サシ飲みで好意を上げるには?!


こんにちは。


本日もブログの起こしくださいまして

感謝します。




ーーーーーーーーーーーーーーーー

■サシ飲みで好意を上げるには?!

ーーーーーーーーーーーーーーーー


年末年始、忘年会新年会など

飲む機会が多いこの季節、


たまたま隣に居合わせた女性と

意気投合して別の日に飲みに行くという


約束ができることもあります。




会社にいる31歳のWくんも実はこれと

同じシチュエーションで飲みに行くことに

なったので、恥をかきたくないから


注意点があったら教えてほしいと

頼まれました。




はじめは、意地悪して、


「ん?そんなのは『やらせて』と言えばいい」


そういったらマジで怒ってきたので

「好きなのか?」

と聞いたら、

「いや、あまり経験がないので
  恥をかきたくない。もし、そうなると
   社内で女子会ネタになりそうで・・・」
   
わかる!

と思わず腕を組んでしまいました。




なので、一所懸命教えてあげました。




まず、お店選びには彼女の苦手なものや

アレルギーがあるかないかくらいは

予め聞いておきます。


これをするだけで、印象が違ってきます。




なぜなら、もし彼女にアレルギーが

あった場合、彼女にしてみれば


苦痛を我慢しながら

食べなければならない状況に

なるからです。


予め確認しておけば、

そのような苦痛な思い出をつくることは

なくなりますので、必ず確認を

しておいてください。




お店にはいったら、

ここでも同様に


「なにか、嫌いなものとかありそう?」


と聞きます。




嫌いものがあった場合は、

「イジりネタ」になりますので、


「よし、まずはそれから頼もうか!?」

「だから、嫌いって言ったじゃん!」


とイジれます。




たまに、「あ、これ食べてみたい!」と

言ってくることもあります。


そのときは、


「あ、それな。おれも頼もうかなっと
 思ってたんだ」
 
 
と言って、食べたい好みが同じように

見せかけ、


「おれら、案外趣味同じかもな」


と言い、親近感を沸き起こさせます。




ただ、何度も使わないように。

嘘っぽくなりますから。




次に、飲み物を聞いてあげます。


「何飲む?」


と聞くと、


「〇〇くんは?」


とあなたに合わせようとしてくる

こともあります。




「おれは、ビールかな。あ、でも、
 好きなもの飲んでいいからね」
 
 
と言えば、気遣いしなくていいよ、という

ニュアンスが伝わりますので、


気遣いのできる優しい男という印象を

持たれます。




普段は何をよく飲むの?


と聞いておけば、次のデートでの

お店選びの材料にもなりますので、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
食べ物、飲み物は必ず聞くようにします。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



そして、ココからは口説きのテクです。


相手がほろ酔いになった頃を

見計らって、


・タメ語(それまで敬語だった場合)

・名前の呼び方

・「俺もだよ」と付け加える会話


を必ず行います。




これらをすることで

それまで以上に親密になれますから。


飲みに行って、食べて飲んでだけでは

「食い逃げ」されますよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

タメ語(それまで敬語だった場合)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

やはり、親しい仲で

会話をするには、「敬語」は

かたっ苦しい感じがします。


それに、感情が伝えにくいし、

面倒くさいです。




そこで、


「タメ語ではなさん?」


と聞けば、ある程度そこまで

会話が盛り上がっていれば、


「あ、いいよ」


となります。




まれに、お嬢様系の女性がいます。

「そういう話し方苦手です」

と言われた場合は、


「そうなんだ」


と受け流して、あなたは

少しだけ砕けた口調にします。




あまり、砕けすぎると、

「生きている世界が違う」

と思われて敬遠されてしまいます。




ーーーーーーーー

・名前の呼び方

ーーーーーーーー

たいてい、社内ではお互いを呼び合うのは


”○○さん”


が多いです。




これでは、よそよそしさが

消えないままです。


ですから、名前の呼び方を


・呼び捨て

・オリジナルのあだ名

・学校などでつけられてたあだ名


などで呼ぶようにします。




俺がよくやるのは


「ともみっていう名前なんだ」


と聞き、


「んじゃ、ともって呼ばれてた?」


と質問をすると


「ううん、苗字でよばれることが多かった」


「とも!
 あ、試しに言ってみたけど平気だった?」
 

と言ってみて、なんでもなさそうなら

そのまま、その場ではそう呼ぶようにします。




ときには、


「やはり、〇〇ちゃんがいい」


とリクエストされたり、

以前の呼び方に戻されたりします。




そのときは従ってください。


助成に関してですが、

何事も深追いは厳禁です。


接点がなくなりますので。

接点がなくなると終わりと

言っても過言ではありませんから。



ーーーーーーーーーーーーーー

「俺もだよ」と付け加える会話

ーーーーーーーーーーーーーー


「俺もだよ」とか「一緒だね」などを

会話の中でいれます。



「スキーが趣味なんて、意外だったな。
 俺もなのよね。毎年行っている」
 
 
または、


「俺も、そこ行ったよ。」


などと同じことをする、

同じところに行ったなどは

趣味が合うだけでなく、


運命的な出会い感も演出できます。




あまり、しつこくならないよう

注意します。




せっかく、二人だけで

お酒を飲むのですから、


色んな情報を仕入れると同時に


【 印象の操作 】


をしましょう。




グッと心の距離が縮まるような

言動が次へと繋がります。






このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - サシ飲みで好意を上げるには?! このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 恋愛テクニック | デート

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 




▲きれいな女性をふりむかせる、モテる男になれ・TOPへ戻る