C0dU3cYVEAAiGdv



860: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 13:38:11 ID:zgOquCdX
所用があって、以前勤めてた会社に立ち寄った。 
そこの元上司と会って用事を済ませ、帰ろうと思ったら 
びっくりするほど大きな「バターーーーーーーン!」という音が。 
心臓の弱い人だったら、いきなりの大音響にびっくりして 
心不全を起こすんじゃないかと思えるほどの音だ。 

原因は、トイレのドア。女子トイレのドアが重く、そしてゆっくりしまるような 
調整がしてないために、出入りする時に手を離してしまうと「バター―ーン」になる。 
ドアの両面には「ドアから手放すんじゃねえよ(意訳)」と書いて貼ってあるのに。 
でも、どういうわけか絶対にその注意書きを守らない女がいた。今回の音も、 
もちろんその女が犯人。 




ドアはちゃんと手で閉めろ!それから管理会社もいいかげんにドアの調整しろ!
大したことじゃないけど、毎日やられるとストレスなんだぞ。
私はもう辞めてて、たまにしか行かないけれど、毎日あそこで働いてる人は
さぞかしイラつくだろうに。


もいっちょ。
趣味のお稽古として、お茶に通ってる。
そこでの生徒さん、自分がお手前するときにたまごっちつけてた・・・
袱紗をさばく時にピロピロ。お茶をたててるときにピロピロ。
うるさい!そんなもん、お稽古の時間に持ってくんな!しまっとけー!

863: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 14:29:54 ID:zgOquCdX
もうひとつ。

「私って、本読むのとか好きで、すっごくいっぱい本読むんだ。
でもあんまり普通の本とか読まないかも。ちょっと面白いけど珍しい本とかが多くて」と
なぜか自慢してくる人がいる。

その人のおうちに遊びにいったら、「感動するんだ」と差し出された本は相田みつを・・・('A`)
その中でも一番素晴らしいと出されたページは、他の詩人の作品を
みつをがあの下手な字で書いたもの(みつをの字で「まだ前髪あげ初めし・・」とか
書いてあるようなものです)。
「心にしみいるような詩だよね。みつをは才能あるよ」と心酔しているが
ちょっとまて。それは他人の詩だぞ。
元の詩が好きなだけに、ちょっとむかついた。

その後、「面白いよ、珍しいでしょ」と持ってきた本が「生協の白石さん」・・・。
白石さんは好きだけど、本当に本が売れてるんだね。

「ネットが趣味?楽しいの?なんかおたくっぽーい」と私の趣味を笑われたのが気に障る。
おまえが好きな生協の白石さんだって、ネット発のブームじゃないんかい。
それから、人が読んでる本に文句つけるな。私もあなたの本をどうかと思うけれど
口には出さないだろう。お前も「殺人の本とかって、怖い。子供に影響でそう」とか言うな。
(私は子供がいません。そして読んでいたのは「オリエント急行の殺人」だゴルァ!)

864: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 14:59:40 ID:Cd9urxOo
>>863
リア厨の知り合いがいるとは、なかなか交友関係が広いですね。
それともご友人は慢性中二病を患っているんでしょうか?

865: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 15:06:12 ID:n0NHdvjN
ブログのリンクしてる人で、「私は活字中毒者で本がないと生きていけなーい」
という人がいた。
たまたま私が本の話題書いたら
「○○さん(私)の読んでる本って変わってる~!
普通の読まないの?
私ぜんぜん知らないのばっかりだしー(爆)」
とかコメントされた。普通のってなんだよ。
その人が好きなのは、東野圭吾と宮部みゆきと群ようこだった。
ちなみに音楽中毒とも言っていたが、好きな歌手はビーズと福山雅治だった。

866: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 15:09:48 ID:RhdzvPIN
中毒中毒

875: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 19:10:13 ID:zgOquCdX
>>864
リア厨じゃないです。御年38歳の方でやんす。

電波浴( ( ( ( ( (゚∀゚) ) ) ) ) ) デンパと思いつつ話を聞けば、中2病?オンパレード。
「アジアの人たちと仲良くしなきゃいけない」
「アメリカは核(核兵器)を持っててよくない」とかね。
ネイチャーフレンドリーでピースフルハートフルな宇宙船地球号に乗っているようです。
きっと若くて時間があったら、大喜びでピースボートに乗っていることでしょう。

ちなみに、「中国も核があるじゃない?日本に照準が当たってるんだよね」といったら
「無力で、今まで差別されつづけた人たちが(そうなのか?チベット民族は?)
武器を持って何がいけないの?(あんた戦争反対って言ってたやん)
アメリカのように、自己防衛と他人を威嚇するだけの核とは違うんだよ!」と
わけわからんことを言われました。
“アメリカの核は汚い核、中国の核は綺麗な核”という人の理論を垣間見ることができました。
理解はできないし、したいとも思いませんが。

>>865
好きな人をけなすわけではありませんが、
そこに京極夏彦・小野不由美を混ぜると「変わった本が好きなんだ」という、
自称・本中毒さんが出来上がると思います。

878: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 19:29:00 ID:enPz9ZeA
京極夏彦や小野不由美は100円あたりの文字数が多くてお徳。
ていうか、「変わった本」かな?たいてい平積みで売ってる講談社メジャー系だと思う。

879: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 19:41:10 ID:d8gkLrMm
うん。
変わった本っていうか、かなりはっきり流行に左右されているだけかと・・・

880: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 19:50:11 ID:Afq4Mqzx
まあ多分その人のいう「変わってない(普通の)本」っていうのは、
夏目漱石とか遠藤周作とか宮本輝なんじゃないの。

881: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 20:06:34 ID:zDUYU93f
>>880
しかし流行り系の作家好きの人は中学高校の現国の教科書に載ってるような作家を
案外知らなかったりするよ。
「泉鏡花?!知らない!有名な人なの?へぇー?」と言われた日にゃorz
載ってませんでしたか高野聖。
「おもしろいの?読んでみようかな」て言ってたけどおもしろくなかったろうな…

882: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 20:15:01 ID:ouFvhUy+
そういう人に限って、活字中毒ですって言うんだよね。

883: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 21:00:14 ID:FnwNQPbr
>>863
ちょいと前の話ですが「Jupiter」を、あの平原なんとかって子が作曲したと思っていて、
「この若さで、こんな魂を揺さぶるメロディが書けるなんてすごい」と感動していたやつが知り合いにいます。

886: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 21:53:11 ID:FXf9sC18
>>883
殴りたいな、そいつ

889: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 22:35:52 ID:zgOquCdX
>>878-879
うん、メジャーだよ。
ただ、「活字中毒なの。だけどちょっと変わった本読むんだ」という
自称・活字中毒さんに限って京極・小野などを
“変わった本”で、そんな本を読む私って通でしょー、変わってるでしょー、と
アピールしているように感じたので、そう書いてみました。
へんな書き方して、ごめんね。

>>881
「論語とか、好きー。漢文系?って好きなんだ」と言われ、
「私はあまり漢文は詳しくないけど、山月記は好きです」と言った時の会話。

「はあ?なにそれ?普通知らないって」
「教科書にあったんです、隴西の李徴は博学才穎って。ありませんでしたか?」
「ない。っていうかそんなの覚えてるの?なんで?」
「なんでって・・好きだから。漢文は嫌いだけど、山月記は好きなんです」
「漢文とソレがなんで関係あるわけ?」
「・・・・」

890: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 22:55:42 ID:87vH5Knl
>>889
あああああそいつの首を締め上げたい。
知ったかぶりをするバカに限って、そういうカンに障る食い下がり方をするんだよなあ。

中島敦っていいよね。性狷介、自ら恃むるところすこぶる厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。
お、おれもけっこう覚えちょるぞ。

891: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 23:00:02 ID:dGR4lM8/
虎だかに変化しちゃった人間が理性を取り戻して
「危ないところだった」とか言ってる話だっけ?>山月記

893: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 23:04:47 ID:uhT0A4u+
>>891
「危ないところだった。でもどんどん虎になっていってるから
もう二度と俺に近寄らないでくれ」な話だな。

「日本文学が好きなんだーえ?かぐや姫?何それ?それって日本文学?」のレベルだね。

894: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 23:09:20 ID:oDn2cRvU
自称活字中毒者と言うのは「地獄の味噌蔵」みたいに字であれば何でも貪り読むものだと思ってた。
それこそ教科書でもチラシでもマンガのフキダシでも。
変わった本なんか選んでる余裕はないはずだし、選んでメジャー系(直木賞とか)ってそれ何の冗談なのかと。

895: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 23:13:19 ID:tGqrwzXc
英米文学専攻って言うから古今東西の作品群ふってもまるで・・・
じゃぁ卒論のテーマはって聞くと・・・
何しに大学行ったのさ?偏見的に言うと私大文系に多いタイプ。

896: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 23:26:32 ID:zgOquCdX
>>890
わかってくれてありがとうw
当たり前だけど、山月記を知らない=あの文体を知らないわけで、
「漢文系」だということを知らないんですね。っていうか漢文系ってなんだよ系って。
そのことを説明して「だから、漢文は嫌いだけど、あの漢文調の本は好きなの」と
いってみたら、やっとわかってくれました。
ただ、「そういうの覚えてるって、マニア?なんか変わってるね」とは言われたけど。
名前ぐらいは聞いたことあるだろう、山月記。
(・・・でも、これってどれぐらいの知名度なんだろう?「リア王」より上かな?)

>>893
そういう話。今、青空文庫で久しぶりに読んだ。やっぱいいね。
最後に自分の姿を見せるから、あの丘を登ったら一度だけ振り向いてくれ、
この醜い獣の姿を見たら、君も俺に二度と会いたいと思わないだろうし
自分も二度と思わないだろう、といって、虎が丘に向かって吠えるの。

>>895
あ、いるかもw
国文専攻だったのに、源氏に出てくる人物を5人言えない、とか
けっこういるんじゃないかな。

897: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 23:41:03 ID:n0NHdvjN
私はむしろID:zgOquCdXが気に障ってきた。

898: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 23:48:16 ID:ZSkbGF4g
>>897
ドウイ

899: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/17(金) 23:57:30 ID:gQIjIvwo
>>897
なんつーか、897もその友人も同レベル。
目くそ鼻くそ。

900: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/18(土) 00:00:04 ID:SS/b7I0u
>>897
38歳でこれだからね…

902: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/18(土) 00:05:55 ID:3sXaqQN8
>>899
違うよね?897のことじゃないよね?

904: 899 2006/02/18(土) 00:08:02 ID:3B9CGzXG
>>902
あースマソまちがえた。896だ




【らいらい※】本は好きだけど基本フィクション物しか読みませんエッセイとかビジネス書は読みませんって言ってる私に執拗に勧めてきた挙句、ページ開いたらその人の手書きのコメント満載でウザー感8割増したのを思い出しました。