高木優治氏による地域猫対策講演会も予定の荒川区登録団体懇談会のお知らせ東京都 「動物愛護相談センター整備基本構想(骨子)」パブコメ募集開始

2017年01月26日

慢性腎不全の猫サプリについて 「アミユー(必須アミノ酸9種補給剤」

IMG_20170125_144022

 昨年2月、看取りで保護した元地域猫姫ちゃん(現17歳 不妊済み雌)が、慢性腎不全が遅滞し回復、血液検査でも異常数値が基準値内になってきました。


一般的に、猫腎不全の終末期では、極度に脱水するため、唾液も出なく、嘔吐や口の痛みを伴う症状がみられ、大量の水を飲むだけで食欲極端に落ち込みます。特に高齢猫の場合は、点滴など動物病院での腎不全対症療法の処置をして貰っても、一度落ちた体重すら維持できないほど、食べなくなってしまうものです。

 その為、先ずは猫が食べてくれる(強制給餌で飲み込む)ものを、生命維持のために食べさせる事を優先させるしかありません。


 姫ちゃんの場合は、一年前の平成28年1月23日の血液検査結果の通り、慢性腎不全ステージ4で、ほぼ回復は望めない状態でした。

 この日以来、地域猫から我が家に迎えた姫ちゃんは、ほぼ1日倦怠感で混沌と眠りつづけ、点滴しても直ぐにシャワーのような大量尿で脱水、、、
 消えかけた命に私が出来る事は、食べれなくなって削痩した体を抱え、さすって撫でてあげるしかできない、そんな見取りのケアの日々が数ヵ月続きました。

IMG_20170125_143934


 この時、慢性腎不全の栄養嗜好食品として、フードやおやつとまぜ、摂取させていたのが、ヒトの慢性腎不全として使用されているサプリ「アミユー」です。

アミユー[必須アミノ酸9種補給剤]
腎不全時のアミノ補給作用機序、特徴、副作用
http://xn--rbt9ni59fe5e.com/%E8%82%9D%E8%83%86%E8%86%B5%E8%85%8E%E8%96%AC/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%A6%E3%83%BC.html


長期服用させた猫に看られた改善点は、食欲増進,たんぱく質代謝効率,BUN改善,クレアチニン低下がみられました。(ただし、改善であって治癒ではない旨ご注意下さい。)

※実際ご自身の飼い猫にとお考えの場合は、猫の場合はかなり少量(ヒトの1日投与量の2分の1〜4分の1)摂取となりますが、念のため必ず担当獣医師にご相談下さいませ。

※ただし、これは薬ではないあくまでサプリ(必須アミノ酸補給剤)で、限定的な効果や個体の症例に合う合わないの個体差があります。

 以下、参考までに、その他のリン吸着剤などのサプ「レンジアレン」なども、山本先生のNekoPediaが、猫腎不全病については分かり易すいので、こちらのご一読もおすすめ致します。

猫の慢性腎臓病(慢性腎不全)のアウトライン |
猫専門病院の猫獣医による猫BLOG
ネコペディア
http://catman.moo.jp/feline-ckd/



livedoorenter at 17:55│Comments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr 猫ガイド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
高木優治氏による地域猫対策講演会も予定の荒川区登録団体懇談会のお知らせ東京都 「動物愛護相談センター整備基本構想(骨子)」パブコメ募集開始