2006年02月18日

ウチのサイテー親父のサイテー言動

親父はテーブルマナーが最悪。

俺が子供の頃は、箸の持ち方だのうるさかったくせに、今では…。

立て膝・肘つき・箸の先で器を寄せる・左手を添えない、などなど…。

しかも親父は入れ歯。
大きいもの、硬いもの、噛み切りづらいものは食えない。

ちなみにこの入れ歯は『自業自得』。

歯磨きをほとんどしなかったかった親父は、50代であっという間に歯が抜け落ち、入れ歯が必要になった。

おまけに親父は、実は相当な『臆病者』。

全然暇なくせに、「暇がない」と嘘バレバレの言い訳で歯医者に行かず、おかげでウチの飯は離乳食みたいになった。

歯がスッカスカになったのも入れ歯を作らないのも自業自得なのに、例えば食った魚に小骨が入ってると、
「ん?ん!?骨かぁ!?」
となぜか大声で軽ギレ。

魚に骨があるのは当たり前だし、歯があった頃は「魚なんか骨まで食べられるんだぞ」なんて言ってたくせに(笑)。

さんざんスキッ歯のままほったらかし、入れ歯を作ったあとも歯茎のケアを一切してないから、すでにカパカパ。

入れ歯作ってすぐにカパカパって…(笑)。

…っと脱線したけど、とにかく飯の食い方は、『お行儀の悪い子供』そのものだ。


もっと最悪なのは、『食事中の煙草』。

親父は自分が食い終わると、そのまま寝そべりさっさと一服。

これにも親父の子供じみた行動パターンがある。

俺が朝飯を食おうと準備していると、必ず煙草に火を点ける。

親父自身はすでに朝飯を済ませているにもかかわらず、漂ってくる食事の匂いが気に食わないらしい。

極め付けは『納豆』。

前にも書いたけど、俺は毎朝の納豆は欠かさない。

俺が納豆を掻き混ぜはじめると親父は必ず、新たに『煙草に火を点ける』かトイレへ『ウンコをしに行く』。

これ、どちらか100%。

自分でも納豆食うくせに、とにかく他人の食う納豆のニオイは許せないらしい。

毎朝『必ず同じタイミングで』俺が納豆の器に手をかけると、ライターの「カチッ」という音がする。

それか『ウンコ』。

たまたま煙草が切れているときはトイレに立ち、俺が食べおわった頃に都合よく出てくる。

親父は誤魔化してるつもりなんだけど、あからさますぎ(笑)。


あとは、人が食ってる同じテーブルで新聞を広げ、ニオイが来ないよう必要以上に、大げさにペラペラめくったり…と、何とも大人気ない。


俺も煙草は喫むけど、家でも外でも家族でも友達でも他人でも、同じ食卓に着いたら絶対にしないなあ…。

ていうか、昔親父がブチ切れて怒鳴り散らしてたようなテーブルマナーを、いま自ら全て実践してるじゃん(笑)



ウチのサイテー親父のサイテー言動
livedoorwarosshuwww at 11:32│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔