e7297_1615_999e859012099386424fb7ed6c8e74aa
870: もも 03/01/15 22:14 ID:C5e2HI9S
ガソリンスタンドでバイトしていた時の話。 
ある夜、ふと見上げると空がきれいな夕焼けに染まっていた。 
しかし今の時間は21時。よく見るとスタンドのすぐ裏で煙が上がっているではないか! 
バイト仲間Aと「もしや、、、火事??」「消火だ~!」と、水道を全開にし 
ホースを持って猛ダッシュ。しかし、現場は防火壁の向こう側でホースが届かない。 

モタモタしているうちに火の手は大きくなるばかり。
「バケツリレーだ!」しかし、一杯の水を運ぶのに時間がかかり過ぎる。
その時、バイト仲間Aはバケツリレーを放棄し窓拭き用の霧吹きを手に
「うがぉをーーーーーっ!」と叫びながら現場へ。
「あぢぃっあぢぃっ」と言いながらギリギリまで火災現場へ近づき、
腰を落とし右手を限界まで伸ばし、、、シュッシュッと霧吹きを始めたのだ。
野次馬達はあぜん。。。ポカ~ン。「おいっあと一個霧吹きあったろ!早く手伝え!」
Aは必死の形相で訴えている。そこへ誰かが通報したのだろう、消防車が到着。
素晴らしい手際で放水ホースを準備し始めた。その間もAはシュッシュッを続けていた。
「おいっ水がなくなりそうだ!満タンの持ってこい!」Aが振り返った瞬間、
消防車の放水が始まった。勢いよく放出された水はAを直撃。「ぐふおっ」
Aはもんどりうって倒れたが、すぐに起き上がりこっちに駆け出そうとした。
瞬間、2本目の放水が始まり、再びAを直撃!「んふぉっ」Aは押し戻され
もんどりうって倒れた。「だずげてえ~」消防士が助けに走り、
ひきずって来られたAの髪の毛は焼け焦げ、ススだらけだった。
あれが霧吹きでなければヒーローだったかもしれないが、息も絶え絶えのAに
皆がかけた言葉は「オマエアフォか。。。」

871: もも 03/01/15 22:16 ID:C5e2HI9S
省略されたのでつづきを、、

Aはもんどりうって倒れたが、すぐに起き上がりこっちに駆け出そうとした。
瞬間、2本目の放水が始まり、再びAを直撃!「んふぉっ」Aは押し戻され
もんどりうって倒れた。「だずげてえ~」消防士が助けに走り、
ひきずって来られたAの髪の毛は焼け焦げ、ススだらけだった。
あれが霧吹きでなければヒーローだったかもしれないが、息も絶え絶えのAに
皆がかけた言葉は「オマエアフォか。。。」

872: もも 03/01/15 22:20 ID:C5e2HI9S
また、最後が省略されたので続き

眉毛まで焦げたびしょ濡れのAの目に、俺は涙を見た、、気がする。

×→消防士が助けに走り
○→消防士が助けに走った。

873: ネタ 03/01/15 22:38 ID:90JVoNhq
>>870
もしかしてネタ?

874: もも 03/01/15 22:43 ID:C5e2HI9S
ネタだと思われても結構ですが
本当の話です。
ガソスタネタはたくさんありますよ

875:   03/01/15 22:43 ID:f/qj1N48
>>870-871
二重にオモロイ。Aさんとももさんが重なってみえる・・・

876:   03/01/15 22:44 ID:DZcsGW67
>もも
オマエアフォか。。。

877: もも 03/01/15 22:47 ID:C5e2HI9S
>>876
なんで?

879:   03/01/16 00:31 ID:I4O9Z3MM
ももさん、省略されても「ここ」って所をクリックすると全部読めるんです。
気にしないで。

888: もも 03/01/16 12:06 ID:EDJSU++j
もう省略されても続き書かないようにします。
初めて書いたのでよくわかりませんでした。

通勤電車での話。
ある日、偶然同僚の二人と同じ電車になりドア前に三人で立っていた。
次の停車駅でドアが開いたとき、またもや偶然にも同僚の一人Kがいた。
「おはよう」と片手を挙げ乗り込もうとしたとき、Kは突然視界から消えていった。
直後、電車とホームの間に挟まり、胸から上を覗かせたKを発見した。
(両腕と顔だけが見えている状態ね)
俺たちは爆笑した。指差して爆笑した。「なに挟まっとんのや~!」
「スカート覗くなよ~」周りの乗客も笑っている。Kは自分で這い上がれないらしく
「手伝ってくれ~」と半泣き状態。Kの後ろに並んでいた乗客も苦笑い。
その時、扉は無常にも閉まり始めた。俺たちは青ざめた。
このまま発車したら、Kの胸から上が車内に残ることになるのでは??
そもそも駅員はこの状況に気がついていないのか??
「あうっ」扉はKに一撃を与え再び開いた。安堵し救出へ向かおうとしたその時、
再び扉が閉まり始めた。一刻を争う事態だ!「扉閉めるな~っ」と誰かがホームに向かって
叫んだ。なぜか扉は何度も開閉を繰り返し始めた。Kは一撃を食らうたび声を漏らす。
「あうっ。。。あうっ。。あうっ。あうっあうっあうっ」
ええ、笑いました。脱肛するほど笑いました。扉に何度も挟まれるKの姿があまりにも
可笑しくて。結局、駅員が気づいてくれたのでKを引き上げる事ができ事なきを得たのだが、
引き上げた後のKの言葉が忘れられない。「オマエら恨むど、、、」
Kにとっては修羅場だったな。あれは。

889: 03/01/16 12:14 ID:1Y66JdUX
笑ってないで助けてやれよ・・・

890:   03/01/16 12:20 ID:D74Is3+U
>>もも
おまえひどい香具師だな
さっさと引き上げれ

火事のことと言い、見てるだけしかしないのな
おまえアフォか・・・は君に送る言葉として最適なようだよ




【らいらい※】報告者の使えない感がはんぱない