2006年10月08日

てすと

1322d800.jpgてすてす

livedoorwarosshuwww at 21:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月19日

関口宏vs親父

今朝のサンデーモーニングで、関口宏が大失言をした。

WBC準決勝、2組のドミニカ共和国対キューバの結果を伝えるときのこと。

決勝トーナメントのフリップを手に取り、赤のマジックでまず得点を書き込む。

で、ドミニカ共和国の『国名に』赤マジックで斜線を引きながら、「えーっと、こっち(ドミニカ)が死んで…」と言い放ったのだ。

『死んで…』って…。

確かにわかりやすい表現だけど、言葉としては最悪。
テレビに出る人間の発言じゃないよ、国名を差して『死』なんてさ。

関口宏って、司会ぶりを見てるとどうもスポーツ選手をバカにしたふうな発言が多いんだよね。

まるでうちの親父そっくり。

共通してるのは、ほとんど理解もしてないのに知ったかぶりな発言ばかりなこと。
目先の結果だけでその選手を『人間の価値』として評価すること。
自分の知らない選手がいきなり金メダル的な活躍すると、異常な嫉妬心を燃やして皮肉ること。

とにかく人間性を大きく欠いた考えを、平気で、人前で、ためらいもなく、そのまま言葉にしちゃう。


関口宏も親父も、大人気ない。

大人気ない大人がこうだから、子供たちがマネするんだよ。

「あんたらは今の子供たちの現状を作った原因のひとつ」だってことを自覚してない。

そのくせ少年少女の犯罪は家族背景も知らずに当人たちを叩くのみ。

こういう大人がいるから、ますます子供がひん曲がっちまうんだっつうの。


関口宏も親父も、いいかげん気付けよ…何歳だよ、あんたら(笑)。

俺から見ると2人ともどっちもどっちな人間だけど、テレビの影響力を考えると、関口宏の罪は相当重い。
livedoorwarosshuwww at 11:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

またトラブルの種を…

いやぁ、さぼっちゃったなぁ。

書きたいネタはいっぱいあったんだけど何となく「面倒臭い」っていうか…まあそんな感じ。

で、今書いてるのも特に何かを思ったわけじゃないんだけど、ついでだからテキトーに…(笑)


4月から『ワンセグ』のサービスがスタートするけど、あれ、この先日本国内で起こるあらゆることが容易に想像できちゃう。

なんか『ウォークマン』が流行りだした頃や、携帯のが定着しはじめた頃などを思い出すんだよね。

電車ん中でウォークマンを使ってシャカシャカ音漏れさせてるような奴、あれほどジャマくさい音はない。

きっとワンセグが出たら、同じように音量しぼらずにテレビを見る奴が必ず現われる。

んで、音がうるさいだの何だのってトラブル。

また繰り返されるんだな…。


律儀だった日本人は、文明の『喜び』だけ覚えちゃって、すっかりマナーの悪い下品な人種になっちゃった。

その最たるものが『Winny』で、開発したのが日本人なら、その怖さを知らずに乱用して墓穴掘ってるのも日本人。
こんなお笑い草なことはないよ(笑)。

ハメ撮りや自分のイチモツを撮った写真などを流出させちゃった変態公務員、
援交相手のオッサンと写メなどをHPにアップして、その中に制服姿もあったもんだから名前も学校ももちろん援交してたこともバレちゃったマヌケな女子高生…などなど、無知な方々のトホホな事件が多すぎる。

なんか流されやすい人があまりにも多いっていうか、サービスの便利さに目が眩んでまわりが見えてないっていうか…。

もう今、みんなそうなっちゃってるから本人はもちろん自覚がないし、まわりも気付かない。

タチが悪いのは、「自分はそうじゃない」って完全に勘違いしてる奴。

前にも書いたかな。
勘違いっていうか、そういう奴って自分がそうだと『夢にも』思ってないんだよね。


それもこれも、楽しみや喜び『だけ』を伝えてきた結果が今の日本人の有様なんだろうけど、にしてもホントお粗末すぎだよ。


ウォークマンのシャカシャカ、電車内の携帯、制服着て街中で堂々とタバコ、直線的・盲目的な車の運転、敬語の使い方、箸の持ち方…果てはゲーム感覚で人殺し。

どこかで誰かが言ってたけど、「どうして人を殺しちゃいけないの?」って…なんじゃそりゃ!?


ワンセグの話に戻るけど、とりあえず今後確定的に起こること…

‥甜屐Ε丱垢撚士未靴椶蕕困妨る奴続出→トラブルも続発
∋纏中・授業中に見る奴続出→特に学校ではそれに伴う生徒と教師のトラブル続発

「えー、またしてもワンセグでトラブルです」って安藤優子さんあたりが斜に構えてニュースを読む姿が目に浮かぶ…。


俺、テレビっ子だけど、ワンセグにちっとも魅力を感じない。

たとえば外で一人でいて、スポーツを見て熱狂できる?、バラエティ見て一人でプッて笑える?、あんな小さい画面でドラマ見て感動できる?

こんなサービス始める前に、連続使用10時間ぐらいできる電池パックをいいかげん開発してほしい。

そっちのほうがエリア関係ないし、よほど売り上げが伸びると思うんだけど。

開発する側自体がサービスありきだからどうしようもないよなぁ…。
livedoorwarosshuwww at 00:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月10日

もうすぐ夜7時

まもなく親父の大好きなNHKニュース7。

他人が持て囃されるのに異常な嫉妬心をむき出しにする親父。

実力のある選手をなぜか決して認めない親父。


カーリングのチーム青森が中学生チームに負ける大波乱、

浅田真央の失敗ジャンプ連発の銀メダル、

(それでもまだ打率5割だけど)ヤンキース松井のオープン戦2三振&2試合連続ヒットなし。


あと5分後、親父節大炸裂間違いなし。
livedoorwarosshuwww at 18:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月09日

あなたは『霊』を信じますか?

みなさんご存じの『江原啓之』。

テレビでも披露しているように、オーラや前世や守護霊を見てズバズバと言い当てている(?)あの人だ。

テレ朝の深夜番組で三輪明宏との協力コンビでゲストを斬るサマは、見ていておもしろい。

ただこれ、江原啓之に限らずだけど、霊を見てその人の人生を指南することに関しては、必ず賛否両論になる。

それもこれも、『非科学的』なことだからなんだけど、非科学的である以上、どうしようもないんだよね。

特に理系の頭脳の人は科学的根拠がないものは絶対に認めないフシがあるから、どう説明しても無駄。

江原啓之側の立場からしても、何しろ目に見えないものだから、説明しても目に見えるカタチでは証明しようがない。

だから「私には見える」「信じる人だけ信じてください」としか言いようがないのだ。

俺は、見える見えない信じる信じないというよりも、単純に「すげーなー」と思っちゃうだけの単細胞バカだからなあ(笑)。


その『非科学的』なことに付け込んで、悪徳な商売をしている輩がいるのも確か。

とにかく証明するものがないから、ある意味『何でもあり』なんだよね。

まあどこぞの霊的なことを扱う新興宗教なんかは、明らかにインチキだってことがわかるんだけどね(笑)。

とにかく、信じるか信じないかは各々の勝手にしてもらって、俺は単純にひとつのテレビ番組での江原啓之を楽しんで見たい。


あ、新興宗教ともうひとつ、ハッキリしてることがある。

江原啓之は細木数子よりは信用できる(笑)。
livedoorwarosshuwww at 23:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月08日

超高額の馬、特売品の卵

何日か前、アメリカで競走馬がとんでもない金額で落札されたらしい。

日本円で約18億だって(笑)。

血統は大したことはないんだけど、タイムトライアルの走りが素晴らしかったとか…。

『血統のスポーツ』って言われる競馬で、こんなことはそうそうないよ。

200mを10秒切るタイムで走るのはすごいことなんだけど、18億じゃ採算とれないんじゃ…。

だってさあ、賞金の高い日本でG1勝ちまくったテイエムオペラオーが稼いだのが18億だよ。

よほど走りまくらないと回収はムリ。

将来種牡馬として売却するにしても、競走成績が伴ってないと高値はつかないし。

いずれにしろ勝たせまくらなきゃいけなくなるわけだ。


まあ大金持ちの落札者からすれば「心配無用」と言いたいところなんだろうけど、1パック98円の卵を買うのにもヒーコラ言ってる俺は気になるわ(笑)。

ウチの近辺のスーパーで売ってる卵の通常相場は100円台後半だから、特売で半値近くになろうもんならそりゃ並ぶさ。

ああ並ぶさ!(笑)。


18億って何だよ…。

3万でいいからくれよな(笑)。
livedoorwarosshuwww at 01:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月06日

何やってんの?

駒大苫小牧の選抜高校野球出場辞退、びっくりしたなあ。
いろんな意味で。

テレビに出てるコメンテーターやら、某インターネット掲示板(笑)などで語られてることを書いてもつまらないので、何かテキトーに能書き並べてみる。


昨日の某番組を見てて思ったことがある。
元部員の親父さん、何やってんの?、と。

顔出しNGでちゃっかりインタビューに答えるのはいいんだけど、その内容。

息子が息子が…って弁明に必死になって、謝罪の言葉ひとつもない。

普通さ、「うちの息子がご迷惑をおかけして申し訳ございません」ってのが最初に出てくる言葉でしょ。

あんなバカ丸出しのインタビューの答え方になるぐらいなら、出てこないほうがマシ。

マスコミのインタビューなんて都合よく端折られて、本当に言いたいことが伝わらないし。

結局「この子にしてこの親あり」って思われるだけ。

ああいう親を見ると、いくら学校側がキツく言ったって生徒には効かないな…と思う。


あと思ったのはさ、今は何でも警察に通報しちゃうんだね。

飲み屋で酒飲んで騒ぐのは当たり前。

それの度が過ぎるようだったら、店員に注意させる→店員の注意を聞かない・逆ギレして暴れる→ようなら通報するのが流れでしょ。

通報した客、そんなに静かに飲みたきゃバー行けよ(笑)。
さよーならー。


警察に通報といえば、先生もそう。
生徒に殴られたぐらいで警察呼ぶなよ。

先生→生徒の暴力は体罰で、その逆が許されるような状態って、どう考えてもおかしいじゃん。

先生、生徒に殴られたら殴り返そうよ。

殴り返したら体罰って言われちゃうから警察沙汰って、情けないでしょ。

何でもかんでも警察警察って…、中高生の腕っぷしなんか大したことないじゃん。

大人なのに…何やってんの?


まあとにかく今回の苫小牧問題もそうだけど、親は我が子が問題を起こすと、ほんっっっっとに無責任な立場を決め込むね。

自分が被害者側になればあーだこーだ言ってくる。
でもいざ加害者側や問題行動側(対象が未成年の場合ね)の立場になると、親はサッパリ出てこない。

どっかの野球部だろうが卒業生だろうが小中学生だろうがプーだろうが、二十歳になるまでは『未成年』なんだよ。

その未成年が我が子であった場合、表に出て何か一言あってもいいんじゃないの?
それが当然なんじゃないの?

被害者側になったときだけしゃしゃり出て、そりゃあないんじゃないの?

体罰があったらめっちゃ騒ぎ立てるよね。
でも生徒が先生殴ると親はなんも音沙汰ないよね。
あれ、なんだろうね(笑)。

まあいざ出てきたところで、先に書いた親父さんのようなインタビューになっちゃうんだろうけどね。


確かに駒大苫小牧問題は、学校と野球部の指導不足だったかもしれない。

でもさ、それはあくまで『一因』にすぎないんだよ。

甲子園で優勝して、全国に知られるところになって、でも卒業したからって平気で居酒屋でドンチャン騒ぎして…そんな息子を育てのは、間違いなく『親』なんだよ。

この親たち、『申し訳ない』って気持ちより『恥ずかしくて近所に顔向けできない』っていう気持ちのほうが強いんだろうな。

でなけりゃ普通、顔はテレビに出せなくても謝罪の意志を示すことぐらいはできるはずなんだけどね。

まあ学校や後輩部員に謝罪したかもだけど、社会的影響を考えたら…ねぇ。

どうあがいたって日本では二十歳未満は未成年なんだから、親が我が子に代わって何かするのは当たり前なんだけど…。


子を持つ親を含めた大人たちはさ、学校教育がダメになった本当の原因を、自分たちだと思ってないんだろうね。

夢にも思ってないだろうね。

居酒屋でうるさいと思っただけで警察に通報しちゃった大人、未成年の息子だけに責任を負わせようとする親。

あんたら、何やってんの?



あ、そうだ。
ここで、無知だった駒大苫小牧卒業生にいいことを教えてあげよう。

『世渡り上手』
になりなよ。

今回の駒大苫小牧卒業生もそうだし、全国の(一部の)中高生に共通することなんだけど…みんな、堂々としすぎだよ(笑)。

街に出れば制服着たまま堂々とタバコを吹かし、公共の場で迷惑行為をし、注意されれば逆ギレする。

こっそり悪いことをするっていうスリルがないじゃん。
だからって万引きしろって言ってんじゃないよ(笑)。

なんつーのかなあ…、そういうスリルを味わうのも学生時代の一部だと感じられないかなあ。

例えば駒大苫小牧野球部の場合、卒業したからって堂々と酒飲むんじゃなくてさ、有名人になっちゃったんだからこっそりコンビニなんかで酒とツマミ買ってればさ、誰かの家でなら飲んでもよかったんだよ。

未成年が酒・タバコやっちゃいけないことは誰でもわかってる。
俺もやってたよ。

だけどさ、そこは要領よくやらないと。

まわりから問題視されるようなことを堂々とやったら、注意されたり捕まったりするのは当然の報いなんだよ。

世渡り上手になろうよ、てか上手な世渡り方を身に付けようよ、中高生。

わからなきゃ大人や先輩に指南してもらいなよ。

小中学生ぐらいのときにいなかった?こんな奴。
なぜかエロ本をやたら仕入れてくる奴がいて、そいつにはお兄ちゃんがいて…。
でもそのお兄ちゃんも、どこからそんなに次から次へとエロ本を仕入れてくるのか謎…みたいな。

そういうさ、何だかわからないけど変な知恵?っていうか変な要領の良さっていうか…、そういうちょっとした変な素質がある奴っているよね。

そういう奴って、なんかちょっと悪いことして見つかってもうまく逃げられる要領のよさがあってさ…

ん〜、なんかうまく説明できないけど、そういうことなんだよ(笑)。


10代のうちから堂々とそんなことしてると社会に出たとき物凄く苦痛になるし、それが積み重なって大きな犯罪を引き起こすことにもつながりかねない…と思うんだよね。

そこを要領よくこなすことによって、世渡り上手になれると思うんだよね。

まあたぶん、多くの10代が「世渡り上手になれなくたっていいよ」「今が楽しけりゃいいんだよ」なんて言いそうだけど、いずれわかるよ。
イヤっていうほど思い知らされるよ、必ず。

聞く耳を持つことも、それが必要だってことも、10代で覚えておいたほうがいいんだけど…。


それもこれも、いい意味での悪知恵を教える大人が少なくなった、ってことなのかねぇ…。

livedoorwarosshuwww at 21:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月05日

基礎、基礎、基礎!

某週刊誌を立ち読みした。

あるページに、テレビウォッチャーなる肩書き?の人たちによる、冬季五輪総括みたいな記事が載ってた。

『テレビウォッチャー』だからスポーツジャーナリストのような専門知識はいらないけど、それを割り引いてもまあ何と程度の低いコメントか…。

ただ見た目がどうとかスノボの選手は生意気だとか…俺でも書けるっつうの(笑)。

極めつけはカーリングの掛け声にイチャモンつけて…「気味悪い」だってさ。

プレーに必要な掛け声なんだから仕方ないでしょ。
ルールも全く理解してないみたいだし。

あんなんで『テレビウォッチャー』名乗れるんなら俺も仕事にしようかな。

まだ俺のほうが多少はマシなこと書けると思うよ(笑)。


ところで、冬季五輪が終わって1週間経つけど、メダリストの追っかけはまだ終わらないねぇ。

何しろ日本選手で唯一、しかも金メダルだから当たり前っちゃあ当たり前か。

でもその裏で、ウインタースポーツの厳しい現状も報道されてる。

ああいうのを見ると、五輪に出ることよりも競技自体を続けることのほうが困難に感じるなあ。

例えば荒川の金メダルを引き合いに、フィギュアスケートの厳しい環境がよく取り沙汰されてる。

フィギュアに限ったことじゃないだろうけど、ウインタースポーツは基本的にお金がかかる…ってイメージがある。

何といっても真っ先に頭に浮かぶのは『道具』。

明らかに他のスポーツよりお金かかりそうだもん。

子供にフィギュアを習わせてた親のインタビューでは、「お金に困って断念しました」って言ってたし…。

まあ親のエゴで始めたところで伸びるとは思えないし、子供自身に素質がなきゃ大成はしないけど。

おまけに練習する施設は続々閉鎖…、人気競技のフィギュアでこれなんだから、日本のマイナー競技で選手が育つわけないよね。

あるスポーツジャーナリストによると、五輪に飛行機で向かうとき「選手がエコノミーでJOC役員がファーストクラス」だっていうし。

それで「メダル目標5個」って、ホント勝手だよなあ。

俺はもともと他人が勝手に決めたメダルの目標なんてクソだと思ってるし、頑張らない選手はいないんだからそれぞれの結果は「よかった」「残念…」、それでいいじゃんか。


とにかく、メダル1個だったからって『惨敗』とか言うのはやめようよ。

育てる環境を整備して、バックアップ態勢を充実させて、その上で自信をもって選手を送り出し、『惨敗』したら叩きゃあいい。

日本はまずそこから。

基礎も固めてないのに結果を求めてさ、目標に届かなかったからって選手に責任転嫁するような発言して…、JOCって耐震偽装の面々と同じじゃんか。

五輪で『世間一般が』惨敗と評したとき、その原因はJOC。
これ、定説。

長野に聖火をもってきて盛り上がって、リレハンメル(だっけ?)でもそれなりにメダル取れたもんだから、完全にJOCは『油断』した。
原因は簡単。

そう、思い返せば簡単なことなんだよなあ。


男子体操を思い出してほしい。

アテネで団体が金に返り咲いたとき、長い低迷から抜け出した要因が検証された。

その昔、柔道よりも『お家芸』だった体操。
それが旧ソ連を中心とした東欧勢にかなわなくなった。

成長したロシア勢の練習内容を研究したとき、日本体操低迷の原因は実に簡単なものだった。

ロシア勢が取り入れたのは、その昔日本が金メダルを独占していた頃の練習法だったのだ。

その中身も実に簡単。
『基礎の徹底』

そう、日本人がいつのまにか嫌いになっちゃった『基礎』だよ、基礎。

とにかく基礎を徹底的に反復練習することでミスがなくなり、かつ手足の先まで行き届いたキレイな演技を見せることができた。

それは大技の成功率を高めることにもつながる。

勉強でも同じこと。
基礎問題が解けなきゃ応用問題なんか解けるわけがないでしょ。

そういうことなんだよ。

それを一からやり直した体操協会関係者は、見事育成・再生に成功し、選手たちもあの大逆転の金メダルというカタチで応えることができたのだ。

今回の冬季五輪選手に対するJOCの姿勢は、まさに体操低迷期のそれ。

過去2大会でメダルをそれなりに取れたという、完全な
『慢心』。

それが「メダル目標5個」という無責任な発言につながり、『世間一般が』期待する結果を裏切るカタチになったのだ。


今回荒川が金メダルを取ったことで、学習能力のないJOCのオッサンどもは『惨敗』のこともすっかり忘れて、4年後にまた同じことを繰り返すだろうね。

気付いたとしても、体操陣復活の過程を考えると、どのみち再育成が実るまでは相当年かかると思う。

冬季五輪で再びメダルが複数取れるようになるのは、早くても8年後になるだろうね。

それは、JOCが各競技団体にちゃんと指導すれば…の話だけどね。

やらなきゃ体操のように、各競技団体が独自にやればいいのさ。

再育成のための費用は、「ファーストクラスに乗るカネあったら廻してください!」って言えばいいんじゃない?(笑)

livedoorwarosshuwww at 14:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月04日

女性必見!盗撮されない虎の巻

JKマニアなオレも、ちょっとは貢献しないとね。

2月20日に書いた
盗撮犯を捕まえた!
に引き続いて、今回は女の子たちのために『盗撮されない極意(?)』を教えます。

これは、マニアなオレの経験とサイトでのマニア同士の情報交換などから基づくものなので、偏った検証になるかもしれないけど…。

でもそこは、同業者を敵に回す?つもりで披露しちゃいます。

あっ、ちなみにオレは盗撮は一切してないよ。

女の子にとってはオレも同類かもしれないけど、
盗撮犯を捕まえた!
を読んでもらえればわかる?から、ね。



●街角編

街角は盗撮の宝庫。
雑踏の中では、携帯・デジカメ…何でもアリ。

携帯は、電話・メールする『フリ』でも盗撮できます。

『音』。
フォト・ムービーどちらでも「カシャ!」って鳴るけど、雑音ありまくりの街角では撮られても聞こえません。

ただ、携帯撮りのプロたちは、静かな所でも大丈夫なようにスピーカーを外したり壊したりしてるので、静かだから・音がしてないからといって油断してはいけません。

また、カメラを起動しているときに点灯してしまう『イルミネーションウインドウ』なども、何かを貼って隠しているので一目で気付くことはできません。

歩いているときに、携帯をいじってるんだけどやたら後ろを付いて離れない…って奴がいたら、かなり怪しいでしょう。

このパターンの場合、ミニスカの人はフトモモ、タイトスカートやピタパンの人はヒップラインやパンティライン、夏場ならブラ透け…などを撮っていると思われます。
注意しましょう。

デジカメも行動パターンは同じです。
ただ、携帯と違ってバッグなどに仕込んでるので、気付きにくいかもしれません。

ウエストバッグの場合は、手元に注意するといいかもしれません。

タチが悪いのがビデオ撮り。
普通のバッグに仕込んで歩けば、ミニスカの人はパンチラまで撮れちゃいます。

このテのマニアは、『肩に掛けるタイプのバッグ』なのに手に提げているので、その不自然さに注意しましょう。

いずれにしても、「つけられてるな」と感じたら、一度立ち止まってやり過ごしたり何度も振り返ったり、「警戒してるわよ」というアピールをしましょう。

街角でM字にしゃがんでいる人も気を付けてください。

前をバッグなどで隠しているからといって油断してはいけません。

角度を変えれば見えることもあるし、歩いてる人からは見えなくても、地べたから撮れるバッグ仕込み盗撮魔には関係ありません。

また、目の前に人が通っていないからといって隠さないのはもってのほかです。

遠くから物陰に隠れてズーム盗撮するマニアもいます。
ビデオの性能を侮ってはいけません。

M字でしゃがむのはやめましょう。


●階段編

駅の階段やエスカレーターは、パンチラ盗撮の宝庫。

パンチラマニアは、角度がついて盗撮しやすい階段やエスカレーターを狙います。

階段を上るときは足元を注意しなければいけないので、背後に迫る盗撮魔に気付きにくいです。

よくスカートを押さえて階段を上る人がいますが、上り切ったからといって油断は禁物。

下方の盗撮魔は、そこで安心して手を離す瞬間も狙っているのです。

階段の場合は、上り切って、なおかつ下から見ても完全に自分の姿が見えなくなるまでスカートを押さえる…ことをお勧めします。

エスカレーターも危険です。

背後の危険に気付かなければ、立ち止まっているから盗撮魔は容易に撮ることができます。

それにエスカレーター専門の携帯盗撮魔の場合、いつでも撮れるようにカメラを起動させてポケットなどに忍ばせているので、一度振り向いて怪しくないからといって安心するのは早計です。
女性が前に向き直った瞬間、携帯を取り出す…なんてことことをする知能犯?もいます。

それから、エスカレーターは『下り』も危険なのです。

バッグ仕込み盗撮魔は、ローアングルから怪しまれずに撮ることができます。

ということは、上りと逆でミニスカの子の『前に』乗って、カメラの向きが後ろになるようにバッグを持ちかえれば撮れちゃうのです。

そこで、エスカレーターでの極意
『横向きに乗ること』
これがベストです。

横向きに乗れば、大概は防げるでしょう。

ただし上りのときは、下になるフロアから覗こうとする奴、下りに乗って交差したあとに見上げる奴に注意してください。


●販売店編

パンチラ盗撮の『二大巨頭』といえば、階段系の『エスカレーター』ともうひとつ、『本屋(コンビニも含む)』です。

現に盗撮投稿系のサイトでは、この2つの場所での盗撮が圧倒的に多い。

本屋みたいに、まわりにたくさん人がいながら割と容易に撮ることができるのはなぜか?

みんな本を読むことに集中しているからです。
読むことに夢中になっていると、まわりへの注意は散漫になるどころか無いに等しいです。

バッグ仕込み盗撮はもちろん、たとえば靴ひもを直すフリして携帯を下から…など、そんれでも気付かれない何でもアリの無法地帯です。

特に注意しなければいけないのは、女性誌のコーナーがカウンターの店員から死角になっている本屋と、人目につきにくいスペースに追いやられてる単行本小説のコーナーです。

とにかく人目に触れにくいことが好都合、バッグ仕込み盗撮魔はもちろん、携帯盗撮魔も静かな本屋でも撮れるようにスピーカーを破壊しているはずです。

静かな場所を好むマニアは、決して「パシャ」とか「チロリ〜ン」なんて鳴らしません。

本屋で、女性誌のコーナーなのにやたらウロつく男がいたら、まず間違いないでしょう。
姿を見せるたびに振り向いたり睨み付けてください。

それでもやっぱりつい本のほうに気がいってしまう人は、本棚に背を向けて立ち読みするしかありません。

本屋は特に狙われやすいですが、『何か物を選ぶのに夢中になる』ことで注意力が散漫になる点では、販売店全体で共通に言えることです。

セル&レンタルショップで何を買おうか借りようか選んでいるとき、CDを試聴しているとき…これも危険です。

また、女性だけが集まる店も油断できません。

カップルを装うパターン(女性・カップル限定のプリクラなど)、女に必要装備を持たせて盗撮させるパターンなど、あの手この手で盗撮してきます。

場所も、スーパー・デパート・百貨店、コンビニ、ゲーセン、ファーストフード店、etc...限りはありません。

高校生なら、学校や予備校・塾も危険です。
同級生の誰かも、塾生の誰かも…1人で不自然に携帯いじってる奴、教室に、廊下に、階段に、ロビーにいませんか?

なぜかカメラがこっちに向いてる…ってこと、ありませんか?
ときどき辺りを見回してみてください。


他にも、おそらく一番発見しにくい『靴カメ(靴に超小型カメラを仕込む)』などがあり、一歩外に出れば常に「撮られてるかも…」という危機感を持たなければいけません。

「そこまで気を付けてられないわよ」という方は、デニムなどのパンツにしてもらうしかありません。
結局ヒップラインやパンティラインを撮られちゃうでだろうけど(笑)。

それぐらい気を付けなければならないのです。


今回は主によくある手口と予防法を紹介しましたが、どの場合も
『盗撮を警戒していることをアピールする』
ことが大事です。

盗撮魔のほとんどはチキンです(笑)。
だから気付かれないように撮ろうとするのです。

『睨み』を利かせれば必ず相手は萎縮します。
『悪いことをしている』と盗撮魔も認識しているはずですから。


盗撮は、今まさに撮っているその状態を押さえるか、撮られた映像を証拠にしないと立件しにくいので、『怪しい』という状況下では『睨む』までにとどめておきましょう。

中には執念深く撮ろうとする奴もいるかもしれませんが、それ以上に睨み付けてやりましょう。


「撮ってんじゃねーよ、ゴルァ!」
っていう毅然とした態度が何よりも防止策になる、ということを憶えておいてくださいね。



そしてオレはまた、『風景を』眺めるだけの生活に戻ります(笑)

livedoorwarosshuwww at 00:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月03日

マザコン息子と非常識ママ

昨日、とある施設に行ったんだけど、まあ頭の悪そうな親子がいたので書いてみる。


用を済ませて施設内の喫煙所で一服していていると、自動ドアの向こうから20代後半と思われる男と50代と思われる女がやってくるのが見えた。

まあ、見た感じは『親子』。
ただ、様子のおかしさは2人の姿が見えた時点で感じてたんだけど…。

母親のほうは犬を抱えてる。
犬のことはよくわからないから品種は不明。
中型犬で、真っ白の毛がフサフサしてた。


それはいいとして…その母親、なんと犬を抱えたまま施設内にズカズカ入ってきやがったのだ。

堂々としてる身長150センチもなさそうな小さい母親に、その後ろでオドオドしてる身長180センチはありそうな大男。

なんと対照的でしょう(笑)

(こりゃマザコンだな…)
と思いつつ俺はタバコをプカプカ。


で、母親が取り出したのは1枚の紙。
それを息子に渡し、
「○○ちゃん、行ってきな。ほら、あの真ん中に座ってる人」
みたいなことを言ってる。

どうやら何かの手続きらしい。

(そんなのに母親がついてくんなよ…)
どう見たって息子は立派な大人ですよー(笑)。

で、息子を行かせたのはいいんだけど、母親は一向に外へ出ようとしない。

心配でたまらないのか、犬を抱えたまま息子の一挙一動を見守ってる感じ。

しかもその母親、自動ドアのすぐそばに立ってるもんだから、「グゥ〜ン、グゥ〜ン」って何度も開いたり閉まったり。

自動ドアから真っ正面にある喫煙所で一服してる俺に、寒〜い外気があたりまくり。

もうムカついてムカついて…。

ああいう輩は注意しても絶対反省しないから、俺はさりげなく
「さみーなあ…」
って呟くだけにしてたんだけど、聞きゃあしない。

でも聞こえてはいたみたい。
その後はもうイヤミったらしくグゥ〜ングゥ〜ン連発(笑)。
もちろん息子のほうを見つめながら。


やっとこさ手続きを終えた息子が嬉しそうな顔で母親に近付き、もう帰るだろうっていう今更になって

「犬、中に連れてきてよかったの?」
なんてアホな質問するから、
「あん?いいんだよ、別に」
なんてアホな答えが返ってきちゃう。

んで外に出て犬を降ろすと、ドアのすぐ横にある植木に一発オシッコさせて帰っていったのだった…。


絵に描いたようなアホな親子だったなあ。

まずペットを公共の施設『内』に平気で持ち込むこと自体考えられないし。

たとえそういう規則が明示されてなくても、普通わかるでしょ。

犬嫌いな人もいるだろうし、アレルギーの人もいるだろうし。

そんな当たり前のことがわからない母親。

そして、20代後半と思われる歳になっても親離れできないマザコン息子。

母親が言わないと何もできない、母親の言うとおりにしかできないって、イタいな…。


とにかく母親の非常識ぶりには腹立ったけど、それ以上に、ドラマでしか見たことないマザコン親子をリアルで見て、マジにドン引きした。

ああいう親子って、ホントにいるんだねぇ…。
livedoorwarosshuwww at 01:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記