LPファンであれば、英DECCAのオリジナル盤(初期盤)のすばらしさに魅了されたことは、一度はあると思います。

ウィルキンソンをはじめとした名人の手による優秀な録音、そして、プレス技術によって、アナログの黄金時代の一つの頂点と考えてもよいと思います。

そのため、オリジナル盤は時として非常に高価になってしまいます。

例えば、有名なアンセルメのラヴェル/「子供と魔法」ですが、オリジナル盤は当店の価格では、54,000円となってしまいます。

https://www.lpshop-b-platte.com/SHOP/270118.html

IMG_0320c

そこで、私は、まず、DECCAの魅力をという方には、再発盤をおすすめしています。

これらは、1970年代以降のDECCAの再プレス盤です。
もちろん、DECCAの個性的な音色ということでは、後年のカッティングですのでオリジナルには一歩譲りますが、魅力は十分に味わうことができます。

もちろん、プレス技術はオリジナル盤と同様に優秀です。

「子供と魔法」の再プレス盤は、こちらです。

https://www.lpshop-b-platte.com/SHOP/293831.html

2938_1699

英DECCAの再発盤の一覧は、こちらからご覧になれます。

https://www.lpshop-b-platte.com/SHOP/299696/list.html