2012年03月04日

ホキ美術館3

0304ホキ美術館

ホキ美術館
ポスター





















今日は北の風、午後遅くからは雨が降るかもしれない。昨日の断腸亭さんの結婚式で、「テガ」さんや「たすけ」さんから関宿でのイベントのお誘いがあったが、北の風に向かっていくのがしんどいので、パスして南に行くことにした。

前から気になっていた土気の「ホキ美術館」へ行く。市川から幕張メッセに寄り道をしても47km。7時に家を出て、開館時間の10時に着いた。この美術館の造形は素晴らしい。
0304室内20304室内1
左:地上展示場
右:地下展示場
(はがき)




この美術館は保木将夫氏が集めた300点以上の写実絵画を展示している。日曜美術館などで紹介していたが、今日初めて行った。

写実絵画が、回廊のようになった室内に順番に並んでいる。今回は「存在の美」と題され「まなざし」「微笑み」「憂い」と副題がついている。主に美しい女性の写実絵画が展示されている。まるで写真のように細密な絵なのだが、どれも美しくため息がでる。作家自身も語っているが、モデルを探すのはとても難しいとのことで、何日もモデルとして通わねばならず、まるで自分の内面を写し取られるように思うのか、二度とモデルをやってくれぬ人もいるという。また、美しい奥様をモデルにしている作家もいる。

館内を廻っていると、エレベータのところで保木館長にお会いした。「すばらしい感性で磨かれた美術館ですね」と声をかけると「ありがとう。絵は一部しか展示していないのです。いま描かせている絵も何点かあるのですよ。」とにこやかに答えられた。


ホキ美術館から上総一ノ宮、93.8km、77.9kg

0304全景0304玄関
左:全景
右:入口





寒かったけれども、北風に押されていたせいか、あまり寒さを感じなかった。千葉市内から県道20号を東に走り土気に着く。10時少し過ぎに着いたのだが、車での来客者が、そろそろ来ている。本当は、ホキ美術館を10時から11時まで観て、そのあと外房海沿いの道を行き、大原、鴨川を経由して館山まで行くつもりだったが、ホキ美術館があまりにも素晴らしかったので長居をしてしまった。
0304パスタ0304デザート
左:ランチのパスタ
(ホウレンソウと牡蠣)
右:デザート





茫然と美しい人たちの写実絵画を見はじめて、これは長くかかりそうだと感じた。それで11時半からのランチを予約した。結局ランチを食べ終わり、お土産を買ってから美術館を出たのは13時。遠くへ行くのは諦めて、途中で外房線に乗って東京方面に出ることにした。
0304上総一宮0304輪行
左:上総一ノ宮駅
右:輪行





とりあえず大原まで行こうと思ったが、途中の駅で時刻表を見ていみると、上総一ノ宮からの上り電車は便数が多い。どうも、上総一ノ宮始発の快速電車が蘇我駅から京葉線に入り東京駅まで行くようだ。それで、上総一ノ宮まで行き、14時38分発の電車に乗った。
0304イノウエビル0304東京
左:日本橋
  イノウエビル
右:東京wheels




上総一ノ宮から蘇我、海浜幕張、新浦安を経由して新木場まで約一時間半。自転車を組あげて、少し都内を散歩することにした。靖国通りの東京wheelsに寄って店員さんとしばし歓談。夏用の超薄手ロングスリーブは無いものかと相談。私は肌が弱いので日焼けしたくないのだが、半そでにアームカバー(分厚い物しかない)というスタイルは好きではない。モンベルの薄手のロングスリーブを着ているが、最近の技術進歩でもっと速乾性に優れて着心地の良いものが欲しいのだ。女性のライダーが増えたので、日焼け防止のそういう製品に需要があるはずだと申し上げたら、いろんなところを当たってみますと店員さん。京葉道路を通り、家に帰りつくころには本格的に雨が降り始めた。




p.s.おまけ画像
(お土産のハガキなので画質はイマイチ)

hujinn0304五時五十五分
左:中山忠彦
<楽興>1995
右:生島浩
<5:55>2010












先週金曜日に石黒浩教授のロボットに関する講演を聞いた。人間に似せたアンドロイドは、人を手助けするという観点では応用範囲が広いのだが、威圧感のある男性型よりも、優しく美しい女性型に分があるようだ。「攻殻機動隊」や「アップルシード」を描いた士郎正宗氏も、漫画とはいえないほど美しく細密な絵を描く人なのだが、これらの作品を作るにあたり、「活躍するサイボーグ主人公を描くのなら、むくつけき男性で描くより、可愛い女性で描いた方が受けると思った」と述べている。

素子
士郎正宗
<攻殻機動隊>
草薙素子少佐とタチコマ












今回の記事は少しオタクっぽくなってしまった^^;。

liveokubo at 21:22│Comments(6)TrackBack(0) | 自転車

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by emo   2012年03月05日 01:04
私も昨年12月に行きました(電車でですが)。
やはり2時間以上観て、図録も買ってしまいました。生島浩さんの「5:55」という作品が大好きです。この絵のモデルさんにも二度目は断られたそうです。
また行きたい美術館です。
2. Posted by kincyan   2012年03月05日 04:25
>emoさん
趣味が合いますね。私も「5:55」が気に入りましたので,はがきを買いました。(記事にも追記しました)もう一度行きたいと思いますね。片道50kmですから、自転車で行くには良い距離です。パスタも美味かったです
3. Posted by あき   2012年03月05日 20:07
先輩は、自転車、映画、美術館、食べ歩き、呑み歩き(笑)…本当に、多趣味で、いつも素敵な休日を過ごしていらっしゃいますね!
わたしも、昨日は自転車に乗りました(^_^)v
寒かったですよね〜
4. Posted by kincyan   2012年03月05日 20:56
>あきさん
こんばんわ。老い先が短いので、土日はとにかく急いで遊んでいるんですよ^^;。

まあ54歳くらいまで、なんの趣味もなく仕事一筋でしたので、その反動だと思います。体力は衰えましたが、いまが一番楽しいかもしれませんね。
5. Posted by ともちん   2012年03月05日 22:21
私を置き去りに、勝手に一人で行ったんですね(笑。
「レーパンでどこまで行けるか」の候補地だったんです。
一人じゃなかなか・・・・。

ぶらぶら美術・博物館で見たときから、コレは絶対行きたいと思っています。
日曜日は寒かったから、電車で行くには良いチャンスだったんですが、うだうだ過ごしてしまいました。

5:55ステキですね。
静物よりも人物が好きなので、今行かないと後悔しそうです。
6. Posted by kincyan   2012年03月06日 01:47
>ともちんさん
ここは、本当に素晴らしいです!レーパンなんか気にする必要はありませんよ。ただ、あの靴で2時間美術館内を歩き回るのは少しシンドイかもしれませんが^^。

実際問題として、2〜3時間美術館を見ると思いますから立川から自転車で来て、帰りきるのはこの時期では時間不足かも知れません(片道100km)。天気が悪いときに電車でこられるのが正解かと存じます。

いま、なでしこがアメリカを破りましたが、女性の力はスゴイ!日本を活性化するには、女性の力をもっと行かせる仕組みにしないといけませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔