就職に有利な大学・専門学校

就職率高い強い大学や専門学校について

勉強ができるできないで人を判断していない

専門職大学を創設 実践と教養、バランス良く学ぶ

大学は幅広い教養や学術的な教育に力を入れてきました。しかし産業界からはもっと実践的なことを教えてほしいとの要望がありました。ただ実践的な教育に力をいれる学校には今も専門学校や高等専門学校(高専)があります。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO18205780Y7A620C1EAC000?channel=DF010320171966

勉強ができるから凄い、勉強ができないからバカ。
この様な認識の人は殆どいません。他人を判断する要素はそんな簡単に決まりません。
もし、その様な短絡的思考で有る大人ならば、物事の判断能力に欠ける小学校低学年レベルの教養と考えて下さい。

社会人における学力テストや受験は、本人が望まない限りありません。
しかし『バカ』『頭が悪い』と認識されると言う事は、勉強ができるできない、テストの点数の良し悪しで判断している訳ではない事は理解できると思います。

要は、その人の立ち居振る舞い、所謂教養を見て判断しているのです。
特に日本では多くの方が高等教育機関を経て社会に出ていますので、世界的に見て教養が高い人は多いのではないでしょうか。

礼儀正しく、律儀で親切であり丁寧、更に勤勉である。
教育が行き届いており、一般常識を共有しルールを守る意識が強い。
・・・それも今や昔の話になってしまいました。

いつ頃からか勉強さえできればそれで良いと勘違いし始め、勉強ができない人をバカにし始め、排除し始めた頃から日本企業は没落し始めています。
点数だけで判断する事を、ようやく間違いに気付き修正し始めている事は、やはり日本人と感心します。

既に『バカ』という言葉は相手を否定する場面で使用しなくなり始めており、モラルが低い、教養が低い、ルールを守れない無法者などと具体的に書いている人も良く目にします。

モラルが『無い』、教養が『無い』、『無い』ではなく『低い』と書いている事は非常に面白く興味深い。ここに日本人の優しさと礼儀正しく律儀で丁寧な性が出ているのです。

自分の事は自分で良く分かっているつもりでも、それが社会に適しているかどうかは別物です。
第3者である他人の意見を聞いた上での自己判断をする事が重要です。

所謂『バカ』は、相手が話している途中で自分の話をしてしまいます。
全く関係のない話題を急にしたり、頭ごなしに否定する事も相手の話を全く聞いていないから起こる現象です。先生の教えている事を全く聞いていないから昔は勉強が出来ない人を『バカ』と呼んだのかも知れませんね。

学校の勉強は将来役に立つか否か?

「学校の勉強は将来役に立つの?」という誰もが一度は通る悩みに天才作曲家モーツァルトが答える。 シナリオ仕立てのクラシック音楽コンサート

さくらは「勉強なんてヴァイオリン奏者になる私にはなんの役にも立たないのに何故こんなに勉強しなくてはいけないのか?」など高校生が一度は考えたことがある様なことを悩んでおり、こうした悩みにモーツァルトが独自の方法で彼女の悩みに答えていくハートフル・コメディ。

http://www.dreamnews.jp/press/0000158067/

前回投稿で学校の勉強は役立つと書きましたが、音楽家など芸術やアスリートやスポーツの世界でも学校の勉強は役立ちます。

真矢ミキが高等学校卒業程度認定試験を53歳で受験
http://blog.livedoor.jp/liverpop/archives/8923123.html

一流芸術家や一流アスリートと呼ばれる方々は知っていると思いますし、大学にはスポーツ工学や芸術工学を学べる学部がある大学も在ります。

例えば野球やサッカーなどの球技では、どの角度と速度でボールに対し接触すれば良いかを瞬時に判断し実行するスポーツです。それを考えなしにする事は出来ません。天才と呼ばれる方々も無意識のうちに行っています。

空手や柔道など格闘技も同じで、どの角度と速度で入れば良いかを瞬時に判断して手や足を出すのです。やはり考えなしでは難しく、何度も練習を繰り返す事で無意識に体が動く様にしているのです。

体操競技などは殆ど計算尽くしであり、ボートやヨット、スキーやスノーボードなどは自然現象を含めた上での計算となります。

プレーヤー自身だけでなく専任コーチが居るのも特徴的です。
学問として学んだ方を招聘する事で効率的な練習を行う事が可能となるのですね。
ですから名選手名監督に非ずという言葉が出来たのでしょう。

要はプレーヤーは感覚でしか説明出来ず、具体的な方法を教える事が出来る人と出来ない人が居るのです。

これらは芸術にも言える事ですが、異なる点が幾つか在ります。
それは美的感覚と言うモノです。

デザインなどブランディングを主とするならば学問となりますが、感覚的な事は前述の通り教えることは難しく、ましてや芸術家は他人の感情よりも自身の感情を表現する事が多いので尚更です。

しかし冒頭記事の様な楽器においては勉強が役立ちます。
ヴァイオリンは保管が難しく、ピアノは調律が難しく、それぞれ専任の方が居る場合が多く、音響効果を考える事も建築や設計など様々な事を勉強しなければなりません。

先ず音がどこからどの様に出て居るのか、弦に対して弓の角度で音がどの様に変わるのか、指の角度でどの様に変化が有るのかも全て基礎的な勉強が有るからこそです。

音程やリズムによって聴衆や観衆に与える印象も学校での勉強を含めた生活があったから表現出来るのです。何も考えず何もない人に表現する事は難しいでしょう。

これらは音楽に限った事ではなく絵画やイラスト、デザインなどにも通じる事柄であり、他人からの評価が高いと言う事は、自身の作品が客観視出来ていると考えられます。
要はマーケティングが出来ているのです。

お笑い芸人の方々も、日々こうしたら面白いのではないか?笑えるのではないか?と仮定をし実行する。ダメなら何故ダメなのかを検証しつつ次の仮説をたて実行に移すの連続です。
時事ネタにしろ一般社会での談笑ネタにしろ、例え話やあるあるネタにしろ、全て観客が一般的な学力が有ると仮定しています。

いちいち国語算数理科社会と考えるから必要ないとなってしまいますから、無意識に勉強する癖を付けておくと非常に良い結果を生むでしょう。

真矢ミキが高等学校卒業程度認定試験を53歳で受験

真矢ミキ、高校認定試験の受験を終えて「疲れました 緊張しました」

女優の真矢ミキ(53)が3日、自身のブログを更新。かねてより高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)を受験するために勉強していたことを明かしていたが、今日、その受験日だったことを明かし、試験を終えて「疲れました。緊張しました。用紙が捲れないくらい」とつづった。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/03/kiji/20170803s00041000243000c.html

宝塚歌劇団出身の女優真矢ミキさんが、高等学校卒業程度認定試験を受験したそうです。

宝塚音楽学校は各種学校に分類されており最終学歴としては中卒扱い。記事では専修学校なので中卒と書かれていますが、これは誤りです。2年か3年かで大きく異なります。

53歳で高等学校卒業程度認定試験を受験する理由は分かりませんが、受験勉強も試験も相当大変だった様ですね。高卒認定試験と言われても分からない方は、大検と言った方が分かりやすいでしょうか。平成17年度から大検ではなく高卒認定試験となりました。
大検だと大学受験の為と思われる為の高卒認定試験への名称変更なので特に変わりは有りません。
合格発表は8月末ですのでドキドキですね。

「ずっと勉強に浸かっていれば頭は良くなるものかと思っていましたが、暗記力、記憶力と許容範囲超えだすと、頭は重く、破壊されるかと思いました」
この様に綴っており、合格かどうかは置いておいて、自分の為にはなったのではないでしょうか。

社会人となると所謂勉強をする機会が無くなると思う方もいらっしゃいますが、実際には多くの社会人が勉強をしています。
勉強をする理由は其々ですが、自分の為は勿論、仕事で必要だから、資格を取得する為などですね。

社会人となってから大学へ進学する方も多くいらっしゃいますし、勉強が楽しいと感じる年齢の訪れが有るのかも知れません。

学校の勉強なんて何の役にも立たないなどと言う方が時々いらっしゃいますが、気付いていないだけで、一般的な生活で非常に役立っています。

まず、言語の読み書き、言葉を話している事もそうですし、釣り銭を貰ったり給料を貰ったり、税金を含めたり控除した手取りを見たり。政府やら憲法やら戦争やら色々と話題になりますが、その過程や歴史も学校で習います。

哺乳類・爬虫類など動物の違いや、今の時期なら湿度が高いとどうなるか何て全部学校で習った事ですよね。忘れている様で忘れていない。

じゃあ高卒でイイじゃん!と言われてしまいそうですが、実際には小学生レベルの学力でも大丈夫です。前述の様に一般的な生活を送っていると、社会勉強と言われる様に生きているだけで勉強となります。

なぜ大学へ進学するのか?
それを考える事も勉強の一つです。
タグクラウド