ライフライフ|生活まとめ2ch

義実家、子育て、恋愛、嫁姑、など日々の衝撃的な出来事や修羅場などをまとめた、生活系の2chまとめです。

jYenVoHu


110: 名無しさん@おーぷん 2017/08/14(月)21:59:18 ID:k2i
プロポーズの決心はまだついていないが彼女に探りを入れて見たら
「結婚願望ない」と言われてしまった。
この場合彼女は見切りをつけてさっさと次へ行くべきだろうか?
というか結婚願望ないならなんで男と付き合うんだよ意味わからん…セ○クスしたいだけなのか?

続きを読む

hqdefault



286: 1/5 2012/10/13(土) 22:51:51.75 ID:0YAWe8cK
なんだかどうしてもイライラが止まらないので 
吐き出させて欲しい‥。 
今日旦那と子供(2歳)と公園に行って 
遊んでて、まあそこで迷子を発見したの。 
最初は帰りたくなくてグズってるんだなー 
とか思って見てたんだけど、女児は延々泣き続けてて 


続きを読む

a448334c975f2a630fff3d5ddd39484b


398: 名無しさん@おーぷん 2017/08/17(木)14:03:57 ID:GeY
「元」が多くてちょっと面倒な内容になるけど、俺の嫁は元友人の元妻なんだ。

元友人の離婚後に再婚して、子供も生まれて家族仲良く幸せにやってたんだけど
今年に入って元友人(現在は故人)の両親、嫁からすると元義両親が俺達夫妻が不在中に
家に連絡してきて、元友人と元妻(現在の俺の嫁)との離婚の経緯やそれからの色々を
ある事ない事言い触らして、それ以後もたまに会ってはある事ない事吹き込んでいるらしく
俺と嫁、特に俺に対し長女と次男が反抗的になってしまった…(長男は一応元友人の息子)

続きを読む

hr_news_photo_394



802: おさかなくわえた名無しさん 2005/09/29(木) 18:34:25 ID:HTR8YllL
昔の会社の年上女性。 
在職中に他の会社の中途採用試験を受けていた。 
それだけなら何の問題もないし当たり前のことだけど、 
会社のプリンターの受け皿に、その会社への志望動機書と 
うちの会社を糞味噌にけなし、新しい会社への意気込みを綴った一文をプリントしたものを取り忘れていた。 
そしてそのまま4日間くらい放置プレイ。 
もちろん上司を含む部署の人間全員が読んだ。 
誰も彼女の机にそれを戻してあげる人はいなかった。


続きを読む

_SY346_
322: 可愛い奥様 2013/12/20(金) 14:08:06.64 ID:IBqy3S9H0
鬱で思い出した。 

小さい頃から大嫌いだった兄。 
一流高校→一流私大→一流大企業に勤め、会社の同期の女性と結婚、一児の父に。 

しかし起業した事務所が倒産し、人生に初めて躓いて鬱発症。 
しばらく実家からの援助でしのぎ、病歴を隠して再就職。 
続きを読む

7La7YJJvzJpTeYb_encmu_12



578: 名無しの心子知らず 2010/11/30(火) 15:45:56 ID:QvtOEgUT
流れムシして、ネタっぽいが怖い話するよ。フェイク入れてるよ。 

A家は、近所では有名な放置子たちのたまり場だった。 
ほとんどの家は出入禁止していたが、Aさんが究極のデモデモダッテ。 
A旦那単身赴任、専業、小3の息子がいるのをいいことに、放置親も時間をきにせず放置。 
他の家より、少し離れた場所にポツンと建っていることもあり、特に騒音もなく、他の住人は気にしながらも、A宅に極力関わらないよう生活していた。 


続きを読む

060521-2


98: 名無しさん@おーぷん 2017/08/14(月)16:08:05 ID:f3y
20代のとき、かなり年の離れた男性と結婚した
男性には10歳の子供がいて、交際時にかなりなついてくれてた
男性がかなりずぼらで、ゴミだらけの家を掃除したりおしゃれのお手伝いをしたりしたら大喜びで、「お姉チャンがお母さんになってくれるなんて夢見たい」ち
と言ってくれた

続きを読む

492387



754: 名無しの心子知らず 2010/12/02(木) 16:02:38 ID:RM0ykDAw
私は被害にあってないけど、住んでるマンション内に託児母が居ると知った。 
今まで小梨・共働きだったので、他の住人との交流は殆ど無かったのだけど 
色々あって、現在専業主婦状態。 
先日、共有廊下側の部屋にいたら、他所のお宅のインターホンが何度も鳴る。 
(訪問販売か宗教活動家が入り込んで各戸を回っている感じ) 
うちに近づくと訪問者の声(女性)が聞こえて来たんだけど、インターホンを 
連打して、誰も出て来ないと、舌打ちしたり毒づいたり、なんだか怖い。 


続きを読む

    ↑このページのトップヘ