就職に有利な大学・専門学校

就職率高い強い大学や専門学校について

新卒採用じゃないと入社出来ない会社ランキング

「新卒でないと入りにくい会社」トップ100

3月の本格的な就職活動開始まで残り1カ月近くとなった。今年は売り手市場で高望みしなければ、比較的内定が取りやすいともいわれる。ただ、いくら内定が取れても、どのような会社でもいいわけではないだろう。ブラック企業は避けたいし、できるだけ働きやすい会社を選びたいと思うのが普通だ。

http://toyokeizai.net/articles/-/155132

新卒3年以内離職率ランキングなどが有名な東洋経済ですが、今度は新卒採用じゃないと入社出来ない会社ランキングなるものが掲載されています。

新卒採用占有率が高い会社ランキング



  1. 大垣共立銀行

  2. 武蔵野銀行

  3. アルファシステムズ

  4. 四国銀行

  5. 四国電力

  6. 丸井グループ

  7. 宮崎太陽銀行

  8. 日新


2015年度に中途採用の社員など存在しない新卒採用100%の会社は上記8社。
これら企業は業績が安定しており、離職率も低く、働きやすい会社だそうです。

一応、平均年齢と平均年収を調べて見ると以下の通りになっています。

  1. 大垣共立銀行 平均年齢36.1歳 平均年収647万円

  2. 武蔵野銀行 平均年齢40歳 平均年収626万円

  3. アルファシステムズ 平均年齢36.4歳 平均年収586万円

  4. 四国銀行 平均年齢39.6歳 平均年収623万円

  5. 四国電力 平均年齢43.4歳 平均年収698万円

  6. 丸井グループ 平均年齢41.7歳 平均年収709万円

  7. 宮崎太陽銀行 平均年齢37.5歳 平均年収481万円

  8. 日新 平均年齢39.3歳 平均年収612万円


これは確かに離職率が低そうですが、宮崎太陽銀行はちょっと異なりますね。整理回収機構が入っていますから、中途採用が出来ないと考えた方が良さそう。

そうなんですよね・・・中途採用は新卒採用よりも高くつきますから、新卒採用で安い労働力を求めているとも言える。

新卒採用人数と中途採用人数の比率を見ても、日本企業は守りのタイプが多い。
外資系企業は逆に中途採用100%ですから攻めのタイプが多い。

現在の労働環境を考えると、グローバル化して海外企業を真似る方向性。

しかも、これから人口減少による国内市場の縮小を考えると、中途採用比率を増やさないと不味いんじゃ無いの?と思ってしまう。地方銀行などは特に。

3メガバンクですら中途採用比率を多くし始めていますので、守り過ぎの会社は私としてはオススメ出来ない。

進学校進路指導教諭による面倒見が良い大学ランキング

最新!「面倒見がよい大学」ランキング100

今年の入試は私立大の出願が好調だ。大学通信の集計では、主要100大学について志願者数を調べてみたところ、現段階で昨年と比べておよそ9%も増えている。

http://toyokeizai.net/articles/-/157708?page=1

大学通信による面倒見が良い大学ランキングを東洋経済が掲載しています。

面倒見がよい大学ランキング



  1. 金沢工業大学

  2. 東北大学

  3. 武蔵大学

  4. 明治大学

  5. 国際教養大学


ランキングは100位迄の大学が掲載されていますが、上位5校は別格になっており、進学校の進路指導教諭が面倒見が良い大学と勧めるのは金沢工業大学で、12年連続で1位。しかも圧倒的。

東北大学、武蔵大学、明治大学、国際教養大学の5位迄はポイントが3桁、それ以下は2桁となっている様に、上位5校以外は基本的に大差無いです。

単純な就職支援はどの大学でも行っている現在において、どの様な大学を面倒見の良い大学とするか基準は有りません。しかしながら上位大学を見る限り教育など学問に関する面倒見の良さを進路指導教諭は重視している様です。

ですから少人数での講義やゼミ、小規模な大学が面倒見の良い大学ランキングでも多くランクインしています。

入学者を集めるだけ集めて放置する大学よりは間違いなく面倒見が良い大学と言えるでしょう。

大学など高等教育無償化への財源は教育国債の発行

自民、高等教育の無償化を検討 「教育国債」創設を想定

自民党は授業料の免除など教育無償化に向けた具体策の検討を始める。総裁直轄の「教育再生実行本部」にプロジェクトチーム(PT)を設置し、必要な財源には使い道を無償化に限る「教育国債」の創設などについて議論する。

http://www.asahi.com/articles/ASK235CT8K23UTFK016.html

大学などの高等教育を全て無償化する方針の政府ですが、無償化の財源を教育国債を発行する事で賄う事を検討していると報道されています。
教育国債以外では高額所得者への所得税率引き上げが検討されています。

大学などの高等教育が無償化と言うのは非常に良い事で、家庭の事情で進学を諦める事が無くなります。此れ迄の奨学金制度がどの様になるのかは分かりませんが・・・

さて、無償化されると考えると、今以上に厳しい目に晒される訳ですので、Fラン大は淘汰される可能性が出て来ます。

Fラン大全てが無くなるのは現実的では有りませんので、此れ迄の実績によって統廃合される可能性の方が高いかも知れません。低学力者の受け皿となる大学は無くなると考えた方が良いでしょう。

大学の数、世界トップクラス 進学率も上昇 課題は質

上記は2011年の記事ですが、世界的に見ても日本の大学の数が多い事が分かり、少子化の影響で学生数に対して大学数の比率がおかしな事になっています。

無償化をするので有れば、記事の通り量より質。単なる天下り先などで残すかも知れませんが・・・
タグクラウド