01. 街のポケット(インスト) 作曲:IKE

02.  プロローグ 作詞:渡辺 理

  昨日までの雨が 不思議なくらいに
  今日の空は青く
  この空の下では 何かが始まる

  すばらしいことが 起こりそうな
  夢を見るように
  僕の心を揺さぶる 何かが始まる

  プロローグ この気持ちを忘れたくなくて
  プロローグ 明日への想い出となる
  今日という日が始まる 

03. 泣きホクロ  作詞:ihara

  あの夕焼けを見てると涙が零れた
  なんだかこころ むなしいよ

  何時の日だっけか ドアをたたく音がして
  ドアの前には 君が泣いてた

  まっすぐな 約束があったら
  おまえを 泣かせはしない

  引越ししちゃうよ 逢えなくなっちゃうよって
  泣きホクロ 濡らしながらふるえるから
  僕が 強くならなきゃ

  僕はずっとそばにいるよ
  僕はずっとここにいるよ
  だからなかないで だからなかないで

  またたきもせず電車を追いかけた
  オレンジの思い出

  あれからちょっとは大人になったかな

  君はずっとそばにいるよ 
  君はずっとここにいるよ

  もう泣かないよ もうなかないよ

  引越ししちゃうよ 逢えなくなっちゃうよって
  泣きホクロ濡らしながらふるえるから
  僕が強くならなきゃ

  僕はずっとそばにいるよ
  僕はずっとここにいるよ

  だからなかないで だからなかないで
  だからなかないで 

04.  虫 作詞:ihara

  泣き虫な虫が青空を食べて行く 泣き出しそうな僕に
  雨が痛々しくくいちぎる 何も考えられないでいるよ

  別れきた今日も明日も明後日になっても
  一人で寂しくなって 家にいるぐらいならみんなで 
  はしゃいで 今日と言う日を忘れたい

  あのときあの頃 笑顔があった
  貴方と写した写真 今も

  愛してたずっと好きでいたかったのに

  泣き虫な虫が青空を食べていく 泣き出しそうな僕の
  思い出達食べられていくようで なんだかとても涙とまらない

  優しい笑顔があった 不安な気持ちがあった 大きな喧嘩もあった
  愛しい寝顔があった 孤独な気持ちがあった 小さな笑いもあった
  沢山あったんだ

  優しい笑顔があった 不安な気持ちがあった 大きな喧嘩もあった
  愛しい寝顔があった 孤独な気持ちがあった 小さな笑いもあった
  沢山あったんだ  今でもわすれない

  泣き虫な虫が青空を食べて行く 泣き出しそうな僕に
  雨が痛々しくくいちぎる 何も考えられないでいるよ 

05.  各駅停車  作詞:かすみ

  期限の切れた定期券で 貴方の街まで
  いつもの景色が見えはじめたら  胸がときめいた

  気まぐれなあの頃の私  授業を抜け出していっても
  どうせ逢えないとわかってる  貴方まってるはずないのに

  小雨が降る日 駅のホーム  貴方の家まで
  電話もしないでベルを押したら  やっぱり留守だった

  思いつきで貴方を困らせた  あの頃がなんだか懐かしい
  偶然逢えた時は   その分とても嬉しかったの
  貴方に出逢えた私は どの私より煌いてるはずよ 

06.  ウタウ タメノ イノチ  作詞:JUNN

  声は届いているかな?
  ちょっと頼りないコトバでも。
  未来を語る前に現在<イマ>を感じていたいの。
  あなたが夢見ている
  世界平和なんかよりも、
  もっと美しい異世界がここにはあるよ。

  私だけを見ていて。私の歌を聴いて。
  カメラの向こう、ネットワークを通じて、遠くの世界に広がって。
  私だけを見ていて。私の歌を聴いて。
  命吹き込まれた私の、気持ちを聞いてほしい。

  探してたものは何かな?
  どんな作品でも歌えるけど。
  ロック、ダンス、ジャズ、演歌、クラシック…そこにメロディがあるなら。
  自らは動けないけど、
  自ら歌えやしないけど、
  プラグを差し込めば、あなたの思い通りになれるよ。

  私だけを見ていて。私の歌を聴いて。
  この感情も、このテクニックも、もっと貴方に磨かれて。
  私だけを見ていて。私の歌を聴いて。
  命を感じている私の、気持ちに触れてほしい。

  閉塞的な空間で、言いなりに動くのは辛い。
  でもあなたが私を思ってくれるなら、
  私は思い切り歌うよ。

  私だけを見ていて。私の歌を聴いて。
  カメラの向こう、ネットワークを通じて、遠くの世界に広がって。
  私だけを見ていて。私の歌を聴いて。
  命吹き込まれた私の、気持ちを聴いてほしい。

  私だけを見ていて。私の歌を聴いて。
  この感情も、このテクニックも、もっと貴方に磨かれて。
  私だけを見ていて。私の歌を聴いて。
  命を感じている私の、気持ちに触れてほしい。

  気持ちを聴いてほしい。

07. 夢の中で  作詞:nemu

  今夜夢の中でもう一度抱きしめて
  今夜夢の中でもう一度抱きしめて

  寂しさで心がつぶれてしまいそうな
  そんな切ない夜は
  夢の中にあなたが出てきてくれるのを
  密かに待っています

  せめて夢の中だけでも
  私のそばにいてね
  こごれるような心を あなたの優しさで
  そっと包んで

  今夜夢の中で逢えたら嬉しいな
  今夜夢の中で逢えたら嬉しいな

  寂しくてあなたに 逢いたくなった時は
  思い出をめくるの んー 
  忘れないあなたの 優しさ腕のぬくもり
  涙が頬を伝う

  せめて夢の中だけでも
  もう一度キスをして
  あの夜抱きしめられた ぬくもり
  あなたの吐息に そっと近づく

  今夜夢の中でもう一度抱きしめて
  今夜夢の中でもう一度抱きしめて

  今夜夢の中で逢えたら嬉しいな
  今夜夢の中で逢えたら嬉しいな