 の個性も、“いろいろ”なのでしょうか?!



⌘  ✴︎  ⌘ 

◇上腕(両腕)の痛みは拡大し頭痛と吐き気が加わり…この1週間の万歩計の1日の数字は、900〜2500歩! 痛み(仙腸関節痛?!)が、もう少し治ればいいのだけれど。
◇◇YouTubeで「花を見て“かわいい”と言う人間は傲慢かも!?」という篠田桃紅さんの発言に出逢った。そうかもしれない…深いところを突いているなと思った。



ブログ・ランキング★に参加しています。下のバナーをクリックすると、それぞれのジャンルのランキングがご覧になれます。 [Hiro]


写真俳句ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■逆光の聖樹  待合室に患者達

063C8983-4990-4071-87BA-05EB9611EF38
               …………  ぎゃっこうのせいじゅ  まちあいしつにかんじゃたち  No.1374  …………

◆病院の「待合室」にも「聖樹」が飾られていた…。

96F580CB-8BB4-4052-86B5-D2BB19BED2B8

◆完全な「逆光」の中だったけれど。ここにある…“Merry Christmas”の意味が読めなかった!
◆中川宋淵師に「病中にありては、病中を愉しむ」という言葉があるが…そういうことなのだろうか?
〈たらちねの生まれぬさきの月あかり〉宋淵
〈きびの葉にきびの風だけかようらし〉同


【俳人の一句】

てつぺんの星のゆがめる聖樹かな〉行方克己
 

Diary
◇逆光であっても星が歪んでいても、気にかける人もいない「聖樹」。この国では、クリスマス商戦の象徴でしかないのかな?
◇◇一昨日は2ヶ月ぶりの通院。最近…右腕の痛みがヒドいので、リリカを処方してもらった。薬局で受け取った薬を確かめると…次の通院は2ヶ月後なのだけれど、リリカは2週間分だけだった。主治医の言うように、本来は使わない方がいい薬なのだろう。
◇◇それにしても…本人である私が「少しずつ悪くなっている」と言っても、主治医は「良くなってるじゃないですか」と言うのである。
◇◇◇身体の痛みに加え…孤独感や恐怖感にも苛まれ、悪夢も続いている。昨夜は…母親にSOSの電話をしようとするが、電話のかけ方が分からなかった…。それもそのはず…母親の生存中にケータイなどなかったのだから。そんな夢をみて、真夜中に目が覚めた。


★おねがい★   ブログ・ランキングに参加しています。クリックして応援していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。[Hiro] にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

■奪ひ合ひ争ふも業  梅雨最中

AD6F68E0-1653-41A8-A074-C35E68F84EEF
               …………  うばいあいあらそうもごう  つゆさなか  No.1236  …………

◆先日、BSでたまたま『ランボー  最後の戦場』を見た。終わりの10分間ほど…。

A6436B92-C823-490A-8CBD-1DE1D92E9FC0

◆その、ジャングル(熱帯雨林?!)での戦闘・銃撃戦の場面…人間の肉体からは血が溢れ出し、肉が千切れ飛ぶシーンが続く…。
〈殺し合ひ命争ふ  男梅雨〉Hiro
◆常々思っていることなのだけれど…人間は“闘争”好きな生き物なのだろうか、“闘争”を必要とする生き物なのだろうか?   これだけ“闘”ったり“競”ったりしているところを見ると…どうも、そうらしいのだけれど。
〈乱暴な者等の天下  茅舎の忌〉Hiro

9AD8F379-85AE-40A3-B9CA-887C8A99EC9F

6E3BD073-B9BB-4937-B7EC-3DCC44C2AE20

【俳人の一句】

荒梅雨の酔眼なにも見てをらぬ〉 行方克己

◆確かに…「なにも見てをらぬ」瞬間はあるし、「なにも見」たくない時もある…。
◆「荒梅雨」に、やや心が荒んでいればなおのこと。しばし、心を休めたかったのかもしれない。


Diary
◇ガンジーやキング牧師の“非暴力”・“服従”の運動!!!   その実際の映像〜無抵抗で殴られる姿〜を初めて見た時の衝撃は、未だ忘れられない。この“不戦”の闘いこそ、本当の勇気だと思った…!!!
⇒現実は、残念ながら…保身の術に長け、小狡い策を弄する男達ばかり!?
◇ガンジーの言葉。「一番の敵は欲である」「私には見える。闇の中にこそ光が存在するのが」!!

BD14E5DC-84F6-4B9F-A7F8-CA0D3FD97075

◇◇今日は、川端茅舎の忌日。はたして、茅舎に相応しい一句とは?
〈姫沙羅の実となりそめし  茅舎の忌〉Hiro


★おねがい★   ブログ・ランキングに参加しています。クリックして応援していただけると励みになりまsす。よろしくお願いいたします。[Hiro] にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 続きを読む

■病む身もて 枯れ葦原の中を行く

               …………  やむみもて  かれあしはらのなかをゆく  No.1067  …………

◆この日、湿原の中にある"植物園"を訪れた。


◆と言っても、季節は冬。ムロン、花は見られず、ほとんど荒涼とした風景が広がっているだけだったが…。「葦原」の葦は「枯れ」、風に吹かれたままの姿で傾いていた。そんな中をしばし歩いた。風は冷たい。最後は、自ら喝するための寒稽古のつもりで歩く。
◆ほとんど何もできない、"役立たずの身"になって半年。頭デッカチになって愚痴を吐くのが関の山か!?   遠くには、雪富士の姿。

F2834016-11F6-4CE7-A53E-98BC0195460A

〈枯れながら  甲斐無きことを独り言〉
「いかんいかん !」こんなじゃあ、いかん!!!



【俳人の一句】

〈あしといひよしといふもの枯れ尽くす〉 行方克己

◆“負けました”…最近、テレビでよく見るシーンのようですが!?
⇒将棋界の話です。
◆冬枯れの「あし」「よし」の中だというのに、「あし(悪し)」と「よし(良し)」の掛け合い…遊び心が、見事ですね!    “両忘”で、どちらも「枯れ尽く」させてしまうとは…“流石”と言うほかありません、負けました!!


⌘ Diary ⌘
◇ほぼ全てのことが受身で、自分からできることがほとんどない現在。誰のためにもならない、役にも立たない存在…何もできない"病む身"のやる瀬なさ…。それでも、生きるしかない。まだ生かされ、残された命あるゆえに…淡々と、飄々と!?
◇毎夜の日課・就寝前の儀式…『一日一禅』を読み、『修証義』 から「 我昔所造諸悪業、皆由無始貪瞋痴、従身口意之所生、一切我今皆懺悔」を唱える…。私の中で最も短い経文(呪文!?)。少しだけでも己が身心をきれいにするつもりで。少しでも安らかに眠れるように!
◇ほんの小さな、かすかな光を!(いかんいかん!?!)


☞ブログ・ランキングに参加しています。クリックして応援していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。[Hiro] 

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


このページのトップヘ