2006年02月

2006年02月25日

ドルチェの大暴走、続き

休日のポカポカ陽気に誘われて、お外の猫達は勢揃い。
思い思いの場所で、のんびり日向ぼっこしてた筈なのに・・・、猫一匹いない。

?と思ったその時、見慣れたデカ猫が白黒猫を追いかけて、家の前の通りを走り抜ける。
もしや〜!!!!と家の中を探していると、
猫ちゃん、さっき出て行っちゃったよ。との、棟梁の言葉で、事態を理解した私。
浴室のリホームのために、職人さん達が機材搬入している隙間を突破したらしいドルチェ。

見慣れたデカ猫が、ドルチェだと断定した時には、何処に行ったのか影も形も無くなっていた。

子猫の頃からずっと家、出慣れない外に行くと、強暴になるドルチェ。
窓越しに見慣れた猫を、鼻チョンチョンの挨拶なしに、熱狂的に追いまわす。
飼い猫やノラ猫のオス猫を、猛突進し追い詰め、手当たり次第ケンカ。
私が迎えに行くとフウーフウー唸って、尾っぽを極太にして怒っている。
挙句の果てに、壁を乗り越え、私を撒いて更に逃走。
日が暮れても、猫を追いかけるドルチェ、ドルチェを追いかける私。

結局、さんざん町内中大暴れしたドルチェは、辺りが真っ暗になった9時に帰宅。
それも、猫好きの近所の奥様に誘導されて、イヤイヤのご帰宅。
もう、ダメ猫ぶりにトホホです。

o-bikubikuあれからもうすぐ1週間。

オーちゃん、シツケが至らなくて申し訳ないです。
本当にゴメンね。 
平謝りする私の前で、オーちゃんは未だに背後を気にしてビクビク。

livedoorenter at 14:59|PermalinkComments(4) Share on Tumblr 一緒 

2006年02月24日

ドルチェ大暴走の前

日曜の朝のこと、2匹で猫観察するラックとドルチェ。

いつもながら、熱心な事、猫ちゃん居るの?

私の問いに、かろうじてラックだけ振り返る。ドルチェは無視をきめこむ。
doruchixe-lack2,1

あまり熱心に見入っているから、よけい邪魔したくて名前を呼ぶも、猫観察に没頭。
ナナちゃん、それともチャコちゃん、オーちゃんでも遊びに来ているのかな?
2匹の猫達の間を割って、覗く私。
doruchixe-lack2,2
誰も居ないよー。
??????????奇妙。

でも窓の横を見上げたら、すぐ上に・・・。
oxtupi-goodmorning上か〜!!
オッピーがガスメーターの上で悠々日向ぼっこしてました。
おはよう、オッピー。

平和だなぁ〜と思っていた休日が、午後に急変、ドルチェが家から脱走。
お外の世界、やはり行きたかったか!?

livedoorenter at 17:14|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 日向ぼっこ 

2006年02月19日

チャップリン系猫

去年の秋から、チャップリンと言う愛称を持つ三毛のメス猫が、居なくなった。
メス猫なのにやたらとガタイよく、そのガタイをいかして、好みのオス猫を見つけると追いかけ、挙句に飛び掛ってGET!
情熱的なアピールに、逃げていくオス猫も多々あり。
そして、恋の後は始終オハラサマ。

だから、チャップリンがママ又はルーツと言う猫がほとんど。
ミーちゃん、ラックのママのグリンママ、ナナちゃんチャコちゃんや姫はじめ3姉妹のママも、チャップリンから産まれた。
今は居ないクリちゃん、チャコットナ、キズメ、クロ、チャトラのママ、ミケ、三毛チン、オッスーも皆ママは同じ。

色んな毛色を持つ子猫を産んでいた、気の多いチャップリンでも、一途な恋をした時代がある。
そして1度だけ同じ毛色でソックリな4つ子を産んだ。
チャトラのママ
gurinmama-3グリンママ
mama-3ママ
osukun-3先月天国に旅立ったオッスー君
子猫の時も大人になってからもソックリで、いつもジート見ないと間違えてしまう程。

そんなチャップリンを、最期に見かけた時も、大きなお腹を揺すって歩いていた。
後産が出なかったのかも・・・。
今頃天国で沢山の子供達に囲まれ、相変わらずオス猫狩りしてるかなぁ〜。



livedoorenter at 16:23|PermalinkComments(4) Share on Tumblr 町の猫たち 

2006年02月15日

日々大きく

chixyako-2005去年のチャコちゃん。
chixyako-2006今のチャコちゃん。チョット大人。

nana-2005去年のナナちゃん。
nana-2006今のナナちゃん。かなり大人。
最近顔の相が変わってます。ぷくぷくよ♪

lack-2006ラック、もう少し頑張りましょうだね。
大きくなってほしいのに、どうしてドルチェのダイエットフード食べちゃうの???

個人差はあるけれど、大きくなった1歳未満の子猫達。
7歳になると・・・
doruchixe-2006ココまで成長は?!ないね、たぶん。
すきあれば、ラックの代わりに、子猫用栄養たっぷりのフード完食するドルチェ。
見るからにもう充分、デッカイぞ。

livedoorenter at 20:39|PermalinkComments(4) Share on Tumblr 子猫たち 

2006年02月12日

町かわり、聖地が消える。猫もかわる?

近所に猫の聖地と呼ばれる場所がある。

1件の古い木造アパートで、今は無人の**荘。
そこには、安全で身を隠せる箱庭と、日の当たる縁側、雨露が凌げる縁側から続く床下がある。

猫達はこの聖地で産まれ、そこで育ち、少し大きくなると巣立っていく。
でも怪我をしたり、病気になると、何処よりも安全なこの聖地で体を休め、また元気になると再び出て行く。
外で暮らす猫達が最期を迎える場所に選び、辿り着くのもやはりこの聖地だ。
老齢や弱った猫達は、自分が生まれたこの聖地に自らむかい、そして2度と外に出てくることはない。

一方で、新しい生を受けて出産を準備する猫がいて、もう一方では、かつて生を受けた場所で静に最期を迎えようとする猫が共存する。
猫達が、産まれ、育ち、死す、60坪一面に広がる床下の世界。

時を経ると、町は変わっていく。

とうとうこの聖地が消える事になった。
8000万近い値の土地が売却され、次期に建売を建てる為に**荘が取り壊される。

猫達はこれからどうする、どうなるのだろうか?

livedoorenter at 20:45|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 町と猫 

2006年02月10日

そろそろ安産祈願だね

oyasumi-mama
ママはお腹の子の分も食べなくちゃ〜ネ。
猛烈な食欲のママ猫。

ママはお腹の子の分も体力を蓄えなくちゃ〜ネ。
ポカポカ日和の中、ママ猫は食べ疲れて、うとうと眠くなる。

出産でこもる勝負の日まで、命得た自分の体を休め、慈しむように毎日を生きる。
今はパワー充電中。






livedoorenter at 18:23|PermalinkComments(2) Share on Tumblr 日向ぼっこ 

2006年02月07日

ケンカするほど仲がいい

hime-ou asobu1姫が獲得した赤いフサフサ。

hime-ou asobu2オウちゃん、横からこそっと見ていたら・・・。
赤いフサフサチョット欲しいーという目に変化。
これは始まるぞ〜と思った瞬間。

hime-ou asobu3突撃一直線とオウちゃんが姫に挑んだ!

hime-ou asobu4
子猫の頃とは違って、ケンカも迫力が増す2匹。
周りの猫も、とばっちりを受けないようにソソクサ非難。
赤いフサフサそっちのけで、仲良くケンカする。
すっごい仲良し♪の姉妹猫。

livedoorenter at 17:17|PermalinkComments(3) Share on Tumblr 獲物 

2006年02月05日

春よこい

晴れの日でも雨の日でも、暑くても寒くても、命は生まれ、命は終わる。
命の満ち引きに気候は関係ないのかもしれないが、1月は寒すぎた。
雪が降った1週間の間に、続けざまに天国に旅立っていった。
人も猫も・・・。

どうしてこんなに寒いのか。
2月もまだまだ寒い日が続くのだろうか。
今年ほど春を待ち遠しく思わない年はない。

livedoorenter at 11:37|PermalinkComments(0) Share on Tumblr なぜ?