2010年07月

2010年07月30日

枕花

グレイトマザーの供養にと、猫ボラ仲間からお花頂きました。
枕花


このひまわり、毎日元気!
水をぐいぐい吸って、綺麗に咲いてくれています。

「逝ってしまったあのコの生命力、近くで感じるようで、とても嬉しいです。」
この方に、枕花のお礼メールを送ると、

「外猫ちゃんの死は悲しい反面、今まで頑張ったね…という切ない気持ちになります(T_T)」
と、返信下さいました。
この方もまた、外で暮す飼い主がいない猫との立て続け突然の別れに、悲しんでおられるのに、お気遣いに感謝がつきません。
生きる方向迷う事無く真直ぐ見定め、どんな苛酷な環境でも、病気でも、障害を持とうとも生きていく、時には家猫になる選択肢を自ら断固として受け入れず、外で暮す猫達。

辛いから可哀想だから悲惨だから。。。目をふさいで見ないでいられるのか?
目を背けても、自然と耳が悲痛な鳴き声を捉えてしまう。

外で暮す猫に寄り添う猫ボラは看取るその日まで、皆同じように悲しみ重ねて、それでも「お互い頑張ろうね〜」声掛け合って、これからも続けていくのでしょう。。。外で暮す飼い主がいない猫、不幸な猫をへらす為に


setagayaneko連続猫虐待事件の被害猫、ソラ君虹の橋へ





livedoorenter at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr 一緒 

2010年07月28日

子猫達ワクチン後も問題なく

無事初回ワクチン終え、確認検便検査も問題なく、子猫定期健診終了、保護時から見ていただいている獣医さんのOKがでたので、里親さんにお渡しできるようになりました。
土曜日、書面等確認と打ち合わせ。
譲渡申し込み書の確認、里親連絡メモの説明、獣医師発行の証明書、区の飼い主のいる猫の助成書面等お渡しして、日曜日正式譲渡になります。
231


保護時いくつもの善意が重なり、今の3匹が新しい家族に迎えられる事になりました。皆さんにこの場を借りて御礼申し上げます。

一緒に居られるの、後ちょっとだね〜

8月1日「大切に育てます!」と仰っていただき、正式譲渡になりました♪

livedoorenter at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr 譲渡猫 

2010年07月26日

荒川区保健所主催の意味

酷暑でだれ寝のドルチxr


先日の文京区セミナーで講演された新宿区保健所職員の高木氏の話、とても勉強になりました。
仕事があるので途中参加途中退出だったので、もう少しお話を聞きたかった残念〜と思っていたら!!

荒川区一般区民向け講習会で新宿区保健所職員、高木氏が招かれ講演されると、発表ありました(拍手)
近場開催なので、今度はガッチリお勉強できそうです♪

さて、定例ボラ懇親会。
ボイスレコーダーで録音された方に聞くもよし。。懇親会の内容は、思い出すと目が三角になるので続きへ
続きは愚痴ちょなので、毒だします。

皆さんスルーしてください!!

続きを読む

livedoorenter at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr 動物行政 

2010年07月25日

静かに看取るしかできませんでした。

グレイトマザー(地域猫 不妊手術済み)永眠しました。
捕獲後2度キャリーケースからプラスチック部分を壊し脱走され、結局猫仲間達と費用を出し合って不妊手術するのに、8年かかったママ猫でした。
人が大嫌いで凶暴で、でも弱ると必ず敷地内の猫ハウスに戻ってきてくれる、賢くて子育て上手、頑張って生きてきた猫。

昨日の昼以来会えなかったグレイトママに、夕方、学生さんが教えてくれた行き倒れ猫情報頂いて、息があるうちに会えました。
目にしたグレイトママは、チアノーゼが出ていて、持病の事を思うと病院へ連れて行くのは諦め、静かに看取る事にしました。
虹の橋の向こうで、先に逝ったママの子猫達が待っているのでしょ。。。
抱き上げて自宅につれてきたグレイトママは、ほんの少し傍にいただけで直ぐ旅立ってしまいました。

地域のボラ仲間が持ち込んだ、グレイトママの好物に囲まれ、一晩私の所で供養して、明日埋葬の手続きしたいと思います。


setagayaneko連続猫虐待事件の被害猫、ソラ君虹の橋へ


亡くなった飼い主がいない猫と対峙する度、強くなる思い。
地域猫と呼ばれ、その近所で寝床やご飯外猫用トイレがいくつもあって、何かあったら皆が猫の事を気にかけてくれたとしても、外でくらしている猫の最後は幸せとは言えない。続きを読む

livedoorenter at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr

2010年07月20日

寝たら治るかなぁ〜

IMG_0539

寝る時間削って、一般の方のTNR協力してたら、喉の痛みを覚えるように。。
普段から何処でも寝れるので仮眠とればOK、ベットでしっかり睡眠とらなくても大丈夫なたちなんですが、ここ何日かとても眠くなると思っていたんです。

「睡眠と免疫」(βグルカン総合研究所メルマガ転載記事)
風邪をひくと熱がでて、食欲がなくなり眠くなるという経験があると思います。なぜ、風邪をひくと眠くなるのでしょうか? それは、風邪のウイルスと戦う免疫物質は、同時に眠りを誘発させる睡眠物質でもあるからです。
風邪のウイルスが体内に入ると、マクロファージなどがこれを捕えて分解し、更にリンパ球がウイルスに対抗する抗体をつくります。この抗体がウイルスをやっつけてくれます。
こうした免疫反応の過程で、インターロイキン、インターフェロンなどの免疫物質が、睡眠を促す睡眠物質になることがわかっています。単に風邪薬の作用だけで眠くなっているわけではないのです。体を睡眠によって休めるとともに、睡眠によって免疫が高められるわけです。

眠気も風邪の初期症状だったんですね〜
猫も人も、体の反応は、いつも気持ちより正直で賢い!?

setagayaneko連続猫虐待事件の被害猫、ソラ君虹の橋へ続きを読む

livedoorenter at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr なぜ? 

2010年07月17日

猫の縁で巡り会えた里親さん

以前小学生持込の子猫保護した数年前。
その時里親さんになってくださった方の紹介で、3匹の保護子猫のお見合いというより、気軽に見ていただきました。

紹介頂いた里親さんは、代々飼い主が居ない猫を保護し飼い猫にして下さっている方で、20歳で亡くなった先住猫さんを偲んで、初めて猫が居ない日々を暮されていたようです。
今回は、この機会に新しい家族を迎えようかとお声頂きました(感謝)
次に出会った子達として、今回私の保護する子猫3匹会っていただいて、1匹では可哀想と3匹一緒に家族として迎えて頂く事に(祝♪)
3
2
1

私の方は、子猫のワクチン済んで手がかからなくなるまで手元に置き、それからの譲渡をお願いしました。
遺棄されていた子猫3匹、正式な里親募集活動前に、大切にして下さる家族決まり一安心です。


猫の輪から、猫ご縁で巡り会えた里親さんに、ご心配かけないよう、引渡し予定日(子猫独立期までの後1週〜2週)まで、大切に育てたいと思います。

livedoorenter at 16:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Share on Tumblr

2010年07月15日

あれ!無い!!

要領悪い私が、TNR予定の地域掛け持ちし、朝まで粘ったり、仕事の昼休み抜け出してトラップしかけたり。
自分でもギリギリっぽいなぁ〜というヤナ予感。。。的中!!

普段持ち歩いている鞄に入っているはずの、カードケース一式丸ごと無い(血の気引く。。)
どこで紛失したのか、落としたのか、はたまた置いてきたのか?
まったく思い出せない。。

保険証他身分証、ドナーカード、診察券、キャッシュカード、証券&銀行カード等
なんとも笑っちゃうくらい何にも無くなっちゃったけれど、自失呆然している訳いかないので、カード系全てストップと再発行手続き即済みに。

その後、職場に事情説明して、交番へ紛失届出を出しに行くと。。。
他の交番に奇特な方がいらして、私のカードケース一式丸ごと落とし物して届けてくださったことが判明!!
お巡りさん目の前に、無事戻ってきた丸ごとを並べた私。本当に助かり感謝感謝でした。

見つかるなんぞ、まったく諦めていた私。
「世の中知らず知らずすれ違っている人の中に、善意に溢れる方がいる」私が気付いてないだけなのですね〜

匿名で届けてくださった方に、この場を借りて、重ねて感謝申し上げます。(謝意)

livedoorenter at 16:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Share on Tumblr

2010年07月13日

幻聴かと。。。

活動地域は、地域の猫仲間とカンパしあって外で暮す飼い主がいない猫不妊去勢手術したり、自腹で手術して家猫に迎えたりして、子猫が生まれる事は100%ないので子猫もいない。。。但し、子猫は捨てられるまでの話。

今日の午前中、赤ちゃん?とも思う聞き覚えのある泣き声家の周辺から??
幻聴か。。。
程なく、家族や近所からお声がかかり、泣き声ではなく、鳴き声だと知る。

呼ばれて対面したチビ猫ちゃんに
「どっから来たの〜?」
腑抜けた質問する私だったが、見た瞬間、ちょっと固まったり、猫の容姿に釘付けになった。
三毛柄の入り方と、子猫の割りにキツイ目と特徴ある尾のクルクル形状、大きさと言い見覚えがあった。

活動地域外で捨て猫情報として確認した後、大きな公園近隣住民の方が見守ってくださっていると知った子猫だった。
朝一連絡すると、やはり三毛子猫がいなくて心配していたとお電話で返答頂いたので、兄弟子猫のいる元の場所に届け、まさにその猫であると確認してもらった。
子猫がいる弱ってそうだから、面倒見てくれそうな家の前に置いて行こう〜と、公園周辺から猫を移動した人がいると、容易に想像できる。

安易に連れ回された猫は、返って弱り死んでしまうのに、何処の誰だかわからないが、おせっかいの割りに、無責任なマル投げ者が実に多い昨今。
その上、ボラがいる地域だからと、家の前に放置する。。。かんべんならない(怒)

今まで、雨の中体力消耗してそのまま死んでしまった死骸や、家の前の道路で車やトラックに轢かれた亡骸として、捨てられたのを誰も気付づかず手遅れになった子猫達を、どれ程回収してきたことか!!

今回発見が早く、偶然知っている子猫ミーミちゃんで、元の地域の兄弟猫の所に帰れて、本当運が良かった。見守ってくださっている地域の方も、再び目にした子猫の姿に安堵されていた。

弱ってる猫?子猫?見るに見かねてその手に抱きかかえたなら、そのまま動物病院で治療等の処置してもらうか、ご自身のできる範囲で保護。できないなら、最初から関わらないで欲しい。

setagayaneko連続猫虐待事件の被害猫、ソラ君虹の橋へ

livedoorenter at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr

2010年07月12日

遊びの極意

子猫達3匹いれば、3匹のお気に入り遊びは3模様♪

キラキラボール独占でわんまんサッカー中
ボール遊び-1


人の体を木代わりに登り、肩からジャンプのムササビ遊び
体登り-3



狙いを定め-2

うっ目が合うと突進、顔タッチ!!
顔タッチ-2


素敵な里親さんに会えるように、一杯遊んで、一杯大きくなるんだニャ〜♪

livedoorenter at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr 子猫たち 

2010年07月11日

いつか(猫でもワインでもありません)

猫SOSがあれば、自分の野暮用ばっくれ、万事優先順位がこんな感じの私。

今回はバックレずうけた定期の予約診療だったが、いつもの担当医がいない。
検査の段階からずっと診て頂いていた。
かつて、薬効が現れず副作用が気になって相談すると、この薬だめなら他の薬も効果が出ているのがあるからと親身に話をして下さった。

大学病院いつも多忙を極めているので、退職されたのかもしれないが、少し気になる事が。。。私と同じ薬をずっと飲んでいると仰っていた女医さんだった。
地元のかかりつけの病院で有能な専門医として紹介頂いた先生が、他の病院に転職され、現役で多くの患者を救って下さっていると信じたい。
新しい再スタートをきって、今尚健康で毎日過ごされている事も。。。

pachi-脱力系


文月、この気候に食欲減退するので、キンキンに冷えたスイカを朝から齧る。
甘さと冷たさに、体全体がみずみずしい旨みで満たされる。
美味しいものを美味しいと感じるのは、体調が良い証拠。
これも先生のお陰、ありがとうございました(感謝)
いつか伝えたいと思った。


setagayaneko連続猫虐待事件の被害猫、ソラ君虹の橋へ



livedoorenter at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr

2010年07月04日

里親募集写真、超難解

kago-231

起きていればずーと遊ぶ3匹の保護子猫。
kagoいまいち-231

飛んで、跳ねて、よじ登って、突っ込んで取っ組み合いで、かけ抜け落下、又飛んで〜
kago脱出-231


里親募集のポスター写真撮ろうとしても。。。。皆ブレブレでお化けみたいに写っちまうよ!!

3匹揃った写真は寝姿になっちゃう、小声でつぶやくケンホロロ〜
oyasumi-123


setagayaneko連続猫虐待事件の被害猫、ソラ君虹の橋へ

livedoorenter at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr

2010年07月02日

口コミの威力

先日、動物虐待防止の為のパトロールにお願いに行った時、お巡りさんに聞かれました。
「あなた達ボランティアさんが言う『TNR』の訳さない正式名と住所、連絡先教えてください!」

「。。。『TNR』って、愛護団体とかボランティア団体の名称ではないんですよ。飼い主がいない猫の繁殖抑制のやり方で〜」

聞いてくれれば渡りに船。
それを取っ掛かりに説明できるので、同行して下さったボラさんとニッコリ顔見合わせました。

私達が当たり前に話しているT(トラップ捕獲)N(不妊去勢手術)R(元の場所へ戻す)。
聞いていても興味なくてスルーしている人多い中、動物愛護や動物福祉に興味がなくても、何だろうと思ってもらえる人を巻き込めば、口コミでも広がりをみせます。


setagayaneko連続猫虐待事件の被害猫、ソラ君虹の橋へ

livedoorenter at 10:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Share on Tumblr 町と猫 

2010年07月01日

相談者へのお願い

夜中早朝、仕事中と色々な時間帯にかかってくる電話。
切羽詰っている様子でも、過度な期待には応えられないので、先ずは自分にできる事とできない事を話した上で対応している。

緊急な時は、仕事を抜け出す事も。
切羽詰った相談者も話をしていく内に懐柔し、ふと気になるのだろう。。。「あなた、これ(猫ボランティア)で食べているわけないですよね? こんな時間に大丈夫なんですか?」

「こんなんで食っていけないですよう〜(爆笑)」と私。
相談者が話していて、相手である私の事情が気になる段階になれば、目の前の問題に対しても、困惑から問題解決からの懐柔さを、その方が得つつあると、判断してよいのだと思う。
その変化が見られたら、突き放すわけではないが、自分が区に登録しただけの個人のボランティアである事も、仕事をしている事も、唐突な呼び出しもびっくりする事をありのまま話すようにしている。

皆が参加すれば、それだけ時間も費用も少なく抑えられる。
毎年へらされていた生活衛生や福祉の予算の中、飼い主いない猫の不妊去勢手術助成費用を確保するのは、大変な事。
せっかくの助成ならば、多くの方が参加して地域猫が荒川区に根づく事こそ動物問題の苦情を減らし、使われる税金費用対効果を最大限あげられる。

だから、一緒に目の前の小さな命から逃げずに、ボラとまで言わないが、地域の協力者としてTNRや日々の飼い主がいない猫の適正管理を、少しずつでも参加できないかとお願いしている


setagayaneko連続猫虐待事件の被害猫、ソラ君虹の橋へ

もうそろそろ保護部屋の猫たちの看病と子猫飼育を両立させて、TNR復帰しないとヤバイ??!!続きを読む

livedoorenter at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr 町の猫たち