ライフライフ|生活まとめ2ch

義実家、子育て、恋愛、嫁姑、など日々の衝撃的な出来事や修羅場などをまとめた、生活系の2chまとめです。

    カテゴリ: 衝撃

    24f7e406-s


    93: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/19(木) 13:08:33.15 ID:QLrye1gK
    パートタイム勤務でも、海外研修連れて行ってもらったこと。 
    ある日、店長が「○○さん、アメリカ行かない?」って言って来て 
    「はあぁぁぁ!?」(←本当にこう答えた)と衝撃を受けた。 

    移動は全てチャーターバス、宿泊先はマ○オットやヒルト○など 
    私ですら聞いたことのある名前のホテルばかり。 

    研修だから、ひたすらスーパーマーケット巡りなんだけど 
    それでも楽しかった。 

    個人では、とても出来ない貴重な体験なので、行けるものならまた行きたい。

    続きを読む

    赤ちゃん指


    414: 名無しさん@おーぷん 2016/01/27(水)11:05:09 ID:kC5
    長年の友人が、職歴なしでずっと生きている。
    当時はニートという言葉がなく、プータロー、高等遊民と呼ばれていた。
    友人の実家は裕福で、アパートや駐車場などを所有しており、働く必要がない奴だった。
    上記の理由で不労所得があるため、羽振りがよく
    奢ってくれることもしばしばだった。
    金持ち喧嘩せずのことわざ通り、穏やかな気のいい奴で、怒った顔など見たこともなかった。

    続きを読む

    456505723301b8cedd1e5aaf7f050f5f-616x335


    516: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)20:44:35 ID:GNw
    旦那からプロポーズされた時が衝撃。

    同じ会社ではないけど仕事関係の知り合いで、挨拶と「暑いね~」「そうですね~」ぐらいの短い世間話とも言えないぐらいの会話しかしたこと無い人がある日突然私にニコニコしながら近付いてきて、「結婚式場が決まったから。」って言った。

    続きを読む

    01-b28fc


    244: 名無しさん@おーぷん 2016/01/19(火)13:02:46 ID:3UF
    1年前に2つ隣の県に引っ越して行った30過ぎの友人の披露宴に呼ばれたんだけど、新郎新婦プロフィールの部分衝撃を受けた。うろ覚えだけど。

    続きを読む

    owarida


    219: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/21(土) 18:46:12.95 ID:uvDs+gIA
    1年半くらい前、ipodを買い同期するため家族共用のパソコンの電源を付けた 
    そのパソコンを使うのはそのときが初めてだった(ネットするときは携帯だから) 

    続きを読む

    25407685_1


    388: 名無しさん@おーぷん 2016/01/26(火)10:09:03 ID:WkN
    付き合っている人の携帯に、差出人不明のメールがあった

    自分達はお互いに携帯はフリー、とは言ってもさすがに友人からのメールを見る訳にいかない。
    なので、お互いが送ったメールや迷惑メールを読んでふざけていた。
    人妻と遊びませんか?的な迷惑メールを取り上げて「酷い、なによこの女!」「ち、違うんだ!」なんて。

    続きを読む

    B52nUlMCcAAEqOf


    173: 名無しさん@おーぷん 2016/01/15(金)09:34:59 ID:663
    おたくの娘さんのせいで離婚した!慰謝料払え!と見知らぬ男性が私実家に朝一凸し、
    慌てた両親が私に連絡を取ろうとするも私仕事中でつながらず。
    パニクった両親は私旦那に連絡し謝り倒し、寝起きで要領を得ない説明で混乱した旦那は、
    私が離婚したがってる?と誤解。
    もう何が何だか…

    うまく説明できるかわからないけど、吐き出したいから頑張ってみる。

    続きを読む

    51c7fc3b44e6227e03420784ab9685a4


    48: 名無しさん@おーぷん 2016/01/06(水)14:34:36 ID:1qQ
    結婚しようと思っていた人の家に挨拶にいったら、彼のお母さんがお妾さんだったこと
    しかも「2号さん」どころではなく「4号さん」
    彼父は普段正妻さんの住む家を拠点にしつつ、2~4号さんの家を渡り歩いているそうだ
    それぞれの女性の生活をすべて支え、なおかつそれぞれの子供をきちんと可愛がってるそうで
    彼も異母兄弟と一緒に学校に通ったり、遊んだりして成長したらしい
    正月や盆には正妻さん一家とお妾さん一家を含んだ、家族が一堂に介するそうだ
    一応それぞれの奥さんに格付けみたいなのがあって、彼のお母さんは第四夫人なので
    「よそに比べれば格が落ちる」というようなことを彼からこそっと耳打ちされた
    この家にお嫁さんに入ることが想像できなくて、だいぶ揉めたけど、結納もまだだったので
    頂いた物を返すだけで別れることができた

    あと親に相談した時に、私の父が「妾を持てる男の家(要は金持ち)に嫁げるなんて幸せだ」と発言し、
    母の怒りを買って両親が別居したり、母方の伯父が怒鳴り込んできたりして、家族全員疲れ果てた

    ちなみにこの話、平成20年台の都内の話です
    今どき正妻とお妾さんが仲良く暮らしてるなんて、時代が違いすぎててびっくりした

    続きを読む

    contents_07


    199: 名無しさん@おーぷん 2016/01/16(土)18:56:27 ID:Ur5
    同僚が産休に入り、産休代理の臨時バイトの子(20代女性)が一人加わった
    先日、私と二人で出先に向かった帰り、蕎麦屋で簡単に食事することになった
    私は月見そば、彼女は天ぷらうどんを注文し、先に運ばれてきたのは月見そば
    彼女は店員さんから月見そばを受け取って私の前に置いてくれようとしたんだけど
    その前に何故か箸を手に取り、何するんだと思ったら卵を箸で潰してかき混ぜた
    その後、笑顔で「はい、どうぞ!」

    続きを読む

      ↑このページのトップヘ