2006年03月03日

マザコン息子と非常識ママ

昨日、とある施設に行ったんだけど、まあ頭の悪そうな親子がいたので書いてみる。


用を済ませて施設内の喫煙所で一服していていると、自動ドアの向こうから20代後半と思われる男と50代と思われる女がやってくるのが見えた。

まあ、見た感じは『親子』。
ただ、様子のおかしさは2人の姿が見えた時点で感じてたんだけど…。

母親のほうは犬を抱えてる。
犬のことはよくわからないから品種は不明。
中型犬で、真っ白の毛がフサフサしてた。


それはいいとして…その母親、なんと犬を抱えたまま施設内にズカズカ入ってきやがったのだ。

堂々としてる身長150センチもなさそうな小さい母親に、その後ろでオドオドしてる身長180センチはありそうな大男。

なんと対照的でしょう(笑)

(こりゃマザコンだな…)
と思いつつ俺はタバコをプカプカ。


で、母親が取り出したのは1枚の紙。
それを息子に渡し、
「○○ちゃん、行ってきな。ほら、あの真ん中に座ってる人」
みたいなことを言ってる。

どうやら何かの手続きらしい。

(そんなのに母親がついてくんなよ…)
どう見たって息子は立派な大人ですよー(笑)。

で、息子を行かせたのはいいんだけど、母親は一向に外へ出ようとしない。

心配でたまらないのか、犬を抱えたまま息子の一挙一動を見守ってる感じ。

しかもその母親、自動ドアのすぐそばに立ってるもんだから、「グゥ〜ン、グゥ〜ン」って何度も開いたり閉まったり。

自動ドアから真っ正面にある喫煙所で一服してる俺に、寒〜い外気があたりまくり。

もうムカついてムカついて…。

ああいう輩は注意しても絶対反省しないから、俺はさりげなく
「さみーなあ…」
って呟くだけにしてたんだけど、聞きゃあしない。

でも聞こえてはいたみたい。
その後はもうイヤミったらしくグゥ〜ングゥ〜ン連発(笑)。
もちろん息子のほうを見つめながら。


やっとこさ手続きを終えた息子が嬉しそうな顔で母親に近付き、もう帰るだろうっていう今更になって

「犬、中に連れてきてよかったの?」
なんてアホな質問するから、
「あん?いいんだよ、別に」
なんてアホな答えが返ってきちゃう。

んで外に出て犬を降ろすと、ドアのすぐ横にある植木に一発オシッコさせて帰っていったのだった…。


絵に描いたようなアホな親子だったなあ。

まずペットを公共の施設『内』に平気で持ち込むこと自体考えられないし。

たとえそういう規則が明示されてなくても、普通わかるでしょ。

犬嫌いな人もいるだろうし、アレルギーの人もいるだろうし。

そんな当たり前のことがわからない母親。

そして、20代後半と思われる歳になっても親離れできないマザコン息子。

母親が言わないと何もできない、母親の言うとおりにしかできないって、イタいな…。


とにかく母親の非常識ぶりには腹立ったけど、それ以上に、ドラマでしか見たことないマザコン親子をリアルで見て、マジにドン引きした。

ああいう親子って、ホントにいるんだねぇ…。
livedoorwarosshuwww at 01:46│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔