2008年11月15日

FX業者の色々な選び方

何を重視するかはトレードスタイルや運用資金によって違ってくるし
FX業者の選び方は十人十色です。全てのパターンに対応出来ませんけど、
代表的な比較項目や投資スタイルによって最適な業者をピックアップしました。
どこかのページで見ましたが口座保有数の平均は3社とか5社でした。

≪スワップ金利重視≫
スワップ金利を重視する人はいわゆるスワップ派です。
基本的には円売りポジションで長期運用となります。
スワップ派に重要な事はスワップ金利が高い事と会社の信用力です。
この二つを備えているのは以下のFX業者です。
フォーランドオンライン
セントラル短資オンライントレード
マネーパートナーズ


≪スワップ派番外編≫
スワップ金には高ければ高いほど嬉しい事です。
最近ではマイナー通貨(あまり有名ではない通貨)でも高金利が
魅力的で南アフリカランドやトルコリラといった通貨で
スワップ金利運用をやている方が増えているようです。
マイナー通貨を多く扱っているのは以下のFX業者です。
アストマックスFX
kakakuFX



≪為替差益トレード重視≫
為替差益で利益を追求し、トレードを積極的に行う方に
重要なことは手数料が無料であることとレバレッジが高い事、
そしてスプレッドが狭い事です。人気は、
スプレッド0銭のDMM FXか、スプレッド1銭固定の外為オンライン

FXブロードネット
外為オンライン



≪どんなタイプの方でも必須のFX業者≫
どんな方でも必要になって来るのが為替に関する情報です。
重要な情報はタダでは見ることは出来ません。でも、
口座開設をしてしまえば有料情報もタダで見ることが出来ます。
情報専用口座を開設することは普通のことであり、上手く活用しましょう!
情報量が多く、また独自レポートも豊富なのは以下のFX業者です。
お金は掛からないので全て口座開設すれば手に入らない情報はないでしょう!
外為どっとコム
FXプライム
ひまわり証券


≪1000通貨単位の取引が出来る≫
FX初心者、資金的に余裕がないという方は、
1000通貨単位で外貨預金感覚で気軽に取引が出来る以下の業者がお勧めです。
FXブロードネット
ヒロセ通商
サイバーエージェントFX
外為どっとコム


livedan2005 at 02:50 この記事をクリップ!

2008年03月27日

ドル売り、ユーロ買い、円買いトレンド

昨日ECB総裁は現在の政策金利は正しいとコメントし、
米FRBが大幅な利下げを実施したが、ECBは利下げはないと示唆しています。

中期的にドル売り、ユーロ買い、円買いは続きそう。
また昨日、英中央銀行関係者は英国経済が米国を追随する可能性を
指摘していますのでポンドも中期的に売られそうな感じはあります。

ドル円、ポンド円は戻り売り、
ユーロドルは買いが優勢のようですね。

livedan2005 at 16:38 この記事をクリップ!

2008年03月19日

米国 実質ゼロ金利

米連邦準備制度理事会(FRB)は18日、
連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、短期金利の指標となる
フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を現行の年3%から
0・75%引き下げて年2・25%とすることを賛成多数で決め、即日実施した。
物価上昇率を差し引くと実質的にほぼゼロ金利となる。

<日欧米政策金利>
政策金利




1月の緊急利下げ以来の大幅な下げで、
低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による
景気悪化に歯止めをかける姿勢を鮮明にした。

サブプライム問題が表面化した昨夏以降、
米の利下げは、緊急利下げを含めて6回目となり、下げ幅は計3%に達した。

FRBは同時に、16日に0・25%の緊急引き下げを決めた
公定歩合も0・75%下げて2・5%とすることも全会一致で決めた。

FRBは声明で「緩やかな経済成長を促し、景気へのリスクを和らげる」と強調。「金融市場はかなりの緊迫状態。必要に応じてタイムリーに行動する」と
追加利下げに含みを残した。

FF金利の0・75%下げには、
10人の委員のうち2委員が小幅な利下げが妥当として反対した。

YOMIURI ONLINE より

livedan2005 at 15:40 この記事をクリップ!

2008年03月12日

FRB資金流動性供給策発表

昨晩FRB(米連邦準備理事会)は金融市場の信用収縮対策として
20兆円規模の資金流動性供給策を発表しました。

インフレ圧力と景気減速という
スタグフレーションの危険性が生じている米国ですが、
いろんな対策を打ってきますね。
われらが日本国とは動きが違う気がしてなりません。

この対策発表を受け
ドル円は一時103.50円付近まで急上昇しましたが、
欧州勢が参加する前までは103円ちょうど付近でもみ合っていました。

現在は103.20円を超え、ドル買いが優勢となっています。
短期的には今後始まる欧州の株価が注目でしょうか。

また、今回の資金供給策にて
米国の利下げ幅が0.75%から0.5%に縮小するのでは
とう観測が広がっています。

今のところ、ここ最近続いている
ドル売り、円買いの流れを引き継いでいるのではないでしょうか。

livedan2005 at 18:22 この記事をクリップ!

2008年03月08日

弱い米雇用統計もドル売りは限定的

昨晩の米2月雇用統計発表直後はドル売りが先行し
一時101.40近辺まで下落したものの下値は重く、
しばらくしてドルは買い戻されました。

しかし、
昨晩の米雇用統計でリセッション懸念が増したことは確かなよう。
後半、株価が下落、ダウ平均が一時200ドル超下落すると
ドル円、クロス円は伸び悩みドル円は102.66円でひけています。

サマーズ元米財務長官も講演で、
「米国は現在、リセッションの状態にある」と述べた模様。

市場では0.75%の利下げを有望視されており、
更に1%利下げの可能性まで探ろうとする動きまであるとのこと。

一方、ホーニグ・カンザスシティ連銀総裁は
「過度の利下げはインフレリスクを高める」と述べた他、
「状況が変わり次第利上げを再開することは容易ではなく、
歴史的にみて、タイムリーに緩和策を解除する方が困難、
長期インフレ目標に影響を与える可能性がある」と指摘しています。

昨晩もインフレの元凶の一つである原油は一時最高値を更新。
インフレ懸念を考慮すれば、市場の期待とは裏腹に、
金融政策のできる範囲はそろそろ限界が近づいてきており、
手詰まり感も強くなってきているよう。

米国はインフレ懸念と景気上向きへの財政刺激策(利下げなど)との間で
難しいかじ取りを迫られていそうですね。

景気対策を最優先し利下げすればドル安圧力となり、
またインフレ対策を優先し金利据え置き(もしくは利上げ!?)すれば
特に株式市場関係者からの失望が予想され
米株安を引き金としたドル安、円高、日本株安も起こりえると思っています。

今のところ、
ドル売り優勢の流れが基本的に続いているのではないでしょうか。

◆昨晩の決済
<ドル円>
買い決済 101.91円 5万通貨(3/7 102.87円 売り)
 
今回は約5万円の利益でした。



livedan2005 at 22:30 この記事をクリップ!

2008年03月07日

ドル売り始まる

6日NY為替市場はドル円は、早朝の104円台からじりじりと値を落とし、
102円台半ばまで下落。
米景気への懸念が、ドルからの資金離れを呼んだ。

東京市場のドル円相場は小幅高。
序盤はNY市場を引き継ぎ102.40円と年初来安値をつけた。
14時半現在は102.67円付近で推移。

昨日とったポジションはロスカットされました。

◆決済
<ドル円>
売り決済 103.00円 5万通貨(3/6 103.80円 買い)
 
 損失 4万円です。。


今晩の米雇用統計に注目ですね。

◆新規ポジション
<ドル円>
売り 102.87円 5万通貨(ロスカットライン103.00円)




livedan2005 at 14:55 この記事をクリップ!

2008年03月06日

ドル買いも限定的

NY時間のドル円相場は乱高下。

序盤は米2月ADP全国雇用者数が
発表開始以来となる予想外の減少結果となったことを受け、
103.80円台から103.30円台まで反落しました。

ただ、その後発表された米2月ISM非製造業景況指数が
景気判断の50を下回ったものの、予想を上回る結果となったことで
リスク回避が後退し一時104.10円まで急反発しました。

しかし、その後は
米金融保証会社(モノライン)である
アムバック・ファイナンシャルの救済策が発表されるも
市場は不十分だと反応しいたようで、米国株式相場は失速。
これによりドル円も103.50円台まで弱含む展開になるなど、
上下動の激しい展開となりました。


東京市場開始後も
午前10時現在1ドル=103.75円付近でと小動きの展開。

先ほどドルを買いました。
ロスカットラインは103.00円に設定しています。

◆現在のポジション
<ドル円>
買い 103.80 5万通貨(建て日3/6)



livedan2005 at 11:56 この記事をクリップ!

2008年03月05日

ボラティリティーとは

価格変動の幅、大きさを示すものとして
ボラティリティーという言葉があります。

過去の相場の価格変動を分析し、
どの程度値動きが激しいのかを見ることができます。
ボラティリティは価格変動幅、価格変動率と訳すことができます。

ボラティリティの数値が大きければ
ハイリスク・ハイリターン。
数値が小さければローリスク・ローリターンであると認識できます。

livedan2005 at 14:52 この記事をクリップ!

2008年03月04日

豪中銀 0.25ポイント利上げ

オーストラリア準備銀行(RBA)は4日に開いた政策決定会合で、
政策金利を0.25 ポイント引き上げ、7.25%に設定した。

米国やカナダ、英国が世界的な景気減速と信用市場の混乱から
自国経済を防衛するため、利下げを示唆しているにもかかわらず、
RBAは約4年ぶりに2カ月連続の利上げに踏み切った。

豪州の2007年のインフレ率は1991年以来の高水準で、
12月期の消費者物価指数(CPI)は前年比3%上昇し、
実質ベースでは3.5%前後に達した。
長期にわたる2−3%のインフレ率達成に向けて今回の利上げが決定された模様。

また天然資源の輸出拡大がけん引役となった
豪州の過去16年間の景気拡大で同国の失業率は1974年以来の低水準を記録。
労働力不足は深刻化しており、賃金とインフレ率の押し上げ要因となっている。

またシティーバンクは豪州の利上げ局面は終焉に向かっており
4月は金利据え置きで消費者物価指数(CPI)発表後の
5月に最後の利上げがあるとみているようだ。

livedan2005 at 18:15 この記事をクリップ!

ドル売り休息

先週からのドル売りも一服

昨晩発表されたISM製造業景気指数が48.3と予想の範囲内だった。
このところ発表されていた景況感指数は
予想を大きく下回る弱い内容が多かっただけに
安心感も出ていたようだ。

昨晩ドルの売りポジションを決済しました。

◆決済
<ドル円>
買い決済 103.10円 5万通貨 (2/15建 108.10円 売り)

利益はスワップを支払、25万円弱でした!

livedan2005 at 12:02 この記事をクリップ!

2008年03月03日

ドル売り加速

ドル円は103.00を割り込み102.90レベルへと下落、
2005年1月以来、約3年ぶりのドル安円高水準を記録している。
市場では早くも同年1月17日に記録した101.67の安値を
意識する声も聞かれる。

現在は103.20円付近で推移。


先週末からのドル急落と米株安を起こした原因には
いくつかの材料があるようだ。


先週末のバーナンキ議長の議会証言における
中小金融機関の破綻可能性発言と
貿易赤字からみたドル安容認発言

また米保険大手AIGが2007年10-12月決算にて
サブプライム関連商品にて約1兆円の評価損を計上し
純損失は約5,000億円に膨らみ赤字転落したと報じたことや、

先週金曜日に発表されたシカゴ購買部協会景気指数が
およそ6年ぶりの低水準へと落ち込んだ事から
「本日発表されるISM 製造業景気指数も予想以上に
落ち込むのでは?」との憶測が市場に広まったこと。

これらを受け、
NY市場では米株先物が下落、実際にダウ平均なども崩れ
ドル安&リスク回避の円高が強まる展開が見られた。


さらには損失を抱えたヘッジファンドなどが
キャッシュの確保のために地方債を売り出し
地方債市場が混乱との報道も、
リスク懸念からの円買い及びドル売りを呼んだ。

本日東京為替市場がオープンするも
ドル売りが拡大している。

ドルに関しては
今月行われるFOMCでの利下げ見通しが
0.5%むしろ0.75%の利下げという見方に移行しており、
こうした動きに為替市場が対応してきている状況。

動きすぎ感から短期的に上昇する可能性も高い
という意見もあるが、この勢いのまま101.67円を突破すれば
1ドル=100円台を付けることもありそうだ。


◆現在のポジション
<ドル円>
売り 108.10 5万通貨(建て日2/15)

あともう少し持ちます!


livedan2005 at 11:42 この記事をクリップ!

2008年02月29日

ドル全面安

昨晩からNYでは米経済減退観測やドル安に関する発表がつづいた。

米政府系住宅金融機関のファニーメイとフレディーマックが今季赤字決算となり、
サブプライム問題の深刻さを再確認させられることとなった。

その後、米四半期GDPや個人消費が発表され、
これが市場予想を下回ったことでドル安、米株安を後押し。

また急速なドル安を決定ずけたのはバーナンキFRB議長の上院議会証言後の質疑応答だ。
一部の金融機関が破綻する可能性があるという発言は市場に驚きを与え、
ドル安、米株安を強めるかたちとなった。

<NY為替市場終値>
ドル円は一時105.07円まで下げ、105.25円で引けた。
ポンド円も若干引きずられ2月21日以来となる210円台を割れ、
209.61円で引けている。
ユーロ円の引け値は160.07円。
ユーロドルは連日史上最高値を更新しており、
1.52ドル台に乗せ、NYでは1.5208ドルで引けている。

<東京為替市場>
ドル売りは止まらず
ドルは1月23日ぶりの105円割れ現在は104.60円付近で推移。
また東京市場に入るとユーロ円も159円を割れ、現在は158.74円付近。
円全面高の展開となっている。

日本の国民性を表しているのか、
円の主体的な動きが弱い分、
他の通貨の強弱を測る基準のような働きをしていますね!


◆現在のポジション
<ドル円>
売り 108.10 5万通貨(建て日2/15)
 含み益=約17万円

一旦戻りが予想されるため決済時期を探っています!
  

livedan2005 at 11:51 この記事をクリップ!

2008年02月28日

ドル安

ドル安の流れが鮮明になっている。

昨晩のバーナンキFRB議長の議会証言は、
これまでの発言を踏襲する新味にかけるものとなったが、
米利下げを後押しするものとなりドル安につながるものとなった。

また米耐久財受注のかなり弱めの数字もドル安を後押し。
特に国防を除いた部分を見ると-4.7%と予想の-1.2%、前回の+2.1%から
大きく崩す展開となりドルへの不信感は強まった。

その後出た米新築住宅販売も予想を大きく下回る58.8万件という数字。
95年2月以来の低水準を記録した。
販売価格も大きく下落しており、
下落率は過去最大を記録するなどかなり厳しい状況で
ドル安への流れが出来上がった。
ドル円は一時105円台をつける動きに。

ただ、米連邦住宅公社監督局(OFHEO)が
ファニーメイとフレディマックに対して
住宅ローン投資の残高制限引上を発表。
これを好感して米株が上がったことで
クロス円に買いが入り、
ドル円も106円台を回復した。

現在は106.40円台で推移。

今後は
欧州系を中心に金融機関の決算などが発表される中、
材料が出てのドル買いはともかく、
値ごろ感から取引するとかなり厳しい展開が待っていそうだ。

基本はドル安円高か。
ただ、クロス円はどこかで反転を見せそうで、
あまりドル円の下値を追いかけたくはない。

livedan2005 at 11:36 この記事をクリップ!

2008年02月27日

ドル売り強まる

26日のNY為替市場はドル売りが強まり、引き続き
東京市場でもドルは売り込まれている。
現在ドル円は107.10円台で推移。
ユーロドルは過去最高値である1.5040ドル台まで急騰、
現在は1.4990ドル台で推移。

この背景にはドル利下げの思惑が市場に広がったことがあるようだ。
まず、昨晩発表になった米生産者物価指数が予想を上回り、
インフレ懸念からFRBは市場が期待するほど利下げできないのではという
不安が広まった。
しかし、この不安を払しょくしたのは
「市場の混乱と成長リスクはインフレより脅威」という内容の
コーンFRB副議長の講演内容であった。
これによりドル利下げ期待が広がり、売られている模様。

またこのドル利下げ期待などから
26日のNYダウは前日比+114ドル台で引けている。


livedan2005 at 14:00 この記事をクリップ!

2008年02月25日

今週のドル円

先週は米国のリセッション入り懸念による
米国、欧州、アジア市場の株安によりクロス円は円高に動き
ドル円は106.80割れを記録。

しかし、週末にCNBCが報じたものライン大手アムバックの救済計画進展の報道により
米国ダウは引けにかけて100ドル超のマイナスから100ドル超のプラスに転じ、
これを受けてクロス円は円安に動き現在はドル円は107円前半で推移。

今週はやや材料不足ぎみだが、
注目は先週末に報道されたアムバックの救済計画の状況と
今晩の米中古住宅販売。

基本的にはドル円クロス円とも頭が重い展開が続きそうだが
材料不足の中、下値を積極的に売るムードも薄く、
売る水準には気をつけたいところ。

livedan2005 at 10:31 この記事をクリップ!

2008年02月22日

ドル円下げる

昨晩発表されたフィラデルフィア連銀指数の数字が
予想の-10.0を下回り-24.0となったことで夜中からドルは売られ
一時107.20台をつけました。

最近これでもかというほど
米国を中心に悪材料のオンパレードですが、
株、為替の動きをみていますと市場は悪材料に慣れてきたように思えます。

となると、
まだ株、ドル共にもうひと下げあると思っているのですが
その前に一段踏み上げるような気がしてきました。



livedan2005 at 16:50 この記事をクリップ!

2008年02月20日

<注目指標発表> 米消費者物価指数

本日発表の注目材料は多いが
その中でも22:30に発表されるインフレ系最重要指標である
”米消費者物価指数”に注目です!

経済不安の広がっている米国は
この数字が予想より低ければ金利の引き下げが連想され
市場はドル安に動くと思われます。

また反対に予想より高い数字が出た場合、
米国経済の減速と物価上昇のセットからスタグフレーションが連想され
経済不安をさらにあおり株式下落とこちらも同じくドル安になるのではと思っています。

予想通りの数字がでれば為替の反応は薄いと。


米消費者物価指数1月
 市場予想 前年比2.4%

さて今夜はどのような結果になるのでしょうか。


livedan2005 at 16:40 この記事をクリップ!

2008年02月18日

ドル円 売りにてマーケットイン!

マネーパートナーズで取引再開!

先日15日に久々にポジションをとりました。
<ドル円>
売り 108.10 5万通貨

確かにここ最近の株式相場(米国市場中心とし世界的に)は、
年初からの下げ相場に対し調整しておりじりじり上げている展開ですよね。
しかし、2〜3ヵ月間のスパンで考えると
もう1段階の大きな下げがあると思ってます。

サブプライムをきっかけとした米国経済混乱はこれからが本番と。

ということで今回は、下記のように設定しました。

・ロスカットライン 112.27円
・ターゲット    100.00円付近

FX

livedan2005 at 12:58 この記事をクリップ!

2008年02月15日

<外為>東京=17時 1ドル=108円27〜28銭

15日の東京外国為替市場の円相場は、午後5時現在、1ドル=108円27銭〜28銭と、
前日の午後5時と比べ01銭の円安・ドル高となった。

ここ数日、円安ドル高傾向になってますが、
米国経済の停滞はまだまだ続き、
むしろ3月末までにもうひと下げあると思ってます。

1ドル=110円まで余裕をみて、そろそろ売りで入ります!
ターゲットは100前後。
中期で狙っていきます!

livedan2005 at 17:53 この記事をクリップ!

2008年02月13日

スワップ金利でウハウハ!

スワップ金利で稼ごうと思った場合
いくつかお勧めの通貨がありますが、
今回はトルコリラ円を例に挙げてみました!


トルコリラのスワップ金利は1万リラで1日400円です。
年間に換算すると145,000円になります。
レバレッジ1倍で運用すると必要な資金は約90万円ですが、
レバレッジ2倍だと45万円で済みます。
レバレッジ2倍のときのロスカットラインは1リラ≒45円なので、
レバレッジ2倍までであれば安心して取引が出来るでしょう!

ただし、スワップ金利が良いからといってレバレッジを
掛けすぎるとどうなるのでしょうか?レバレッジ5倍だと
90万円の証拠金利対して5万リラの取引をするわけですから、
ロスカット水準は72円です。トルコリラの変動率を考えると、
危険ですね。トルコリラの取引をする前に適正な取引量を
しっかり考える必要があります!!



livedan2005 at 15:27 この記事をクリップ!

2007年09月15日

保有ポジション

現在の保有ポジションは、
ドル円10万買い 115.05円(12月9日)
ポンド円5万買い 223.00(3月5日)

証拠金はスワップ金利が積って3,457,840円です!
含み益はポンド円の425,000円で有効証拠金は
もう少しで400万に復活します!7月はウハウハだったのに、
8月の円高でかなり目減りしました、一時は600万の時も…
まぁ今ではスワップ派として気長に取引してますよ!

今日タイトルを変更したので、これからは、
FX業者をいろいろ紹介して行きます♪

livedan2005 at 03:29 この記事をクリップ!

2007年09月10日

わからん・・・

ランキングで1位になっている
アクセス数も大して増えてないし、
最後に更新したのも8月半ばだし…

他人のブログに掲載してあるランキングで
気付きましたよ

私は完全スワップ派になっています。
ポンド円、ドル円保有しっぱなしの予定なので、
面白みはないです、はい。

でも1位という響きは良い。
ブログをさぼっていたけど、
ちょっとエビちゃん復活させるか

エビちゃん200707

エビちゃん200708

livedan2005 at 15:25 この記事をクリップ!

2007年08月17日

あれだけあった利益が…

あれだけあった利益がお盆の間に赤字転落
ここまで持ち続けているので損切りは考えてないですけど、
年末に向けてまた上がってくれるのかな?
買い場といえば買い場のような気がしますよね??

livedan2005 at 23:34 この記事をクリップ!

2007年07月10日

このFX業者凄い・・・

 

パンタレイ証券を皆さんはもう知っていますか??
スプレッドが物凄く狭いということでブログでも話題です。
スプレッドは以下の通りです。これを見てどう思いますか?
間違いなく口座開設です、急ぎましょう!
パンタ・レイ証券「みんなのFX」

パンタレイ証券スプレッド

親会社は上場していて株価はここからどうぞ

livedan2005 at 20:16 この記事をクリップ!

2007年07月02日

1ヶ月ぶりの更新

1ヶ月ぶりに更新します。
ポンド円だけでスワップ金利を含めると140万円の利益、
ドル円でも120万円近くの含み益です♪
トレードする時間がないのが功を奏した結果です(*゚∀゚)っ

トルコリラは口座開設がすみましたが、
まだ手をつけていません、気が付くと100円近くまで
上昇しているので、もう少し下がるまで待ちます!
安値で買ってひたすら保有し続けます!!


livedan2005 at 19:14 この記事をクリップ!

2007年05月31日

ポンド円一部決済

ポンド円を一部決済しました。
236.85円の5万ポンドを240.10円で決済です!
スワップ金利の方が為替差益よりも多いです!
合計で340000円の利益です!スワップって良いですね!

ドル円10万買い 115.05円(12月9日)
ポンド円5万買い 223.00(3月5日)

2007年アネッサCM第6弾
エビちゃん
エビちゃん200706

livedan2005 at 13:30 この記事をクリップ!

2007年05月22日

<外為・株式>東京=12時 1ドル=121円52〜53銭

22日正午現在の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=121円52〜53銭と前日の午後5時時点に比べ25銭の円安・ドル高となった。東京株式市場の日経平均株価は、前日の終値と比べ105円10銭高の1万7661円97銭で午前の取引を終えた。

2007年アネッサCM第5弾
エビちゃん
エビちゃん200705

livedan2005 at 16:22 この記事をクリップ!

2007年05月18日

人民元相場、欧州にとって問題でない=オーストリア財務次官

[香港 18日 ロイター] オーストリアのマツネッター財務次官は18日、欧州の高い失業率はグローバリゼーションがもたらしたもので、解決策は中国やその他新興国の為替相場の上昇にあるのではなく、教育や技術への投資にあるとの考えを示した。ロイターとのインタビューで語った。

 同次官は、中国やその他の低コスト国に生産をシフトさせることは通常の成り行きで、為替相場が原因ではないと指摘。「欧州の失業率は高すぎるが、グローバリゼーションのおかげで欧州諸国は堅調な成長と利益を享受している」とし、「これらの恩恵は、高価格で販売できる高品質の製品を製造するため、高い教育を受け技術を備えた人材の養成に向け、教育や新技術への投資を増やすことに分配する必要がある」と語った。

 同次官は、人民元相場が過小評価されており中国に雇用を奪われているとする米国の主張を否定し、「それは米経済の構造的問題で、中国政府の問題ではない。現実には、米ドルは1ユーロ=1.35ドルと、比較的低い水準にある」と指摘。

 中国は、1985年のプラザ合意の前に日本が円安を維持して批判されたように不当に批判されているとし、「中国の場合も急速な経済成長の原因は為替相場にあるのではない。中国のような新興国経済にとって変動為替相場への移行は容易でなく、資本市場を不安定にする可能性がある」と述べた。

2007年アネッサCM第4弾
エビちゃん
エビちゃん200704

livedan2005 at 16:36 この記事をクリップ!

2007年05月17日

[東京外為]120円後半 2カ月半ぶりの円安水準

17日の東京外国為替市場の円相場は、今年1〜3月期の国内総生産(GDP)の伸びが市場予測を下回ったことを受け、日銀の利上げが遠のいたとの見方が強まり、円売り・ドル買いの流れが優勢となった。正午時点は前日午後5時比42銭円安・ドル高の1ドル=120円78〜79銭で約2カ月半ぶりの円安水準。

 一方、対ユーロでは、ユーロ高の行き過ぎへの警戒感から円を買い戻す動きが出て円が反発。正午時点は同29銭円高・ユーロ安の1ユーロ=163円37〜38銭で取引されている。【斉藤望】

2007年アネッサCM第3弾
エビちゃん
エビちゃん200703

livedan2005 at 16:09 この記事をクリップ!

2007年05月16日

<外為・株式>東京=9時 1ドル=120円23〜24銭

16日午前9時現在の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=120円23〜24銭と前日の午後5時時点に比べ01銭の円安・ドル高となった。東京株式市場の日経平均株価は、前日の終値と比べ25円98銭安の1万7487円00銭で取引を始めた。

2007年アネッサCM第2弾
エビちゃん200702

livedan2005 at 11:37 この記事をクリップ!
Recent Entries
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)