オリジナル

L.E.D. FAQ 1

2006年12月17日

サトシアキラさんより、オリジナル作品への質問を貰いましたので、早速回答しましょうか。(コメント欄のそれは非公開にしてあります、ごめんなさいね)
では、いってみよ〜。(笑)

Q1.メカの主要動力源は何でしょうか?

A1:次元振動エネルギーとでもいいましょうか。
色の付いた半透明のシールドケース内にある有機的な外見のコアユニットの中では絶えずエネルギーの循環がなされており、0.8M強の素体内で上位から下位次元の空間相転移現象が発生しています。
高次元のエネルギーを下位次元(物語の世界)に流入させる時に発生する膨大なエネルギーが源です。
また、戦闘にて出て行った補いようの無い不足分やアイドル時の維持分は、機体周辺で得られる光や熱といったありとあらゆるエネルギーを吸収し、世界が存続し続ける限りほぼ無限に活動を続けます。
G.A.の戦闘や移動時に発生する運動エネルギーも、98%というほぼ完全に近い形でリサイクルされ、再充填されてまた増幅、という還元機構が機体内に出来上がっています。
機体外観にあまりスリット等が見当たらないのはそういうことです。
しかし、その莫大なエネルギーを全部自由に使いきれるというわけでもなく、車で言うエンジンが生み出した動力を伝えるギアにあたるパイロットの素養によって、発揮できる能力が限定されます。
レーザーを知っている人なら機体はその機構を自動構成して顕現しますが、ZEROの世界ではそんなものは発明されてませんし、知らないものは出ようがない。そういったヒトの持っている常識や想像の限界、情報の固着・視覚化等がコアの事象変異に対する複合リミッターとして作用しているのです。
これが情報破綻を引き起こさないでG.A.が複数存在出来ていることに繋がっています。
あと、得がたいものを得る代償として、パイロットからあるモノを取り上げています。劇中にてあれ?と思うことがあるかもしれませんが、正にそれが代償なんです。

Q2.キャラ達の言語の相違などはどうなっていますか?

A2:それなりに広い世界ではあるので、我々の住む世界のように、国々の言葉、それに付随する方言もありますが、一番でかい国と、とある機関が共同で設立した組織:通称『教会』によって、我々で言う英語・・・つまり国内で生活するには困らないが、一歩国外に出ると知っていなければ活動しづらい言語体系・・・に相当するものが外貨と共に各地に波及しています。
教会は教理と共にある慈善事業を展開しており、TVのない世界でも圧倒的な速度で普及することに成功しています。
劇中で日本語にて表記する言葉はそれになります。

Q3.宗教観の対立みたいなものはありますか?

A3:あります。とはいっても、A2で回答した『教会』が過半数を超えていて、その他の宗教は少数派として各地に分散しています。
そのせいか、排他的で閉塞感に満ちたものが多くあります。
しかし、経年によって『教会』の教義を自国の理念に沿って改竄し、民を洗脳して国土拡大に利用しようとする国も出てきている状態です。
近年そのような過ぎた行いをしている国は、とある組織によって中枢部のみ粛清されています。
また、地方によってはG.A.を荒神として祭っているところもあります。

Q4.人物達は我々と同じ猿人類ヒト科ですか?

A4:一応ヒトです。(笑)サルに似た生き物はいますが、それから進化したかどうかは解明されてません。なので、『ひょっとして・・・』と睨んでいるトンデモ学者はいます。(真相は違いますが)
しかし、脳の構造においては我々と若干違う人種もいます。
外見にはあまり表れませんが、これがG.A.を操れる『能力者』にあたり、我々が第六感と呼んでいる感覚がより顕在化し、予知などの超常的能力を宿す原因にもなっています。
神経の伝達速度や知覚能力が我々よりも数段上ですが、G.A.に乗ったり、その力を借りない限りは滅多に発露しません。
というよりも、下手に力を使うと厄介ごとや騒動の元になるというのが理由ですが。

Q5.外惑星への展開なんかはどうなっていますか?

A5:ZEROではファンタジーベースのRPGという世界観なので、リアルソースである宇宙は出ませんが、2部の後半から3部前半にかけて別世界(といっていいか・・・)が舞台になります。
国の名前などは色々出てきますが、主人公達は全部回れないし、そこは第三者が想像しやすいようなスペースとして提示しておく、と決めてあります。
宇宙は同作品の気任亘楹陛な舞台として活用します。


・・・こんな感じで。
いかがでしょうか?
わかりやすかったかなぁ・・・?

来年以降、もしこの作品がシリーズで続いてたら、コミケで本でも出しますか。(笑)
でも本自体作ったコト無いんだよネェ・・・。(苦笑)

livemax001 at 19:56|Permalinkコメント(2)トラックバック(0)

コトブキヤのズパロボが熱い!!

2006年11月05日


スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION R-1 1/44


スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION ヒュッケバインボクサー (1/144スケールプラスチックモデル)


スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION ヒュッケバインMk-II 1/44スケールプラスチックモデル)



イベントで出てましたが、R−1が変形可能でリリースとは。
これで2とか3まで出たら、ボークスのアレはどうなるのかって。(爆)
ちなみに価格ではソフマップの予約がアマゾンよりは安いです。(苦笑)
R-1を買ってみて、変形用の怪しいポリキャップとかあったらこれはそういう企画だってことですし、期待してもいいかもしれません。(嬉)


livemax001 at 23:16|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)

あやしい年末。

2006年10月29日

え〜、どうもPCは治りません。(苦笑)
一日一回は最低エラーが出ます。
どうやら電源やマザーボード自体に経年+ブログでの酷使(特に夏・夏!)による影響があるようで、一時はHDDの物理的な問題化も・・・と思ってましたが、専用ツールでの診断はスルーだったので違うみたいですし・・・。

しかし、今は買い替えの時期ではなく、OSもProfessionalを選ばなければXPのサポート期間自体がHomeEditionでは来年以降二年しかもたないのもあるので、このままの環境で少しずつですがやっていくつもりです。(泣)
最低VistaもSP1が出るまでは買いたく無い。
PCで初めてリリースしたものほど恐ろしいものはないし。
あ、ちなみにXPのSP3は2008年リリースとの噂を聞きましたが・・・それまでは二桁のパッチと格闘ですよ。(苦笑)

オリジナル2.0.2











イラストはL.E.D.//ZEROのヒロインが乗る予定のメカ(といっていいかどうか)のラフ。
諸事情により、一話では突っ立ってるだけですが(苦笑)。
それなりの理由があって、この姿でいるのは一話だけです。
足首から下がないのは、常時浮いてるから。
立脚時はピンヒール型のアイゼンを地に突き刺して固定します。
情熱大陸観ながら描いた。(笑)

livemax001 at 23:59|Permalinkコメント(2)トラックバック(0)

おりじなるって何だろう?

2006年10月27日

なんだかんだで一周年。で仮発表した、癒し作品の一話に登場する、働くお姉さん。
ほぼイメージ通りかな?もう少しソリッドな感じなんですが。
しのぶんさんの見たいなリクエストがあったので、それから少しずつですが練り始めています。
モチーフはブティックのアドバイザーをオフィスで働かせたら、というイメージなんですが。

いや、カッコいいおねいさんは好きですよ。
私の好みは年上のお姉さんですし。(笑)
性格設定的には、明るくて仕事もハキハキ出来るタイプ。
名前は冷子さん(仮)。

オリジナル2.0.1




livemax001 at 00:42|Permalinkコメント(8)トラックバック(0)

さくぞう的おりじなる。

2006年09月14日

描き描き描き。

続きを読む

livemax001 at 00:01|Permalinkコメント(2)

さくぞう的おりじなる。

2006年09月11日

がんばってます。(いちおう)

続きを読む

livemax001 at 00:08|Permalinkコメント(4)

さくぞう的おりじなる。

2006年09月06日

タイトル仮決定・・・。


続きを読む

livemax001 at 00:01|Permalinkコメント(4)

さくぞう的おりじなる。

2006年08月29日

進んでません。

tanizakiさんのところでペットの在り方の記事読んで、愛犬を想って心の中で涙流したり、家のすぐ近くで散歩中ものすごい事故を目撃したり・・・。
2台の接触事故で、片方一台はボンネットが跳ね上がったらしく、エンジンむき出し車体前部破損、片方は左側面に相手がぶつかったらしくベッコベコ。
二台仲良く十字路の一角に突っ込んでました・・・。
回り田んぼ・・・。
しかも、消防車まで来て火災の危険性ありな上、救急車は着いても応急処置が終わらないのかすぐには発車せず・・・。
かなりの時間が経ってようやく動き出していた・・・。

今日は色々ありました・・・。
続きを読む

livemax001 at 23:34|Permalinkコメント(2)

今冬より連載開始予定・・・あくまで予定。

2006年08月23日

さくぞう的おりじなる。

何を守るのか。

何を屠るのか。

咎人の足掻きを。

絶望の世界を?

血塗れの手に抱くは・・・

只一つの闇色の刃。


続きを読む

livemax001 at 22:36|Permalinkコメント(6)
このブログについて
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

このブログに掲載された活字記事そのものに対するコメント・トラックバック・リンクのみフリーです。掲載された画像の権利は、著作権者に帰属します。掲載については、著作権管理元にお断りの上、掲載してください。
また、いただいた感想は、より良い最新記事を書くため有効に活用させていただきます。
掲載してある小説・イラストの無断転載は硬くお断りします。
ご意見・ご要望がありましたら、メールにてご連絡下さい。



一口コメント↓


TOP絵の素材は以下のサイトよりお借りしています。
写真素材 (c) NOION
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック