2008年03月21日

更新

どうも


Pixieです┌(* ̄0 ̄)┐




18日に、「現代世界と倫理ー21世紀を生きるための読書ー」

と題して、中野芳樹師による大学準備講座があった。

「合格おめでとうございます。」

の言葉から始まり、普段の授業ではまず話さない、個人的経験などを織り交ぜて、講演してくださいました。

具体的には、補助プリント3枚に

[1]ナショナリズム/テロリズム問題の認識
[2]グローバリゼーションをどのように理解し評価するのか
[3]正義<worldwide standard>はあり得るか
[4]意思決定の理論ーゲーム理論と社会的ディレンマー
[5]テクノロジーの時代を生きる倫理
[補]自律的に「善く生きる」ために(哲学・倫理学入門)

とタイトルがあり、それぞれに簡単な問いがあり、そのヒントとなる

参考文献が10冊ずつ列挙していた。

それぞれの項目について、簡単に紹介し、最近の社会問題などについても言及しながら(たとえば、チベット問題や代理母問題・・・etc)講義された


先生自身について


高校時代に読書にはまったらしく、毎日夜中の3時4時まで読んでしまい

高校時代は、遅刻や休みがちの生徒だったらしい

高3になって、あと1日休んだら卒業できなくなるというところまできて、やっと毎日行くようになったという話だったw

そして浪人したのだが、浪人時代に読んだ社会学の入門書みたいなのに魅力を感じ

その著者が京大の教授だったので、京大志望になったらしい

そして一浪で、入れてたのはいいが、さっそくその教授の講義を聴きに行ったが、期待は見事に裏切られたのだった


 本では、理論的で、博学、明晰で、自信に満ち溢れていた文面だったのに

 実際の印象が、まず声が小さく、聞き取られず、申し訳なさそうにしゃべるおっさんだった。
 その上、何百人が入る大講堂に、聴講している学生が5,6人しかいなかったらしいw


そんなときに、たまたま行った哲学の講義をしていた教授の話が、とてもユーモラスで、魅力的だったので、哲学専攻になったらしいです。

そのあとも予備校講師に至る経緯まで話してくださり

「へぇ〜、そうやったんやぁ、意外と普通じゃん」

てのが正直な感想でしたね。

普段の授業を受けたことがある方ならわかると思いますが

頭脳明晰で、淡々としゃべり、雑談などほとんど言わないというイメージですが

この日は全然違ってましたねw

個人的には、しゃべったらおもしろいし、親しみやすいのは知っていたのですが(添削などしてもらってたので)

またまた人間的にも大好きになっちゃいましたよ!(*^○^*)


1時間半の講演終了後、1年間のお礼を言いに行きました。

何人も並んでいたので、最後のほうにいって

結局30分くらいしゃべりましたw

センター失敗した話や東北大の話など、超特急で話しまくったって感じでした

会話の中で

「その失敗をうまく乗り越えたこと大きいよ」

とおっしゃってくださったときは、ほんまにうれしかったです^^

また中野師も、「東北大はいいところだよ」とおっしゃってくれたし

現代文の講師らしく、問題でも阪大なんかのマニアックな問題より東北の問題のほうがいい問題だし、まじめさが表れてると思うね

ともおっしゃってくれましたよw


また、仙台の気候や、下宿先の話とかしたら

「なんか仙台に住みたなってきたな・・・w」とまで話してましたw


また、学科はどこですか?と聞かれたので

「化学・バイオ科です」

と答えると、バイオ関連のアドバイスなんかもいただけて非常によかったです。



最後に

先生の持つ専門知識の深さとその解説の明快さのおかげで、日常の悩みや疑問などが、学問という力によって、より高水準で解決することができるという体験を、この浪人生活で、できたことがとてもためになりました

といった旨を伝えると

そう言ってもらえたらありがたいです

と、笑顔で、おっしゃってくれはりました。

本当にありがとうございました。






勉強以外についてもいろいろ考えさせられる人物に出会えたことは、この1年浪人した中で、一番意義のある経験だったと思う

他にも、化学の石川師や地理の岡田師が同じような存在です

彼らは皆、予備校の講師という枠では収まりきれない、人としての魅力に満ち溢れていました

これからもそういった出会いをしたいと思うし、大切にしていきたい

それにはどんな人に対しても、見かけや肩書きで判断するような態度では、到底できないと思うし、同時にそれは意識してやらないと難しいと思う

美輪明宏みたいになれたらいいんですがw

凡人の僕には、まだまだムリですからね


受験を通して学んだことは数え切れない・・・


また、受験を通して嫌いになった言葉は、

学歴」「偏差値

ですねw

人と対峙したときに、人間を見る上で、これほど無意味なものはない

いろいろ異論はあるかと思いますが、まじで要らんよ、これは。




浪人してしまうことになった人

一年間損したみたいな感情は持たなくて大丈夫です

自分の感情について向き合うという作業を真剣にする初めての機会になるかもしれません

浪人でしかできない経験というのは、必ずあるのです

新しい経験を得るために、是非積極的に、考え、行動に移してほしいと思います

自分もそのスタンスは崩さずにやっていきたいと思ってます






(久しぶりぶりに長文だったなw疲れた・・・( p_q)


ではでは








livedododo19 at 03:28│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔