私もすでに三十年以上使用しているバキューム式レコードクリーニングマシンであるが、その効用は、ほかのクリーナーのような、単なる「ごみ取り」だけではない。

確かに、バキューム式のごみ取り効果は物凄く、盤本来の欠陥(キズや反り)以外の盤に付着した不純物は全部取り去ってくれて、ノイズの低減は目を見張るものがある。

しかしながら、少なくとも私にとっては、さらに大きな、そして本質的な絶大な効果がある。

それは、洗浄前に、聴こえなかった音が聴こえてくる、といういうことだ。

「聴こえてこない音」とはなんだろう?

私は、こう説明したい。

洗浄したあとに、LPを試聴すると、なぜか聴こえてくる音楽が、ぐっと私に迫ってくる感触を味わったことが何回もある。
言葉を変えると、音楽の「抑揚」がよりはっきりとしてくるということだ。
たぶん、測定してみても、これは数値には出てこないと思うが・・・

しかし、私の耳には、洗浄前よりも洗浄後の再生音の方が、情報量がグッとまして、「いままで聴こえなかった音(音楽)が聴こえてくる」という気持ちになってくる。
洗浄後のクリーング液を見ると、液がうっすらと白濁している。たぶん、盤の表面にあった「何か」が溶け出したのだろう。
それが、再生音の変化に関係していると思う。

このグレードアップ感は、他の機器(アンプやスピーカーなど)の交換では絶対に体験することはできない。

http://www.lpshop-b-platte.com/SHOP/IQ1100A.html
cleanmate1s