ライフライフ|生活まとめ2ch

義実家、子育て、恋愛、嫁姑、など日々の衝撃的な出来事や修羅場などをまとめた、生活系の2chまとめです。

    タグ:ギャル

    キャプチャ13


    562: 名無しさん@おーぷん 2017/08/19(土)12:09:37 ID:gBL
    兄の嫁が苦手すぎる…中学の時にギャルにいじめられててその他の系統の人がトラウマなんだけど、スッピンが菜々緒の顔を短くした感じで化粧がみちょぱ?系の鬼ギャル。化粧しなくてもギャル顔なのに化粧で余計派手になってる
    親もそういうチャラついた系統の人間が苦手だから結婚に反対するかと思ってたのに、ギャルなのにめちゃくちゃ礼儀正しくて寧ろ気に入られてる

    続きを読む

    13-21-garasu1



    545: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)16:14:36 ID:twA
    定期的に思い出しては気になってる話。

    私は中学生の頃憧れてた人のようになりたくて、
    高校入ったらなにやろうなにやろうと張り切っていた。
    成績もその学校のレベルにしては高かったので、特進クラスに入れたので入った。
    しかし蓋を開けてみたら底辺高校の特進クラスなんて
    内申に難アリで上の高校にいけなかった奴らのふきだまりで、
    私以外女子は全員ギャル、男子も素行の悪いやつばっかだった。



    続きを読む

    images


    202: 1/3 2009/12/13(日) 02:18:40 ID:pzca3sh5
    都内の某有名お花見スポットにお花見に行ったときのこと。 
    その日は前日とは打って変わってやけに気温の低い日だった。 
    温かい飲み物を求めて、最寄のスタバには客殺到。私も店外に伸びた長蛇の列に加わって並んでいた。 
    暫く並んで、お店の入り口ももうすぐというところまで来た時、肩を叩かれた。 
    振り向くと、シロガネーゼ(古)風の巻き髪お化粧ばっちりの女性。推定35歳。 
    「これお願い。一緒に買ってきて」と紙を差し出す。 
    紙はぐっちゃぐちゃに書かれた飲み物のオーダー。 
    しかも「低脂肪乳で」「ホイップ追加」など注文がうるさい。 
     
    続きを読む

    maxresdefault



    520: 名無しさん@自治スレ参加募集中 04/08/28 13:21 ID:k5xBe5wq
    昨日見た光景。横断歩道の信号で歩行者側の信号は赤、車道側の信号は 
    青の状態。同じように信号を待っていた男子高校生2人が 
    車道側の信号が黄色になる直前、急に横断歩道を渡った。それを見て 
    自転車2人乗りで待っていたギャルもいけると思ったのか渡ろうとした。


     
    続きを読む

    30aL


    603: 名無しさん@HOME 2008/02/07(木) 02:49:52 0
    本物のDQ返しを見てきました。 

    続きを読む

    85335247_o1


    640: 名無しさん@HOME 2012/09/04(火) 13:36:55.22 I
    義弟嫁が生理的に無理です。 

    長男嫁です。見習い職人の主人の弟(22)が出来婚しました。 
    相手は1人暮らしのギャル系短大生20歳。自分も同年代です。 
    非常識ってか、ものすごいDQN。生活費浮かすため義実家に転がり込んで同棲。 
    お出かけはジャージ、挨拶できない、敬語まったく知らない、 
    義実家のリビングでテーブルに足あげてごろ寝、トメの新車勝手に乗って塀にぶつける 
    居候の分際で脱いだもの洗濯機にポイ、こちらに一度たりとも挨拶なし、 
    バイト経験なし、改造車を義実家の前に路駐、その他諸々。 
    こんな女早く別れろと主人と愚痴ってました。 

    続きを読む

    img_1



    328: おさかなくわえた名無しさん 04/02/09 08:21 ID:DVWuW94L
    そろそろ30半ばで独身な私と友人。 
    私だってまだ女を捨てた気はないし、気持ちだけはいつも若くいようと思ってる。 
    でも、友人は「思う」じゃなくて、心底から本気で自分が20歳くらいの 
    ギャルと同等のつもりでいるっぽい言動や行動が… 

     
    続きを読む

    7b78e44c


    244
    :2012/04/21(土) 16:16:38.69 0 ID:
    もう何もかも完全に終わった話だけれど、まとめてみたら
    意外と腹たってたことに気づいた。

    私が30才の時、若い子が家にやってきた。
    それがまた絵にかいたようなギャル。しかも大学生。
    子どもをみごもったから、卒業と同時に結婚したい。別れてくれ、と話してきた。
    私も気が強いので、「そういうのは主人と一緒に話に来て、手をついて言うのが筋だ」とか
    何とか言い返して、名前も連絡先も聞かずに家から叩きだした。
    叩きだすときに、「やめろよ!」とか言いつつ、玄関横に置いてた陶器の傘立てと植木鉢、
    けりとばして割られた。
    片づけして子どもたちを迎えに行って、夕飯つくって子どもたち寝かして
    そこでやっと泣けてきた。そして帰ってきた夫に、「どういうことじゃぁあああ」と
    起こさない程度の声でののしった。
    夫は身に覚えがない、不倫なんてしてない、と言うので、さらに激怒。
    子どもたちと一緒には寝てほしくなかったので、しばらくリビングで寝てもらった。

    でも、そのあとはギャルから連絡がない。手紙も何もない。
    夫は「何かの間違い」をくりかえす。夫の両親や同僚、はては私の両親までが
    「ちゃんと話を聞いてあげて」と来る。
    冷静になったところで、もしやあれは人違いでやってきたのでは、と思った。
    うちの名字は、珍しい名前ではあるけれど、この地域一帯によくある名前で、
    ギャルは「○○さん」と名字でしか夫の事を呼ばなかった。
    家をまちがったのでは、と思いついた。
    そこで改めて話合いをして、ギャルと私の勘違いということで事をおさめた。
    続きを読む

      ↑このページのトップヘ