2006年07月25日

AOLがビデオクリップをCC字幕つきで配信

アメリカが聴覚障害者や英語を母国語としない移民の人たちのアクセシ
ビリティということについて、非常に熱心であることは何度もレポートして
きました。
この度、AOLは自社のウェブサイトで一部のビデオクリップをクローズド
キャプション字幕つきでストリーミング配信を始めたようです。

AOL、ビデオコンテンツに字幕挿入(ITメディアニュース2006年7月22日)



AOLはWGBH(ボストン公共放送局)のメディアアクセスグループの協力
のもと、AOLのウェブサイトで提供されているビデオのうち、CNNの毎日
のニュースクリップ(現在では一部のクリップ)をクローズドキャプション
つきで視聴できるようにしました。
VIDEO.AOL.COM

実際のCC字幕つきの視聴ですが、ビデオのカテゴリーの中の「NEWS」の
中の「CNN」のコーナーにある毎日のビデオクリップを選択します。すると
AOLメディアプレイヤーが立ち上がり、選択したビデオがストリーミング配信
されます。もしそのビデオクリップがCC字幕対応ならば、AOLメディアプレ
イヤーのフレームに「CC」のボタンが現れるので、クリックして「CC」を
オンにします。するとCC字幕はビデオウインドウに、映像と同期して直接
表示されます。

日本ではCNNは英語学習目的で視聴している人が多いかと思います。
スカパー!などでCNNjを視聴している方は、一度VIDEO.AOL.COMの
CNNのニュースクリップも観てみてください。

一、個々のニュースクリップが適度な長さである。
一、聴き取りにくい場合、いつでも一時停止ができる。
一、理解できるまで何度でも繰り返し再生できる。
一、聴き取り補助にCCの英語字幕が表示できる。
一、リスニング力のアップにあわせて、CC字幕は非表示にできる。

以上のような理由から、意外とよい学習手段ではないでしょうか?

AOLでは現在「プリンセス・ナターシャ」という一部のアニメコンテンツも
CC字幕表示対応になっています。また今後コンテンツプロバイダーに
呼びかけて、CC字幕表示対応のビデオを増やしていく意向のようです。

今後はウェブ上に音声つきの動画コンテンツが無限大で増えていくことに
なりますから、音声つきの動画コンテンツのアクセシビリティ向上策の
一環として、closedcaptioningのような技術は否が応でも活用されていく
ことでしょう。

関連するエントリー
CNNjはクローズドキャプション放送ですか?
グーグルが編み出した映像検索の方法は、実は・・・










livepeach4 at 18:05│Comments(0)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔