1303523649212


119: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 14:41:41 ID:eUhvaaoL0
面白いかわかりませんが、ひまなので投下してみます。 

私 19 大学1年 
彼 22 社会人 
A 22 ? 
(年齢等は当時のもの) 

去年のお盆休みのことです。 
卒業後はじめて彼の高校の同窓会があり、 
彼も久々に友達に会えると喜んで出かけていきました。 

彼は飲んでるあいだは飲みに夢中であまりメールはしない人なので 
その日も頻度は少ないながら、友達との会話で面白いことがあると 
その都度報告のメールをぽつぽつと入れてくれてました。


124: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 15:40:07 ID:jd/mF+6A0
まあ私も翌日、1限から授業でしたので寝てしまい、翌朝。
とにかく何があっても「おやすみメール」だけは欠かさない彼なのに
メールが入っていないのです。
テレビのニュースを見たりしながらしばらく怒っていたのですが、
打ち忘れかも知れないと思い、こちらからメールしてみました。
つまらないことで彼との仲がこじれるのは嫌でしたから。
てんきいいよー。なにしてるのー?おはよー。と。
かいがいしい彼のことだから、いつもならすぐに返事が来るはずなのに
ランチを食べ終わっても音沙汰がありません。私は腹立ち紛れに携帯を
投げ捨てようとしました。そのとき着信がありました。
下らないスパムメールでした。
しね。業者も彼もしね。
て呟きながら歩いてたらネコにひっかかれました。
ネコにまでばかにされた。くやしー。

125: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 15:49:58 ID:JtgKQ4BA0
一時間経ってるし、ID違うし、釣りか?

126: 119 2008/02/08(金) 15:53:23 ID:eUhvaaoL0
しばらくすると彼からメールがこなくなりました。
彼の携帯は何年も使っていてかなりボロいので
いつものように電池が切れてしまったのか、
同窓会が楽しくてメールなんてしてられないのか、と
たいして気にせずに自分の時間を楽しんでいました。

またしばらくすると突然彼専用のウィルコムがなり、
ちょっとテンション高めで電話をとると、
「あ~、もしもしぃ~?私さ~ん?」
と女の声。
一瞬でパニックに陥りつつ、なんだ、なんだ?と
頭のなかでは冷静に状況を把握しようと必死になりました。

127: 119 2008/02/08(金) 15:55:55 ID:eUhvaaoL0
支援ありがとうございます。
時間あいてすみません、電話が入ってました。
124は釣りです。

128: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 15:56:15 ID:T6BUK6S50
>>125
縦は縦であると見抜けなければ以下略

130: 119 2008/02/08(金) 16:02:35 ID:eUhvaaoL0
とにかくなにか喋ろうと思い、
「も、もしもし?私ですけど、どちらさまですか?
この電話は彼のものだと思うんですけど…。」
と微妙に弱気に答えてしまった私orz

すると女が
「うんっ!そおだよぉ~!これ彼ちゃんのぉ!!
彼ちゃんの元カノのAなんだけど~、
彼ちゃんAといても私さんのことばっかり喋るからぁ、
どんなひとかと思ってかけっちゃったぁ♪」
と、鼻にかかった声でやたら語尾伸ばして答える。

ブリブリの声と一人称が名前という話し方にイラつきつつ
私のこと話してたのか(´∀`)と
このときはまだ浮かれる余裕があった。w

131: 119 2008/02/08(金) 16:07:45 ID:eUhvaaoL0
いくらちょっと嬉しかったとはいえ、
突然元カノに電話されても困ると思い、
「そうですか。でもなんでAさんが彼の電話使ってるんですか?
ちょっと彼にかわってもらいたいんですが…。」
と、なぜAが彼のウィルコムを使ってるのかの説明と、
彼を電話口に出してほしいという2つを頼んだのですが…。

「あのね~、さっきAがね~、彼ちゃんの横通ったの~。
そしたらね~、彼ちゃんがAのほうに見ててぇ~、
ばっちり目があっちゃったのぉ!!でね~……。」
と相変わらずの口調で、彼と会話をはじめたきっかけから
どうでもいいことまで説明をし始めました。

内容は彼がAを意識しているみたいだということが
とにかく強調されていてイライラするものでした。
我慢して聞いていましたが、全く私の質問に答える気配がなく、
めんどうだし、どうせ酔っ払いがふざけたんだと思い
電話を切ろうとしたとき、Aが衝撃的なことを口にしました。

132: 119 2008/02/08(金) 16:11:37 ID:eUhvaaoL0
「…~でもぉ、彼ちゃんかわいそうだよぉ~?
私さん、全然行為させてあげてないんだってね~?
だから彼ちゃんAにめっちゃ甘えてきて大変なの~!!」

実は、前の彼のときにいやな思いをしていたせいで
私がどうしてもそういう行為を好きになれず、
彼によく我慢してもらうことがありました。
それは事情も話してあり、彼も理解したうえで
それでもいいと付き合ってくれていました。
でも、そのことをAが知ってるのがどうも気になり、

「それは彼本人がはなしてたんですか?」
と思わず聞いてしまいました。

「うんっ!だからねぇ、『Aが彼ちゃんの欲求満たしてあげようか?』
ってゆったらね、『じゃあ、今夜お願いしようかな』だってぇ!!!
私さんには悪いんだけど~、でもAがちゃあんと頑張ってくるからあ!!」
「は?ちょ、なに言ってるんですか?」
「じゃあ、私さん、まったね~ん♪」
「えっ、え??」

133: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 16:13:16 ID:D3v5tClHP
PCからなのに書き溜めてないのか・・・

134: 119 2008/02/08(金) 16:17:15 ID:eUhvaaoL0
一方的に電話を切られ、話の内容をもう1度考えると、
Aの言っていることが本当なのかもしれないと思いはじめました。
彼は私と付き合う前に酔った勢いで女の子を抱いたことがあると言っていました。
付き合い始めてからはとても優しく、1度も不安にさせられたこともなかったので
忘れかけていたのですが、こんな状況になると急に思い出し不安になりました。

とりあえず彼に確認しようと、auのほうに電話すると
電源が入っていないようで繋がらない。
いつもは電池切れかとそのままにするのですが、
このときは、まさか電源切ってる…?とものすごく焦りました。

135: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 16:17:33 ID:Ppk4FmaT0
釣りと立て読みの区別も付いてないもんな。

136: 119 2008/02/08(金) 16:20:58 ID:eUhvaaoL0
わ~、ごめんなさい、出直してきますorz

137: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 16:28:14 ID:wCG+TScd0
>>136
いいから続き書いてください

138: 119 2008/02/08(金) 16:38:31 ID:eUhvaaoL0
>>137
なんか、すいませんorz

次の日の寝起きは最悪でした。
夕方、ドコモのほうに彼から着信。
とうとうこの時が…。と思いつつ電話をとると、いつもの声で、
「ごめん、充電きれちゃって~。昨日は○○(男)んちでまた朝まで飲んでたから
充電もできなくって…。怒ってる?」
と、私の顔色をうかがいながら言ってきた。

訳がわからず、彼が嘘をいってごまかすつもりなのかと思いったのですが、
どうやら違うようなので事情を話すと、彼はありえないと言い、
いますぐAと話そうといいました。

139: 119 2008/02/08(金) 16:45:57 ID:eUhvaaoL0
彼はAの連絡先も知らなかったので、友人に聞いて喫茶店に呼び出しました。
いきなり2人でいたら入らずに逃げられるかも、ということで
私は彼の席が見えるところで様子をみることにしました。

しばらくして、Aが現われました。
「あ、彼ちゃ~ん!!待ったあ?」
といいながら私の席を通って彼の向かいの席へ。
彼とAの席までの距離と、周囲の人の声もあって会話は聞こえませんでした。
様子をうかがっていると、Aが彼にウィルコムをさしだしていました。
するとだんだんAが険しい顔になり、彼は怒っているようでした。
ついにAは泣きだし、彼は怖い顔のまま私のほうを向き、来いと目で言いました。


140: 119 2008/02/08(金) 16:51:34 ID:eUhvaaoL0
私が合流すると、彼が泣きつづけるAの向かって
「てめぇ、泣いてねぇで謝れよ!!」
と怒りながらいいました。
Aは首をものすごい勢いで横に振り、私を睨みつけて、
「A悪くないもん!!彼ちゃんこんな女のどこがいいの!!
ぶさいくだし、頭も悪そうだしっ!!Aのが彼ちゃんに似合ってる!!」
と、ものすごい形相で私のことを指さして言いました。

彼がまた何か怒鳴ろうとしていましたが、私のほうもムカっときていたので
Aのほうを睨みかえし、彼の言葉が出る前に声をあげました。
「ぐしゃぐしゃに泣いて厚化粧がどろどろのあなたに不細工とかいわれたくないっ!!
なにがしたいんだた知らないけど、あんな嘘ついて変な電話かけてきて、
あんたのほうが頭おかしいだろうが!!つーか、彼にべたべたすんな!!」

ふだんあまり早口ではないんですが、この時の私はものすごく早口だったそうです。w

142: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 16:57:32 ID:o8JhbOJW0
リアルタイム私怨

143: 119 2008/02/08(金) 16:57:41 ID:eUhvaaoL0
するとさっきまで、だだこねるように泣いていたAが態度を豹変させ、
「うっせーよガキが!!お前のせいで彼がAのこと見てくれなくなったんだよ!!
お前みたいのが彼のこと騙さなければ彼がAみたいなかわいい子の誘いを
断るわけないだろーが!!彼はいつもAのことかわいいって…~。」
と、私を罵り、高校時代付き合ってたときの彼のことを延々話していました。

彼はうんざりした顔で、私のほうをちらっとみて、
「喫茶店でこんな騒ぎ、迷惑だろうからもう出ようか。
Aはもうなに言っても無駄だし、私もいやだろ?車で事情はなすし。」
ということで、わめくAをおいて逃げるように店をでました。

145: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 17:12:13 ID:xujk7P2oO
つ④

146: 119 2008/02/08(金) 17:14:58 ID:eUhvaaoL0
駐車場で車まで歩いていると突然、ドカッと背中に痛みが走り、
彼が大声でなにか叫んで走りだそうとしましたが、
座り込む私を見てイラついた顔のまま戻ってきました。
彼が向かった方をみると、Aが走り去るところでした。
Aは後ろから私にとび蹴りをくらわせ、そのまま逃走したのです。

車にもどり、彼から事情を聞きました。
その内容は
・飲んでる途中でポケットから出したはずのウィルコムがなくなってた。
しかし、酔っていたせいで、どこかで落としたのに気付かなかったのかと思った。
(実はAが盗んだ。喫茶店では、落し物として同窓会に使った店の人に預かったと渡そうとした。)
・Aと目が合い話かけられたのは事実。ただし、意識はしていなかった。
・私との体関係については、Aに誘われて断ったら
「彼女とするのはそんなにいいのか、いつもしてるのか」等しつこくきかれ、
今の彼女とはそんなにやりまくる関係じゃないし、しなくても満足と答えた。
(ここからAの私がやらせていないという発言になったらしい。)
・彼がシャワーあびてるといったときいたのは、その日寝た他の男。
・彼がしあわせそうだったからムカついてこんなことをした。

ということでした。

微妙かもですが、私には強烈なできごとでした。
ぐだぐだしながら長々と書いてしまって申し訳ありませんでした。

147: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 17:19:44 ID:Lg5+LKCDO

Aみたいな馬鹿女は消えたらいいのに
背中大丈夫だった?

148: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 17:21:24 ID:n+DYP6jd0
no title

149: 119 2008/02/08(金) 17:21:43 ID:eUhvaaoL0
支援してくださった方、長々とお付き合いありがとうございました!

150: 119 2008/02/08(金) 17:24:09 ID:eUhvaaoL0
>>147
背中はしばらくしたら痛みはひきました。
首のほうがちょっとダメージありましたが。w

>>148
かわいい!!
お茶どうもです。

151: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 17:24:40 ID:/okSQjrg0
傷害で訴えてもよかったょ

152: 119 2008/02/08(金) 17:29:52 ID:eUhvaaoL0
>>151
なるほど、当時はそんなこと頭にありませんでした。
でも、もう関わりたくなかったからいいか。
その後Aは周りにこの悪事がばれて苦しんだようですし。w

153: 恋人は名無しさん 2008/02/08(金) 17:30:49 ID:NmMT3HML0
もし良ければその後をkwsk!

154: 119 2008/02/08(金) 17:40:43 ID:eUhvaaoL0
>>153
その後Aがしばらく彼と私の悪口を言いふらしていたようですが、
どうやらAは、同窓会で友達に、
「彼のやつAの誘い断るし、のろけてばっかでむかつく!!
Aがぶっこわしてやる!!」
と、ご丁寧に宣言していたらしいので、誰も信じなかったそうです。
そのうえ彼が友達にこのことを愚痴ったのが広まり、
Aは周りから避けられているとのことです。
これを機に反省してくれたらいいのですが…。

その後はこんな感じです。
つまらなかったらすいません。

155: 119 2008/02/08(金) 17:42:14 ID:eUhvaaoL0
では、この辺で名無しに戻ります。
ありがとうございました。




【らいらい※】彼がまともな人で良かった修羅場でした。