2018年12月03日

本土寺(松戸市)

z1203
本土寺の紅葉











今日と明日は暖かいという。ゆるゆると松戸や流山方面を散歩して、劉で昼飯を食べようかと思い出発する。TVで本土寺の紅葉が良いと言っていたと家人から聞いたので、そこも観ることにした。

61.2km(zullo)、78.0圈23.1%
★★★


IMG_7344IMG_7346
松戸のブロッコリー畑

市川市から松戸に入ると畑が増える。柴又の対岸は畑が多く、ブロッコリー、キャベツ、ねぎなどを栽培している。
IMG_7350IMG_7363
左:江戸川左岸
右:流山駅

IMG_7371IMG_7384
左:広東麺(劉にて)
右:前ヶ崎城址

流山市役所の横を台地の上に登り、「劉」に到着。1時半を過ぎていたので、客はまばら。広東麺を食べてから店を出るときに、旦那さんと奥さんとが出てきたので少しお話をする。奥様は中国の北部出身で、こちらで学校に行っていたときにご主人と知り合う。前回の宴会では、満州の農家で食べる鍋料理を出して頂いた。鍋一つで、煮物もできて饅頭も焼ける。ここの中華料理は、どれも丁寧に作られており美味いのだが、誠実そうなご夫婦の姿を観ることで、脳内で更に美味く感じるように変換しているのかもしれない。客商売で、こういうことは大切である。
IMG_7402IMG_7408
左:本土寺五重塔
右:本堂

そのあと、家人からSNSメッセージで本土寺の紅葉を勧められた。先日のTVで、夜間ライトアップされた本土寺の美しい紅葉が映されていたそうだ。急いで行ったが、道に迷った末に16時少し前に着いた。まだ入れますかと受付の方に聞くと、入場は16時までだが16時45分に門を閉めるので、それまでは大丈夫ですよとのこと。500円を出し、寺内に入場する。
IMG_7431IMG_7445
菖蒲池のまわり

IMG_7447IMG_7450
像師堂

IMG_7457IMG_7460
弁天堂

なかなか広大な敷地である。これでも廃仏毀釈の時に敷地は狭くなったとのこと。今年の秋の強風で葉がこすれて痛んでいる部分もあったが、なかなか素晴らし紅葉である。
IMG_7468IMG_7477
左:アジサイの株
右:仁王門から望む

アジサイの株も多く、初夏は紫陽花寺になるのであろう。いつも近くを通っていながら、こんなに素晴らし景観の寺があるとは、まったく知らなかった。
IMG_7479IMG_7487
左:見学から帰る女子高生
右:外環道

16時40分に出るころには、紅葉を見学に来ていた高校生たちも自転車で帰っていった。17時を過ぎるとすっかり日が暮れて、やっとさえ見覚えのない松戸市の道を、ガーミンのナビゲーションに従い進む。夜になると、遠近感が無くなるのか、車も自転車のすぐそばをすり抜けていくので危ない。よたよた走っていて、最近できた外環道をみつけた。外環道は歩道や自転車用の道を完備しているので、途中それを走って帰ってきた。外環道は自転車に乗るに人にも恩恵を与える。





end

liveokubo at 20:12│Comments(2) 植物 | 自転車

この記事へのコメント

1. Posted by NOB   2018年12月03日 21:06
どうもです。
本土寺まで、来られていたのですね。
それにしても、夜は危ないので、とっとと帰るか、輪行が安全です。
本土寺の中に入られたのですね。素晴らしい
2. Posted by kincyan   2018年12月03日 21:12
>NOBさん
本土寺、なかなか広いのですね。有料庭園内は、なかなかすごかったです。500円は高くないですね。ああやって、お金を儲けないと、やっていけないというのが現代の寺なんだそうです。頑張って園内の整備に力を注いでいるようです。平林寺も、その目的のために寺の境内に紅葉を植えたのでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔