100円で女をものにしてきた男の話

本日の恋愛のステータスが上がる

有益な情報をお届けいたします。




最後までじっくりとお読みくださいね。




◆本日のおはなし

---------------------------------------

   ● 100円で女をものにしてきた男の話

---------------------------------------

かなり前に、それもまだ携帯電話なんて

ものは上流階級の人しか持っていない

時代に女を口説く強者がいました。




彼の名前を仮にシンジとします。


シンジはそれほど背も高くはなく、

マメというほど女性にたいして

行動はしていませんでした。




ただ、頭がいいという印象はありました。


それと、早起きの名人でした。

シンジは気に入った女性を見つけると

必ず連絡先を手にいれていました。




言葉巧みに、あれこれと手を使って。

ときには、演技するように頼まれた

こともあります。




そして、シンジの落とし方は、

彼女が朝、起きる頃電話をしたのです。


当時は携帯電話ではなく、普通のイエ電話

でしたので、誰からかかってきたのかが

わかりませんでした。




まして、平日の朝早くに電話をかけてくる

なんて事故と緊急以外には掛かってこない

だろうと一般に考えられた時代です。




そう、だから、かければ100%の確率で

電話に出てくれるのです。


いまから考えるといい時代でした。


何を話すかと言えば、普通に


「おはよ。今日の夜空いてる?」


とデートのアポ電をしていたのです。




もちろん、雰囲気をなごませてから

デートの打診をするのですが、

以外とうまくいっていたのです。




これを10日間くらい続けると、

女性の体調のリズムと合致すると

行けることもあると、当時の

シンジは語っていました。




つまり、女性特有のホルモンが

左右するのです。


一般的に女性は排卵日と生理が

近くなるとうずくのだそうです。




また、心理学でいうところの


=一貫性の法則=


も働き10日が経った頃には

あっさりOKがでるのです。




女性にしてみれば、はじめの電話では

まさかシンジがかけてくるとは思わず

「なんだろうと」思いながらも

電話をとる。


この意外性。


そして、10日間も続けてくるので、

女性の心には、


「朝電をしてくる男」


と位置付けられたのです。




もし、10日経って落ちなくても

この一貫性の法則が働いているから、


それ以降、朝電しなくても

女性の心はなんとなく、

寂しさを感じるのです。




シンジは


「女なんて100円あれば口説けるよ」


豪語していたのはこのようなことを

しっていたからでしょう。




偶然かもしれませんが・・・。




現代は携帯電話が主流です。


誰からかかってきたのかが、

着信時に画面表示されてしまいます。


最悪、着信拒否の設定をされてしまう

こともあります。




他方、LINEのようなツールも登場して

きました。


シンジのやり方はLINEでも通用します。


たとえば、あなたが毎夜19時に彼女に

LINEをおくります。


そして、2,3往復したところで

終わらせて、また、翌日の19時ごろ

LINEを送ります。




そして、10日過ぎた頃に

ピタッと連絡を止めてしまいます。


彼女にとっては、習慣化されていたので、

突然来なくなったあなたからのLINEが


気になって気になって仕方なくなります。




彼女はいてもたってもいられなくなり、

彼女からLINEをしてしまいます。


こうなると、パワーバランスが

崩れあなたが主導権を握れます。


さらに、彼女の心には変化がおきます。


「どうして、彼のことが待ち遠しいと
  思うようになったんだろう・・・。
  もしかして、好きになっちゃった??」


と自己肯定がはじまります。




あとは、デートに誘って、お決まりの

パターンで口説いていけば、落ちるのです。




LINEというツール。

電話と違う点として、LINEを見ると

「既読」の文字が表示されます。


これも、上手に使えば、あなたへの

依存度が高められます。


詳しくは別の機会にしますが、

女性心理を巧みにあやつり、


LINEで女性を口説いてみたいという

メンズはたくさんいます。




いいコンテンツをみつけましたので、

よろしければ、手にいれてください。


友人のショウタ君はこのコンテンツの

おかげで今現在セフレを4人作りました。




出会い系で見つけた女性だそうです。


LINEへ移行してからはだいたい

10往復くらいでデートアポをとるそうです。




女性心理を理解してから

挑んでいるので、断られることが

少ないのだそうです。




せっかく、LINEを交換しても

デートに誘うことができなければ、

宝の持ち腐れです。


なんて、送ればいいのか?

こんなこと送ったら嫌われる?


でも、もっと、仲良くなりたい、

できれば彼女にしたい、

メンズなら皆そう思うことでしょう。




でも、女性心理を巧みにあやつり、

こちらの意図するように女性を


誘導することができれば、

楽しい未来がまっています。




さびしい、つまらない、情けない、

人生のまま一生終わらせたくないと

誰しも考えることです。


どうせなら、面白おかしく、充実した

ライフをしていきたいものです。




有料のコンテンツになりますが、

週に2人以上の新規女性をナンパ

しているストナンのプロが監修製作して

いますので、確かなものです。




女性と面と向かって会話するのが

苦手というメンズから、そろそろ、

年間数の数をスッとあげたい中級者にも

おすすめできるコンテンツです。









このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 100円で女をものにしてきた男の話 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 女性心理 | メール

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 




▲きれいな女性をふりむかせる、モテる男になれ・TOPへ戻る