新着ニュース
ちょっと前の人気記事

      カテゴリー [ 上原 ]

      【朗報】 上原浩治の息子、とんでもないカーブを投げる

      1:風吹けば名無し 2021/02/28(日) 11:02:55.26 ID:mG+k8fPoa
      なんやこれ…




      13:風吹けば名無し 2021/02/28(日) 11:04:47.36 ID:hwA5zshma
      カーショウかな



      38:風吹けば名無し 2021/02/28(日) 11:07:28.40 ID:5T+/K1l+M
      これ和製カーショウやろ
      Lpyk9ogN_400x400

      続きを読む

      上原浩治さん、某選手を「チャレンジしてる詐欺」と言ってしまう

      1:風吹けば名無し 2021/02/16(火) 20:27:45.35 ID:XErinsHha
      誰のことなんやろなあ
      gH2Voc0




      35:風吹けば名無し 2021/02/16(火) 20:32:37.39 ID:XErinsHha
      一体誰のことなんや、、、



      102:風吹けば名無し 2021/02/16(火) 20:37:40.11 ID:xlysKRIA0
      菅野智之さんしかおらんやん

      続きを読む

      菅野智之「ポスティングなら『どんな条件でも行け』という意見もあるが、判断するのは僕」

      1:風吹けば名無し 2021/01/24(日) 11:50:42.55 ID:NBoyj0YQ0
      「嫌です。答えません」巨人・菅野智之“怒りの会見”の裏に、先輩投手からの批判

       菅野側は複数年契約のオファーの事実は認めておらず、メジャー球団側と巨人の条件を天秤にかけたと受け取られたことが心外だったようだ。

       さらに菅野の舌鋒の矛先は巨人の先輩で、海外FA権でメジャーに渡った上原浩治氏(45)にも向けられた。

       上原氏は昨年12月、菅野がポスティングの利用を巨人に申請した際、「メジャー移籍が前提ではない」と語ったことを疑問視。自身のコラムで「智之(菅野投手)がこのタイミングでメジャーに本気で行きたいか、どうか。ポスティング=オファーがくれば、どんな状況でも、条件でも移籍をする。その覚悟は必要だ」と“両にらみ”を批判した。

       菅野はこれを念頭においてか、14日の会見で「ポスティングという形で行くのなら、どんな条件でも行けという意見もありますが、それはその人の見解」「判断するのは僕であって、僕の人生なので」と憤懣やるかたない様子で言い切った。

      1

      (週刊文春)
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210124-00042972-bunshun-spo




      8:風吹けば名無し 2021/01/24(日) 11:54:36.29 ID:BUybxZVE0
      一言も上原とは言ってへんけど第三者からみれば明らかに上原に噛み付いてるようにしか聞こえんな



      43:風吹けば名無し 2021/01/24(日) 11:58:40.51 ID:vGVTB8ui0
      拗ねとるやん草

      続きを読む

      上原「育成契約がFA補償の抜け道になってるんじゃない? 高木京介が年俸2500万で育成契約って…」

      1:風吹けば名無し 2020/12/17(木) 15:08:21.18 ID:DXLIu/tX0
      FA人的補償の隠れみの!? 育成なのに年俸数千万円!? 「抜け道」になり始めた育成契約の健全化を

       球団にとっては、プロテクトできない選手の中にも、できることなら人的補償に選ばれたくない選手がいるのは事実だろう。今回は育成契約がプロテクト以外の〝抜け道〟になっているのではないか、と疑わざるを得ない状況が生まれている。

       私自身、左膝を手術した18年オフに巨人を自由契約になった後、再契約を結んだとき、「のちに再契約する密約」があってプロテクトに入れなくて済むように自由契約になったという疑いをかけられたが、巨人からそんな話はなかった。いま考えても、バカげた報道だった。今回も巨人の考えははっきりとは言えないが、育成契約が「グレーゾーン」であることは間違いない。

       この問題を解決するには、育成契約を本来の趣旨に沿った選手のみを対象とするように見直すことが第一だと思う。

       けがをした選手の「避難先」にしないためにも、育成選手の年俸は厳密に2軍選手の最低年俸(440万円)以下にすればどうだろうか。例えば、育成で再契約を結んだ巨人の高木京介投手。再起をかけることはもちろん応援するが、報道された推定年俸は2500万円。はたして、育成選手と呼べるのか。

      ea70b6c9503ec8ad1b5f877b6104285b_1

      (上原浩治)
      https://news.yahoo.co.jp/byline/ueharakoji/20201217-00212997/




      19:風吹けば名無し 2020/12/17(木) 15:12:03.31 ID:8iAEdqhwa
      お前が言うんかい



      349:風吹けば名無し 2020/12/17(木) 15:46:15.84 ID:tKfiFxrTx
      ルールの抜け穴を泥まみれで探す紳士球団

      続きを読む

      浅村の嫁、西武ファンを怒らせてしまう

      1:風吹けば名無し 2020/12/04(金) 06:46:52.31 ID:+He6fNqN0
      西武ファンブチ切れてて草



      2:風吹けば名無し 2020/12/04(金) 06:48:16.36 ID:+He6fNqN0

      0_SETino_400x400




      4:風吹けば名無し 2020/12/04(金) 06:49:24.92 ID:+He6fNqN0
      ちな上原の記事

      宣言したら裏切者…はおかしい! プロ野球のFAに「宣言」は必要なのか?

       日本では、「FA宣言」という手続きを踏むため、選手が行使するかどうかを「決断」しなければならない。ここに日本的な情が交錯した結果、宣言をせずに残留した選手は、メディアから「〇〇〇(チーム名)愛」などと球団への愛着が深いと好意的に報道される。もちろん、入団したチームでお世話になった指導者、チームメート、スタッフへの感謝や、生え抜きとしてチームを優勝に導きたいという選手の思いはあるだろう。

       では、FA宣言した選手が所属した球団への感謝がなかったかといえば、そんなことはない。酷いケースでは「裏切者」のレッテルを貼られたりすることもあるが、こうした印象操作は選手にとって、マイナスでしかない。

       FA宣言に関する選手へのネガティブなイメージを解消するためにも、FA資格を満たした選手は自動的にFAになるように制度を変えればいいのではないか。移籍を考えずに残留する選手はすぐに所属球団と再契約の交渉に入ればよく、移籍を視野に入れる選手は他球団の話を聞いた上で決めればいい。

      https://news.yahoo.co.jp/byline/ueharakoji/20201203-00210702/

      続きを読む

      過去記事ランダム
      コメント
      スポンサードリンク
      野球ブログアンテナ
      月別アーカイブ
      カテゴリ別アーカイブ
      QRコード
      QRコード
      スポンサードリンク
      • ライブドアブログ