キャプチャ-36-678x381
741: 名無しさん@おーぷん 2017/08/29(火)17:29:45 ID:ZEQ
遊び人だった旦那と結婚する為に人間不信に陥らせた
出逢った頃には周りの人に遊び人と言われるほどの遊び人

素直にヤキモチ妬いたら鬱陶しがるのは明白だったので周りにリサーチして情報収集を始め
私が知らない筈の話を噂話で聞いたんだけど~と聞き否定しようが肯定しようが
「大丈夫、私は信じてるから」この言葉で全て終わらせた
親身に話を聞くポジションに収まり私には弱音を吐くようになった時
家の住所、電話番号、SNSのスクショ複数をこんなの回ってるよと見せた
隠してる筈のオートロックのマンションの部屋の番号までドンピシャで当てられ
私が知り得ない情報を知ってる人間を疑うようになり
それを繰り返してるとどんどん人間不信に陥っていった
極め付けに私が隠し撮りしたホテルでの歯磨き中の1ショットを見せた
遊び人だからいつどこで誰に撮られたかわからないと思ったら
本当にわからないみたいで私との写真なのに頭を抱えて土下座してた
この時点で旦那には弱音や愚痴を吐けるのは付き合ってる私だけになってた
この頃には信じ切ってたから邪魔な人は簡単に排除して行けた
ホテルでの写真を出した時に
「こんな写真まで見ちゃったら流石に信じられないよ…」と力無く言ったのが効いたのか
それからは自分で潔白を証明しようとGPSと定期的に写真と動画を送ってくるようになった
そして御両親に挨拶をし無事結婚
結婚した時に旦那実家が海外の大豪邸みたいな事に驚いてみせたけど本当は知ってた
私の実家は賃貸で引越しを繰り返してたけど昔ここの近所だった
旦那は覚えてないけど幼少期に遊んだ事もある
顔が変わってなかったから飲み会で会った時にすぐ気づいた
昔からこんな家に住みたいと思ってたから貧乏産まれでも大学出てそこそこの企業に
就職して貯金してたおかげで金目当てだとか家目当てだと思われる事もなかった
ダメ人間だった俺を支えてくれたと愛妻家になり義両親も大切にしてくれて
私も子供も何不自由なく暮らしていけてるけど全てはこの家に住みたいっていう
願望のおかげだったとは言えない




【らいらい※】執念がすごい